丹念熟成 北海道ミルクコーヒー【神戸屋】の感想

丹念熟成 北海道ミルクコーヒー【神戸屋】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

丹念熟成 北海道ミルクコーヒー【神戸屋】上から見た図

2020年5月発売。新商品。購入価格131円。パンのサイズは約13.5cm×10cm。

ミルクコーヒークリームを包んだクリームパン。クリームは北海道産牛乳使用。

「丹念熟成」シリーズ。生地をじっくり熟成させる三段仕込み製法。

食べてみた感想

丹念熟成 北海道ミルクコーヒー【神戸屋】断面図

パンはふわふわ。柔らかい。モッチリ。しっとり。ネッチョリ。粘り気のある生地。

表面はツヤツヤしてるが、しっとり。柔らかい皮。

ミルクコーヒークリームは、たっぷり。ぷるんぷるん。ねっとり粘り気があるが、とろりととろける。コーヒープリンみたいな食感。

ミルク感たっぷり。コーヒー牛乳味。ほろ苦い。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

丹念熟成 北海道ミルクコーヒー【神戸屋】横から見た図

3.2点。

パンはふわふわなだけでなく、モッチリとちぎれる。定番のパンだが、丁寧に仕上げられたっぽさを感じる。ネッチョリ粘り気が、クリームとの馴染みも良い。

ミルクコーヒークリームは、お風呂屋さんで飲むコーヒー牛乳のような、懐かしい味。子供の頃、すごく好きだった記憶を呼び覚ますような感じ。

違いは、ほろ苦みが強いコーヒー風味かな。

北海道産をフューチャーしたミルク感たっぷりのクリーム。頬張ると、苦み走ったコーヒーが香ってくる感じ。

たっぷりのミルク風味と、チカラ強いコーヒー風味が、うまく共存。とても満足感のある味わい。

以前の「丹念熟成 ミルクコーヒー」は熊本産ジャージー牛乳使用。コーヒーの風味は、今より優しい感じ。ミルクの美味しさを前面に押し出した味。

とっても美味しかったが、北海道産だって負けてはいない。ミルクの美味しさもしっかり楽しめちゃう。

定番のありふれたクリームパンだが、コーヒーとミルクを強く楽しめる。メリハリのある濃い味。

スッキリとしたミルク味とコーヒーのほろ苦さで、アッサリ食べられちゃう。

エネルギー308キロカロリー、炭水化物46.8g。

原材料

コーヒー味フラワーペースト(水あめ、食用植物油脂、砂糖、牛乳、その他)、小麦粉、砂糖、ショートニング、卵、パン酵母、油脂加工品、発酵種、食塩、乳等を主要原料とする食品、発酵風味料、ぶどう糖、小麦粉加工品(小麦粉、食用植物油脂)/ソルビット、加工デンプン、乳化剤、香料、増粘剤(アルギン酸Na、増粘多糖類)、保存料(ソルビン酸)、カラメル色素、イーストフード、pH調整剤、ビタミンC。

アレルギー物質(27品目中)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

エネルギー308キロカロリー、たんぱく質5.8g、脂質11.1g、炭水化物46.8g、食塩相当量0.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク