ミニフランスサンド タピオカミルクティー風【ローソン】の感想

ミニフランスサンド タピオカミルクティー風【ローソン】パッケージ写真

スポンサーリンク

 

タピオカミルクティー

テレビを見てると台湾カフェが人気と小耳に挟む。渋谷、原宿などオシャレな街で急増中。若い人に人気だそうだ。

昔飲んだなぁ。でも昔とは品質がチガウらしい。本格的なタピオカミルクティーか。気にはなるなぁ。

世界的にも台湾スイーツは人気沸騰中。ニューヨークでも台湾スイーツを取り扱う店が続々とオープン。うわ~。紅茶ソフトクリームにたっぷりの紅茶タピオカ~。美味しそーだ~。

ニューヨークで人気は必ず東京で人気。というコトで日本でも台湾の食事や豆花、かき氷などを提供する店が増え続けてるらしい。

台湾カフェの人気を背景に満を持して登場したのが【ローソン】の「ミニフランスサンド タピオカミルクティー風」。

「台湾カフェのタピオカミルクティーの味はコンビニとは全然チガウ。」そうだが菓子パンだとどーだろー?私は【ローソン】を信じるぞッ!!

台湾カフェの情報はテレビ東京「日経モーニングプラス」にて放送されたモノです。

商品説明

2018年10月30日発売。新商品。135円。

タピオカとミルクティー風クリームをサンドしたフランスパン。

同じ「ミニフランスサンド」シリーズに「ミニフランスサンド 粒あん&バター」もある。

ミニフランスサンド タピオカミルクティー風【ローソン】上から見た図

ミニフランスサンド タピオカミルクティー風【ローソン】横から見た図

ミニフランスサンド タピオカミルクティー風【ローソン】中身はこんな感じ

食べてみた感想

フランスパンは本格的。香ばしい。モッチリ。ほのかな甘み。皮にシロップをかけてあるのかな?よくわからない。皮のサックリとした食感は残してある。ちゃんとしたフランスパン。

ミルクティー風クリームはたっぷり。バタークリームっぽい。しつこくなくアッサリ。歯型が残るような程よい固さ。くちに入れた途端一瞬でとろける。儚い口溶け。

香り高い紅茶の風味。豊かで上品。いつまでもくちの中に広がり続け残る。ほっこりティータイム。癒やされる~。

タピオカ入りこんにゃくシロップ漬けが入ってる。・・・・・・とするとこんにゃくゼリーみたいなモンか?

割と小さめ。食べたつもりが食べておらず。ぷるんとくちの中を逃げ惑ってる~。

ぷるんとモッチリ。・・・味がない。昔飲んだタピオカミルクティーとカナリ違うような。カナリ甘さ控えめ。

めっちゃくちゃ美味しい!!!

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

4.2点。

食べるタピオカミルクティー。ミルクティー風クリームは至福中の至福。

アッサリとしたフランスパンと濃厚なクリームはベストバランス。紅茶の香りの深さは台湾よりイギリスを思わせる。

タピオカは割と少なめ。タピオカミルクティーは底に大量に入ってるのでイメージがわかない。あまりアクセントになってない。いらなかったかもしれないが、あって悪いモンでもない。

タピオカミルクティーを演出する重要なアクセサリー。台湾にカンパ~イ。

ミニサイズ。美味しいモノをチョコッと食べたい女性にはウレシイ。カロリー、炭水化物ともに低め。

原材料

小麦粉、ミルクファットスプレッド、タピオカ入りこんにゃくシロップ漬け、ショートニング、豆乳クリーム、マーガリン、パン酵母、食塩、麦芽エキス、発酵風味料、洋酒、ライ麦粉/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、香料、グリシン、乳化剤、着色料(カラメル、炭末)、酢酸Na、pH調整剤、ソルビット、イーストフード、酸化防止剤(V.E)、トレハロース、水酸化Ca、酵素、V.C、ピロリン酸Na。

アレルギー物質(特定原材料及びそれに準ずるもの)

乳・卵・小麦・大豆。

栄養成分表示

熱量303キロカロリー、たんぱく質5.4g、脂質16.2g、炭水化物34.0g、食塩相当量0.8g。表示値は目安。

スポンサーリンク