鳥取【大江ノ郷自然牧場】で通販してみた感想

5月 22, 2020

鳥取県にある【大江ノ郷自然牧場】。オトナリだけど遠い。ソレが山陰でゴザイマス。

数年前?いつだったか、【大丸神戸店】の催事でめぐり逢い。「天美卵」という高級卵を使用したスイーツ。卵のチカラ強さを実感。虎視眈々と2度めを狙ってましたが・・・来てくれませ~ん。

でもダイジョーブ。通販があります。以前も通販したコトがあったんですが、食パンだの、ソーセージだの、新商品がゾクゾク登場。気になっておりました~。

んで、この機会にやっちゃいました~。

 

スポンサーリンク

大江ノ郷自然牧場とは?

鳥取県、中国山地の麓、日本海にも面した、緑に包まれた牧場。いくつかの施設があり、自然、食事、買い物、体験等を楽しむコトができる「農」と「食」のナチュラルリゾート。

  • 大江ノ郷ヴィレッジ
  • ココガーデン
  • 大江ノ郷製麺所
  • 大江ノ郷テラス

【大江ノ郷自然牧場】と言えば、「天美卵」と呼ばれるタマゴが原点。

美味しい水と空気、豊かな自然の中で、のびのびと走り回るコッコ。愛情深く育てられたコッコが生む美味しいタマゴが「天美卵」なのです。

情報は公式サイトを参考。

大江ノ郷自然牧場 | 鳥取の大自然から新しい暮らしを提案します。 平飼いで育てた「天美卵」を全国へ朝採れ発送。

公式通販サイトがコチラ。

牧場商品お取り寄せ | 大江ノ郷自然牧場

大江の郷タルト

大江の郷タルト 箱

商品説明

大江の郷タルト 箱をオープン

要冷蔵。5コ入り。1620円。サイズは直径約7cm。賞味期限2020年5月17日(2020年5月15日到着)。賞味期間は発送日含む4日間。

チーズクリームをたっぷりとトッピングしたタルト。

チーズクリームは「天美卵」をたっぷり使用したカスタードと、北海道産クリームチーズをブレンド。タルト生地は、鳥取県産バターと北海道産小麦粉を使用。

原材料・・・クリームチーズ(国内製造)、バター、小麦粉、砂糖、牛乳、生クリーム、卵黄、全卵、アーモンド粉、全粒粉、澱粉、食塩。

特定原材料等・・・小麦・卵・乳成分。

栄養成分(1コ当り)・・・ 熱量237キロカロリー、たんぱく質3.5g、脂質17.9g、炭水化物15.0g、食塩相当量0.3g。推定値。

食べてみた感想

大江の郷タルト 断面図

タルトは厚め。フチはサクサク。底はしっとり。バターが香る、豊かな風味。

ポッテリとしたフィリングは、アイスのように、とろりととろける。

濃厚なクリームチーズ。ねっとりと絡みつくような風味でいて、スッキリとした味わい。レアチーズケーキ風。

濃厚な卵のコク。ハッキリと卵を感じちゃう~。卵の存在感がスゴイ~。サスガ天美卵。

おいし~!!!

チョロリとソースが乗ってる。ほんの少しだけ。卵黄のような濃い卵の味のするソース。香ばしい。カスタードか?

カスタードが、こんがり焼けてキャラメリゼしてるのかもしれない。

チーズと卵をくちいっぱいに、思う存分、味わえるタルト。コク深さがたまらない~。

大江の郷タルト 横から見た図

温め推奨。トースターで5分か・・・250度のオーブンで5分焼いてみよ。

うわッ、おいし~!!!!!

