ベビースターカレーパン【ヤマザキ】の感想

ベビースターカレーパン【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ベビースターカレーパン【ヤマザキ】上から見た図

2020年5月発売。新商品。購入価格127円。パンのサイズは約10cm×10cm。

【おやつカンパニー】の「ベビースターラーメン」とのコラボ。

ベビースターラーメンをまぶして、チーズ風味コーティングをしたカレーパン。

食べてみた感想

ベビースターカレーパン【ヤマザキ】断面図

上にもベビースターラーメン、底にもベビースターラーメン。底のは、チョッピリ少なめかな。

ベビースターラーメンは少々モッチリ。しっとり。柔らかめ。サクサク感はあまりない。トッピングの方はメリメリ。わずかにサクサク。底より多いからかもしれない。

パンはふんわり柔らかい。きめ細やか。しっとり。

カレーは少なめ。ドロッとしたトロミ。すっごくスパイシー。辛い。インドカレーっぽい。

コロッと大きめの人参が、いくつか。柔らかく煮込んであって、食感はあまり感じられない。

チーズコーティングは・・・とってもフシギ。ミルキーなコク。チーズっぽい感じはあまりしない。ホワイトチョコみたい。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ベビースターカレーパン【ヤマザキ】横から見た図

3.3点。

エエッ?

2度見してしまった~。

だって・・・「ベビースター」のカレーパンって【フジパン】から3月に出たばっかじゃんか~。

ファンキーな「ホシオくん(ベビースターキャラクター)」が、目立ちすぎて・・・でも【ヤマザキ】だワ~。

フムフム。「ベビースターラーメン」を衣として使ってるのは、同じ。チーズ風味コーティングで、独自色を出している。

ただ・・・【フジパン】の時はチキンラーメンのような濃いチキン風味が、割と目立ってたが、【ヤマザキ】はそれほどでもない。味は淡く、衣として、カレーパンにスルッと馴染んでる。

カレーは辛くてスパイシーな本格派。少なくても、満足感のある仕上がり。

最大のフシギポイントは、チーズ風味コーティング。カレーとチーズは合うハズだが・・・。

チーズ特有の濃厚さや香りは少なめ。スッキリとしたミルキーなコク。マジでホワイトチョコみたいで、スイーツっぽい。

そのスイーツっぽさが、カレーとナチュラルに調和。パンを挟んでるからだろ~が、全く違和感がない。

チーズカレーなんて、ありふれた陳腐な組み合わせではない。スイーツ風カレーパン。パンはオドロキとトキメキに満ち溢れている~。

先月、メンチカツとミルキーホワイトソースで、あっと言わせてくれた【ヤマザキ】。また、やってくれちゃったネ~。

おいし~ヨ、コレ。

新感覚カレーパン。定番人気のカレーパンを、気さくなお菓子と、スイーツ感覚でオシャレに仕上げた、女性向けのカレーパン。

熱量435キロカロリー、炭水化物36.3g。

原材料

カレー(にんじん、豚肉、オニオンペースト、パン粉、小麦粉、砂糖、牛肉、粉あめ、ポテトフレーク、トマトペースト、カレー粉、ポークエキス調味料、ソース、ラード、食塩、おろしにんにく、クミン、ガラムマサラ、ペッパーパウダー、酵母エキスパウダー)(国内製造)、小麦粉、ショートニング、スナック菓子(小麦粉、植物油脂、その他)、チーズ風味コーチング(植物油脂、乳糖、ホエイパウダー、プロセスチーズ、食塩)、砂糖、乳化油脂、フライミックス粉、パン酵母、植物性たん白、食塩、発酵種、卵、発酵風味料/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、膨脹剤、グリシン、酢酸Na、増粘剤(増粘多糖類、メチルセルロース)、炭酸Ca、着色料(カラメル、カロテノイド)、香料、イーストフード、酸化防止剤(V.E)、pH調整剤、グリセリンエステル、香辛料抽出物、V.C。

アレルゲン

乳成分・卵・小麦・牛肉・大豆・とり肉・豚肉・ゼラチン。

栄養成分

熱量435キロカロリー、たんぱく質6.4g、脂質29.4g、炭水化物36.3g、食塩相当量1.5g。表示値は目安。

スポンサーリンク