GODIVA ショコラパン 【ローソン】の感想

12月 10, 2019

GODIVA ショコラパン 【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

GODIVA ショコラパン 【ローソン】上から見た図

210円。パンのサイズは約15.5cm×5cm。

【GODIVA】監修。

チョコペーストとベルギーチョコダイス、クランベリーを練り込んだパン。フランス産パールチョコ入りチョコクリームをサンド。パン生地は長時間熟成種と国産米粉を配合。

ベルギー産チョコレート84%使用(チョコレートに占める割合)。

2021年2月2日、リニューアル新発売。

角切りチョコ、チョコクリーム、洋酒漬けのクランベリーを練り込んだパンで、チョコチップ入りのチョコクリームを、サンドしたパン。

食べてみた感想

GODIVA ショコラパン 【ローソン】断面図

ガブリ。エッ?

ナニコレ?パンなの?マジでパンなの?パンを食べてる気がしない~。

まるでザッハトルテ。濃厚すぎる。ほろ苦い~。

パンはモッチリ。しっとり。ギッシリ。濃厚なチョコ。チョコ以外はシンプルな生地。

大きめのチョコダイスがランダムにゴロゴロ。ザクザク出てくる~。力強いカカオ感。ホロッと焼きチョコのように崩れてとろける~。ほろ苦い。しびれるようなビター。ベルギーチョコ、おいし~。

クランベリーは迫力の大きさ。ぷるんとジューシー。甘酸っぱい。サクランボみたいなフルーティ感。クランベリーは苦手なハズなのに・・・コレ、おいし~。

チョコクリームはねっとり。濃厚。バタークリームっぽい。ミルク感たっぷりのチョコレートドリンクみたい。なのにほろ苦い。ってか大人のビター。子供に隠れて味わう禁断の味。

パールチョコもたっぷり。ザクザク。丸い真珠の粒のよう。ミルクチョコ。スキのない大人味の中で、コレだけがスイートなオアシス。

様々なチョコがハーモニーを奏でるフシギなチョコワールド。チャーリーのチョコレート工場~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

GODIVA ショコラパン 【ローソン】横から見た図

4.1点。

すでにお馴染みさんである【ローソン】と【ゴディバ】のコラボ。超絶美味しいのは知ってる~。

でも出しすぎじゃないか?「もういいかな」という気もしてた~。新しいブランドが出てくるまでお休みしようと。

・・・・パンできたか~。買うにゃなるまい。キョーミ津々だよ~。

想像を絶する味。パンがココまでカカオになれるのか~?全てをチョコに塗り替える、【ゴディバ】の世界征服の第一歩じゃねーのか?

パンに米粉を入れてモッチリさを出したトコは日本っぽい。だがそれ以外は全てが【ゴディバ】。【ゴディバ】のチョコは食べたコトないケド、多分そう。

素材を厳選しつくした味。とてもとても上品で高貴。ハイブランドにふさわしい。【ゴディバ】という伝統と格式のある高級感を余すトコなく表現。【ローソン】にゃワルイが、コンビニのパン棚に並んでるというのがキセキとしか思えない。クリスマスのキセキだよ~。

トコロでパールチョコってナニ?

パールっぽいカタチのチョコってだけ?

・・・【ゴディバ】から「パールミルク」というチョコが出てる~。パールのような小粒のミルクチョコ。

うわ~ん。アレ【ゴディバ】だったかもしれないってコト~?もっとじっくり味わうんだった~。ビターチョコの迫力ある味わいに幻惑されちゃったよ~。

【ゴディバ】なんて高級チョコは食べたコトがない。でも【ゴディバ】なら【ゴディバ】って説明があるような気がする。やっぱりチガウのかな?でも「【ゴディバ】のチョコを食べたよ~」って思った方がシアワセかも~。

熱量254キロカロリー、炭水化物31.7g。ともに低め。

原材料

小麦粉、ファットスプレッド、チョコレート、米粉、クランベリー砂糖漬け、チョコスプレッド、糖類、ココア、マーガリン、パン酵母、食塩、植物油脂、発酵風味料、ライ麦粉、麦芽エキス/糊料(加工デンプン)、乳化剤、香料、酸味料、カラメル色素、イーストフード、酸化防止剤(V.E)、V.C、グリシン、酵素。

アレルギー物質(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量254キロカロリー、たんぱく質4.3g、脂質12.2g、炭水化物31.7g、食塩相当量0.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク