クイニーアマン ショコラ【ローソン】の感想

クイニーアマン ショコラ【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

クイニーアマン ショコラ【ローソン】上

2022年12月20日発売。チルドスイーツ。新商品。192円。パンのサイズは、約7.5cm×7cm。

角切りチョコと、チョコホイップを組み合わせた、クイニーアマン。

食べてみた感想

クイニーアマン ショコラ【ローソン】断面

まずは、デニッシュをちぎって、ポイッ。

サクサクですや~ん。

あらまっ。横もキャラメリゼ? よくわからないケレドモ・・・しっとり、油脂感のある、本格的なデニッシュ。

ほろ苦いチョコ風味。おいし~い。

そして、表面のキャラメリゼ。ガリガリでゴザイマ~ス。

ぶ厚すぎず、かと言って、薄すぎず、絶妙な厚み。香ばしいが、モノスゴク、スッキリとした味わい。透明感のある、雑味のない風味。1部は、チョコも巻き込んでの、チョコ・キャラメリゼ。

チョコホイップは、ふわふわ。とろとろ~。ほろ苦く、濃厚なチョコ風味。

角切りチョコは、コリコリ。少し柔らかめ。噛むと、とろけるような食感。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

クイニーアマン ショコラ【ローソン】斜め

4.1点。

またまた、チョコかよ~。

12月、チョコ多すぎモンダイ。そう考えてるのは、私だけ?

勝手に買っといて、勝手に飽き飽き。そんな私の、ワガママなキモチを、冬の木枯らしのごとく、吹き飛ばしてくれちゃいいました~。

マジで、ぶっ飛びますヨ~、コレ。12月に出た、数多のチョコ・スイーツの集大成~。

圧巻のチョコ風味。コレほどのチョコづくしを、バランスよく、素晴らしいハーモニーに仕上げた、【ローソン】サンは・・・間違いなくマエストロでしょう。

まず・・・デニッシュにガツンとやられちゃいました~。

袋パンで、このクオリティ。まるで、街のパン屋さんのデニッシュのようでいて、洋菓子屋さんのような、スイーツみたいなデニッシュ。

クリームパンのパンのように、厚みが薄くて・・・中は、チョコホイップ、たっぷり。角切りチョコも、たっぷり。

そして、キャラメルとも、チョコともつかない、繊細な味のキャラメリゼと、一体化しちゃってますから~。

チョコホイップは、ミルク感も感じるんですが・・・ソレを覆い尽くすホド、スッゴク、濃厚なチョコ風味。とろける、とろける・・・まるで、真冬に暖かい室内で食べるチョコアイスみたい。

しかも、ハーゲンダッツのような、高級チョコアイスですヨ~、コレ。

チョコホイップの中に、ゴロゴロ。大きなカタマリのように、なっちゃってる角切りチョコ。生チョコのような食感で、食感の違いが楽しいワケですが・・・ってか、こんなデカいチョコの入ってる、高級チョコアイスなんてないですよねぇ?

超ゴージャスすぎやしないですか~?

チョコが割りと苦手な私が、このチョコ風味を愛するワケ。

濃厚で繊細で高級感があって・・・それでも、ブランドチョコのような、よそよそしさがない。「一見さんお断り」のような、見下した感がない。

チョコ好きだけじゃなく、チョコ初心者の私も、おいしいと思えるチョコスイーツを作ってくださって、ありがとーゴザイマ~ス。

チョコ風味だけじゃありませんヨ。

カリカリと、コリコリと、サクサクと、とろとろと。まるで、食感の博覧会。チョコの遊園地のように、飽きるコトがありませんでした~。

こんなにおいしいクイニーアマンは、初めて・・・ではなく、毎回、言っちゃってますねぇ。

次は、一体、どんなクイニーアマンを見せてくれるのか? 【ローソン】サンのクイニーアマンから、目が離せませんヨ~。

熱量345キロカロリー、糖質29.7グラム。糖質、低め。

原材料

小麦粉(国内製造)、ホイップクリーム、マーガリン、準チョコ、バター、糖類、チョコレート、発酵風味料、卵、食塩、パン酵母、麦芽エキス、乳等を主要原料とする食品、トレハロース、乳化剤、香料、ホエイソルト、酒精、pH調整剤、安定剤(増粘多糖類)、甘味料(ステビア、スクラロース)、イーストフード、酸化防止剤(V.E)、V.C、カロテノイド色素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量345キロカロリー、たんぱく質3.9g、脂質23.1g、炭水化物31.1g、糖質29.7g、食物繊維1.4g、食塩相当量0.5g。表示値は、目安。

スポンサーリンク