タルトが温まってるが、食感はさほど変わりない。

それよりフィリングだヨ~。

とろ~り。ぷるんぷるんのプリンみたい~。しかも味も変わった~。

カスタード風味がふわ~ッ。濃厚。チーズ風味がアッサリ。主役がカスタードに変わった感じ。

チーズケーキ好きは、そのまま。プリンやカスタード好きは、温めた方がいいと思う。

ボクたちの食パン

「ボクたちの食パン」とは【大江ノ郷自然牧場】で作られた、無添加にこだわった食パン。

小麦粉は北海道産や鳥取県産等、厳選した数種類の小麦粉をブレンド。湯種生地を加え、自家製酵母で一晩じっくりと発酵。

  • プレーン食パン
  • 全粒粉食パン
  • ぶどう食パン
  • チーズ食パン

他にも季節の食パン等がある。

冷凍やら、セットやら、イロイロあって、迷うラインナップ。

「プレーンとチーズ食パン2本組」を購入。1512円。

プレーン食パン

大江ノ郷自然牧場 プレーン食パン パッケージ

商品説明

大江ノ郷自然牧場 プレーン食パン

サイズは約17.5cm×10cm×8cm。賞味期限は2020年5月17日(2020年5月15日到着)。賞味期間は発送日含む4日間。

牧場1番人気の食パン。国産小麦使用。湯種製法でじっくり長時間発酵。

原材料・・・小麦粉(国内製造)、バター、砂糖、脱脂粉乳、塩、パン酵母。

特定原材料等・・・小麦・乳成分。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量245キロカロリー、たんぱく質6.7g、脂質5g、炭水化物41.8g、食塩相当量1g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 プレーン食パン スライス

思ってたより小さい。ズッシリと重い。

まずは生食。

ふんわり柔らかい。モッチリ。しっとり。喉越しがいい。ミミも薄く柔らかい。モッチリ。

バターが香る。風味豊か。

トースト。

表面はサクッ。中はふわんふわん。しっとり。モッチリ。ぱふんと歯のアトが残る。ぷるんぷる~ん~。

ミミもサクサク。メリメリ。繊細な食感。

小麦の香ばしい旨み。正統派の食パンの美味しさでいて、クリーミィなフレンチトーストみたいな風味。

生クリームは入ってない。無理やりクリーミィにした感じじゃなくて、食パンそのもののチカラ。

すっごく、おいし~。

チーズ食パン

大江ノ郷自然牧場 チーズ食パン パッケージ

商品説明

大江ノ郷自然牧場 チーズ食パン

サイズは約18cm×9.5cm×9cm。賞味期限は2020年5月17日(2020年5月15日到着)。賞味期間は発送日含む4日間。

ゴーダチーズとグリュイエールチーズをたっぷりと練り込んで焼き上げた食パン。

原材料・・・小麦粉(国内製造)、ナチュラルチーズ、バター、砂糖、脱脂粉乳、塩、パン酵母。

特定原材料・・・小麦・乳成分。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量265キロカロリー、たんぱく質9.8g、脂質9.2g、炭水化物34.4g、食塩相当量1.1g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 チーズ食パン スライス

うわ~。チーズの香りが香る香る~。香ばしい焦げたチーズ。フンガーフンガー。吸い込んでしまう~。

まずは生食。

表面のミミにチーズがたっぷり。

ふんわり柔らかい。モッチリ。ミミも薄く柔らかい。モッチリ。

トースト。

サクサク。ふわんふわん。しっとり。ミミもサクサク。

なんちゅー豊かなチーズ風味。

豊潤すぎる~。香ばしく、香り高い~。ナチュラルチーズの豊かな風味。チーズそのものの濃厚な風味。

中はプレーンと似たような食感。なのに、なのに、トーストすると、ポツポツ。表面にチーズが浮き出てくる~。サクサク食感。スライスチーズをフライパンで焼くとできる、チーズせんべいみたいな感じ。

油分がたっぷり。ジューシー。

コレも、おいし~。

トーストの方が美味しい。ジューシーな油脂がジュワ~ッとなるのがトースト。こんがり焼いた方がいいヨ~。

大江ノ郷自然牧場 チーズ食パン サンドイッチ

サンドイッチにしてみた~。

ロースハムとマスカルポーネ。マスカルポーネの上に練乳をとろり。練乳は失敗。いらんかった~。

マスカルポーネはたっぷり、パンの全面に塗った方がよかった(アトで塗った)。このパンだけで充分すぎるチーズ風味なんだが、3種類のチーズの競演。

チーズ食パン、ハム、マスカルポーネ。上質な素材だけで作ったサンドイッチ。とても美味しいが、少々パンチが足りない。マスカルポーネは、塩も砂糖も入ってない、チーズそのものだからなぁ。おいし~ケド。

