ティラミス風ミルクレープ【ヤマザキ】の感想

ミルクレープ。ウットリするほど美しいケーキ。だが購入は避け続ける。ふわふわ好きなもんでクレープ生地自体がわりと苦手。クリームたっぷり包んでこそ美味しく感じる程度。

だが気になる。見た目の美しさにため息が出る。

そんな折見つけたのがドンレミーの「プリンミルクレープ」。

こ、コレは・・・美味しいに決まってる!!私のために作られたミルクレープに違いない!!

だが買わない。次の日まで粘る。見切り価格狙い。

次の日。・・・・・・ない。まいいや。やはりミルクレープとは縁がないのだ。

そんな折も折見つけたのが「ティラミス風ミルクレープ」。コレは運命に違いない。

スポンサーリンク

 

商品説明

ティラミス風ミルクレープ【ヤマザキ】

2個入り。購入価格321円。

マスカルポーネクリームを重ねたケーキ。コーヒークリームとココアパウダーをトッピング。

原材料

ホイップクリーム、砂糖、小麦粉、卵、牛乳、チーズペースト(ナチュラルチーズ(マスカルポーネチーズ6%)、植物油脂)、カスタードクリーム、ココア、蜂蜜、乳化油脂、油脂加工品、インスタントコーヒー、バター、グリシン、加工デンプン、膨張剤、乳化剤、ソルビット、リン酸塩(Na)、香料、増粘多糖類、ph調整剤、V.C、グリセリンエステル、着色料(カロテノイド、V.B2)。

ティラミス風ミルクレープ【ヤマザキ】蓋なし

ティラミス風ミルクレープ【ヤマザキ】皿盛り

食べてみた感想

・・・・・・なんじゃコレ?クレープ?

スポンジじゃん!!!

どーりで。【ヤマザキ】のプレーンな「ミルクレープ」に比べて層が少ないとは思ってたよ~。

底には薄いココアスポンジの層。柔らかくしっとり。ティラミスの洋酒に浸したスポンジを表現。

その上はスポンジっぽいケーキ生地とチーズクリームが交互に重なる。ケーキ生地はクレープより厚め。

柔らかいケーキとクリーム。重ねたクレープのような噛みごたえはなくふわふわクリーミィ。舌の上でとろけてゆく。コレはコレで・・・美味しい!!

ケーキの端っこ部分にクリームは挟んでない。ケーキ生地だけが重なる。まるでバウムクーヘン。

こんがりと焼き上げ香ばしい風味。気泡が大きめ。カステラのような少し和風にも感じる味わい。だが食感はカステラよりしっかり。噛みごたえある感じ。素朴なケーキ。底のココアスポンジも端っこはやや厚みがある。

トッピングのコーヒーホイップもふわふわ。口溶けがよく軽やか。

すっごく美味しいじゃん!!

だがクレープは1枚も見当たらないような気が・・・。

「ティラミス風ミルクレープ」と言うより「ミルクレープ風ティラミス」と命名した方がよくないか?

ミルクレープ

一応調べてみた~。

スポンジで代用とかは見つからなかった~。やっぱミルクレープはクレープみたい。ただ挟むのはクリームとは限っておらずフルーツでもいいそうだ。

ミルクレープとは「千枚のクレープ」というイミのフランス語。実際には20枚前後のクレープを使用するコトが多いらしい。

意外にも日本発祥のケーキらしい。クレープはフランス発祥。元祖を主張してる店は複数あるようだが広めたのはドトールコーヒーらしい。

フランスのスイーツ「ミルフィーユ」をイメージして命名したモノと思われる。「ミルフィーユ」は「千枚の葉」というイミ。

ミルフィーユはパイ。余裕で千枚近くの層を成す。折りたためば折りたたむ程層が増える。主に使用されるのは729層かあるいは2187層のパイらしい。ひょえ~。数えられないじゃん。

日本では歩きながら食べるようなカジュアルなイメージだったクレープ。ミルクレープとして上品なケーキに変身。ゆっくりとフォークをおろし全ての層をカット。何度切っても崩れない~。

スポンサーリンク