鬼チョコ蒸しパン【ヤマザキ】の感想

鬼チョコ蒸しパン【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

鬼チョコ蒸しパン【ヤマザキ】上

2022年12月発売。新商品。購入価格149円。パンのサイズは、約9.5cm×9.5cm。

角切りチョコと削りチョコを、トッピングして蒸し上げた、チョコ蒸しパン。

食べてみた感想

鬼チョコ蒸しパン【ヤマザキ】断面

蒸しパンは、スッゴク、しっとり。ホロホロ崩れる。濃厚なチョコ風味。

角切りチョコは、コリコリ。ほろ苦い。

削りチョコは、溶けていて、まだらなチョココーティングという感じ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

鬼チョコ蒸しパン【ヤマザキ】斜め

3.2点。

「鬼チョコ蒸しパン」ですって。

今月の【ヤマザキ】サンの新商品は、チョコが多くって・・・しかも、濃厚。おナカいっぱい、食べちゃってますが・・・サスガ、12月。ドンドン、出てきちゃいます~。

さらに、さらに、もっと、もっと、鬼のようにチョコですヨ~。コレは、もう、食べてみるしかありませんって。

おぉ、コレは・・・昔風の蒸しパン。

むちむちしてて、スッゴク、しっとり。黒糖蒸しパンのように、茶色いアレ。ラップに包んで売ってるようなヤツ。永遠に需要がありそうなヤツ。

手作りっぽくて、懐かしさを感じる味。

味覚の記憶って、オモシロイ。なんにも憶えてないのに・・・「あるある、コレ、食べたコト、ある~」って、なっちゃうんですよねぇ。ノスタルジーってヤツでしょーか?

特に、昔食べた記憶を、ほのかに思い出すのって・・・とても新鮮。昔聞いた音楽の記憶に、匹敵するような気がします~。

とは言え、【ヤマザキ】サンですからね。懐かしいだけで、終わらせるワケないんです~。

濃厚すぎるチョコ風味蒸しパンに、ゴロゴロ角切りチョコと、とろけた削りチョコ。

うわぁ~、と~っても、アメリカ~ン。

コレは、もう・・・チョコ蒸しパンだけに、とどまらない。チョコマフィンのように仕上げちゃってますヨ~。

昔と今の融合。昔懐かしい蒸しパンを、しっかりと残しつつ・・・現代的な濃厚チョコマフィン風味。コレほどまでに、絶妙に共存した組み合わせは、なかなか、お目にかかれませんって。

スッゴク、おいしかったです~。

やはり、伝統的な、日本の蒸しパン。「鬼チョコ」という日本語が、スッゴク、合ってるなぁ、と思いました~。

熱量299キロカロリー、炭水化物48.5グラム。炭水化物、高め。

原材料

小麦粉(国内製造)、砂糖、チョコレート、卵、準チョコ、発酵風味料、ショートニング、でん粉、食塩、脱脂粉乳/ソルビット、カラメル色素、膨脹剤、酒精、グリシン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、香料、乳化剤、グリセリンエステル、酵素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量299キロカロリー、たんぱく質5.0g、脂質9.5g、炭水化物48.5g、食塩相当量0.8g。表示値は、目安。

スポンサーリンク