蜜と雪 レアチーズ【森永乳業】の感想

蜜と雪 レアチーズ【森永乳業】パッケージ写真

蜜と雪というネーミングに惹かれる~。ミックスベリーソースのとろりとしたパッケージに惹かれる~。レアチーズに惹かれる~。

全部惹かれて購入。

スポンサーリンク

 

商品説明

2018年6月4日発売。新商品。150ml入り。希望小売価格172円。

ラクトアイス。果汁・果肉5%。無脂乳固形分3.0%、乳脂肪分2.0%、植物性脂肪分1.6%。

上からかけたソースと微細氷の2層構造のアイス。全3種類。「蜜と雪 抹茶」、「蜜と雪 いちご」、「蜜と雪 レアチーズ」。

「蜜と雪 レアチーズ」だけが底からチーズソース、レアチーズかき氷、ミックスベリーソースと重ねた3層アイス。

「抹茶」は小豆、「いちご」はいちごの果肉を微細氷に混ぜ込んである。炊き込みゴハンみたいな仕様。

原材料

砂糖・異性化液糖、乳製品、水あめ、ブルーベリー果汁・果肉、植物油脂、ラズベリー果汁、ぶどう糖、いちご果汁、でん粉、食塩、安定剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、乳化剤、甘味料(スクラロース)、乳酸Ca、カロテン色素。

アレルギー物質(27品目中)

乳成分。

栄養成分表示(1カップ当り)

エネルギー202キロカロリー、たんぱく質2.2g、脂質6.4g、炭水化物34.0g、ナトリウム62mg。

蜜と雪 レアチーズ【森永乳業】フタを開けるとこんな感じ

黒っぽいつぶつぶがブルーベリー。

蜜と雪 レアチーズ【森永乳業】斜め上から見た図

蜜と雪 レアチーズ【森永乳業】中の層はこんな感じ

食べてみた感想

つめた~い。アタマきーん。やっぱ夏はカキ氷~。

ミックスベリーソースは割と厚みがある。スッパー!!

甘酸っぱい。コレをスッパーと感じるか爽やか~と感じるかが分かれ道。ミックスベリーはブルーベリーとラズベリーとイチゴ。だが私にはラズベリーの風味しか感じない。

おや?

つぶつぶ?種にしては大きい。紺色。ブルーベリーだ。ラズベリーソースの中の安全地帯と言いたいトコだがたいして味に寄与していない。

味は濃厚。シャーベットのような感じではない。とろりと煮詰めたようなフルーティなソース。

レアチーズカキ氷はギュッとしっかり固まってる。だがスプーンはサクッと入る~。きめ細やかでふわふわのカキ氷。アイスと違ってゆっくりと溶けてゆく~。体中ひんやり。生き返る~。

レアチーズは酸味もほんのり。チーズ風味もほんのり。みぞれにほんのりチーズ風味がついてる感じ。レアチーズの濃厚な味わいではなくアッサリとした味。

気づかなかったがレモンの香料が入ってるらしい。ソレで~。サッパリと食べられる~。すっごく夏らしい味わい。

底のチーズソースはカンペキに溶けていた~。チャック付きの保冷バッグにドライアイスと入れてたのになぁ~。乳成分の多いアイスはカキ氷より溶けやすい。注意です~。

甘い。溶けたアイスの甘さはハンパない~。ねっとりとコクがあり練乳っぽい。バニラアイスかと思った~。コチラもチーズの風味はほんのり。酸味もあまりない。

爽やかでとっても美味しい。

チーズ風味が思ったより少なかったがコレくらいの方がちょうどいい。猛暑にはやっぱサッパリが一番。

「蜜と雪」というレトロなネーミング。昭和のカキ氷屋さんを思い浮かべるのは私だけじゃないハズ。サッパリはやはり和風の象徴。ノスタルジーを表現してるのかもしれない。

スポンサーリンク