呪術廻戦 宿儺のデニッシュコロネ【ローソン】の感想

【ローソン】で、アニメ「呪術廻戦」キャンペーンが、始まりました~。

「呪術廻戦」にまつわる商品が、ゾクゾク、発売~。オニギリ、ランチパック、パン等。キーホルダー等、食べ物以外も、あるみたいですヨ。

 

スポンサーリンク

商品説明

呪術廻戦 宿儺のデニッシュコロネ【ローソン】上

2021年9月14日発売。新商品。160円。パンのサイズは、約13cm×7cm。

ホイップ入りの、チョコデニッシュコロネ。ピーカンナッツをトッピング。

「宿儺(すくな)」というのは、「呪術廻戦」の登場人物。「呪いの王」と称される、特級呪物。

主人公「虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)」の肉体を、器として、現れ・・・その時、爪が、黒く尖って、伸びるそうです。

・・・・・コロネが、指で、ピーカンナッツが、爪なんでしょーか? ゴメンナサイ。あんまり、知りたくなかった情報かも。

食べてみた感想

呪術廻戦 宿儺のデニッシュコロネ【ローソン】断面

あらまっ。

クリームが、シッポまで、入ってませんねぇ。まいっか。

デニッシュは、サックリ感は、ありますが・・・油脂感は、少なめ。チョコマーブルブレッドのようです。

ほろ苦い。チョコが香りますが、シンプルな味。甘さ控えめ。

ホイップは、ふわふわ。とろける口溶け。コクのある、ミルク風味。甘みは、強め。

よく見ると・・・ピーカンナッツのトコに、クリームが、ナイんですねぇ。「ピーカンナッツで、食べてくれ」ってコトでしょーか?

サクサク。スゴク、香ばしいです。ワイルドな香ばしさ。リスになった気分~。

噛み砕くと、ジューシー。ナッツから、油が、あふれるような感じ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

呪術廻戦 宿儺のデニッシュコロネ【ローソン】斜め

3.2点。

チョコが、香り高く、気高い感じ。シンプルな、ほろ苦さが、上質感をアピール。

・・・ですが、デニッシュのサクサク感は、少なめ。あんまり、デニッシュっぽくは、ナイです。袋パンなので、仕方のない部分かもしれません。

チョコと、ホイップが、スッゴク、合います。

チョコは、ほろ苦く、ホイップは、甘い。お互いに、甘みとほろ苦さを、存分に、引き立て合ってる感じ。

1番の真打ちは、ピーカンナッツでしょう。

最後のシッポ。ピーカンナッツと、パンだけ。ピーカンナッツのおいしさを、存分に味わえちゃいます~。クリームがなくっても、ダイジョーブ。コレだけで、イケちゃいますヨ~。

私は、最初に食べちゃいましたケドね。私は、おいしいモノを、最後に残す派。コロネの場合、アタマのクリームは、最後にキマッテマス。

中のクリームが、押し出されて、こぼれんばかりのクリームを、パクッ。くちの中が、クリームで、あふれ返るんですヨ~。

シッポに、全く、クリームがない場合、シブシブ、アタマから、もらうコトもあるんですが・・・基本的には、アタマのクリームを、シッポで汚したくない派。

最近、「白ゴハンの上で、オカズをジャンプさせて、ゴハンを汚すのは・・・アリかナシか」という論争があるみたいですが・・・ソレと同じなんです~。

白ゴハンを、汚すのは、イヤ=コロネのアタマのクリームを、削り取られるのは、イヤ・・・なんですヨ~。

アホかと思われるかもしれませんが・・・「くちの中に入ったら同じ」理論は、却下。コレは、繊細で、逆撫でされるような、感情のモンダイなんです。

だから、「なるべく」なんです。「ゼッタイ」ではないんです。

食べ方は、人それぞれ。シッポに、クリームを付けて、食べるも良し。ってか、ソレが、王道です。しかし、【ローソン】サンは、「ピーカンナッツを、パンだけで食べる」という選択肢も、与えてくれたんじゃァないかと思います。

とても、おいしかったです~。

熱量266キロカロリー、糖質27.1g。ともに、低め。

原材料

ミルククリーム(国内製造)、小麦粉、チョコフラワーペースト、マーガリン、卵白、ペカンナッツ、糖類、食塩、パン酵母、発酵風味料、全卵/加工デンプン、酒精、グリシン、乳化剤、香料、増粘多糖類、セルロース、酸味料、カゼインNa、リン酸塩(Na)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、イーストフード、酸化防止剤(V.E)、カロテノイド色素、V.C。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量266キロカロリー、たんぱく質3.5g、脂質15.6g、炭水化物28.5g、 糖質27.1g、食物繊維1.4g、 食塩相当量0.4g。表示値は、目安。

スポンサーリンク