かと言って、マヨは論外。素材を極めた素材だけの聖域。似合わない。やっぱり、シンプルに塩コショウとか、スパイスかな?シンプル好みの人はこのままでいいかもしれない。

トーストサンドにした方がよかったと思う。

そのまま食べても柔らかく美味しいのだが、サンドにすると少々固めの食感に感じる。フツーのサンドイッチ食パン程、柔らかくはない。

スイーツ食パン

「スイーツ食パン」は2種類。

  • あん食パン
  • デニッシュブレッド

「スイーツ食パン」の第2弾として「あん食パン」登場。

「あん食パン」はあんこがたっぷり。ナニ?この美しい模様?マーブル状なのか~。しかもオーガニックの粒あん。

・・・ナント、砂糖も有機砂糖か~。甘さ控えめだそうだ~。

あ、あんこの粒が・・・写真だけでも、モッチリ、弾力が伝わってくる~。コレは、ウマそう。

デニッシュブレッド

大江ノ郷自然牧場 デニッシュブレッド パッケージ

商品説明

大江ノ郷自然牧場 デニッシュブレッド

1296円。サイズは約17.5cm×9cm×8.5cm。賞味期限は2020年5月17日(2020年5月15日到着)。賞味期間は発送日含む4日間。

「天美卵」をたっぷりと使用。まるでスイーツのような、タマゴとバターの香るデニッシュブレッド。

原材料・・・小麦粉(国内製造)、バター、牛乳、砂糖、全卵、卵黄、脱脂粉乳、塩、パン酵母。

特定原材料等・・・小麦・卵・乳成分。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量358キロカロリー、たんぱく質7.6g、脂質18.4g、炭水化物39.4g、食塩相当量0.9g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 デニッシュブレッドスライス

まずは生食。

ふわふわ~。薄くて柔らかい層がギッシリと積み重なっている。サックリ。モッチリ。

ミミも薄く柔らかい。

卵とバター。豊かな風味。

トースト。

サクサク~。ふわふわがとろとろに~。

パイみたいに薄く繊細な層が、ハラハラと・・・秋の落ち葉のように落ちてゆく~。

そのうすーい層の1枚1枚に、丁寧にバターが絡みついている。1枚1枚の繊細なサクリサクリが、層になって、1度に砕け散る。はかない。

サクサク~。そしてバター~~。サクサクとジューシーがくちいっぱいに溢れる~。

コレはうまいワ。ウマすぎ~。

デニッシュブレッドは美味しいにキマってる。だがコレは・・・卵とバターのコク深い風味。薄い層が数多に重なる、繊細な食感。たまりませんワ~。

デニッシュブレッドの美味しさはトーストにある。バターがジュワ~ッ。ジューシーさにココロも満ち溢れる~。

生食よりトーストした方が美味しいデニッシュブレッドは多い。でもコレはチガウ。

卵とバター。素材の美味しさが引き立ちまくってる。しかも繊細な食感。生食でも、すっごく美味しいのだ~。

しかし、やはりトースト。ポトンと乗せたバターが、溶けて、層のスキマに流れてゆく。

追いバター。たまりませんワ~。

他にも、ハチミツ、ジャム、アイスクリーム等のトッピングもお試しください・・・だと?

アツアツのデニッシュブレッドに、冷たくとろけるアイスクリーム。うわ~ん。アイス、やりた~い。

釜玉うどん

大江ノ郷自然牧場 釜玉うどん パッケージ

商品説明

2人前入り(生うどん2食分(約300g)、釜玉だし醤油・天美卵温泉卵・薬味〈鰹節・刻みのり〉各2個)。1080円。賞味期間は発送日含む6日間。

打ち立ての新鮮な自家製麺、天美卵の温泉卵、釜玉だし醤油、薬味。うどんを茹でるだけで、スグに釜玉うどんが食べられるセット。

北海道産と九州産、2種類の国産小麦を使用するコトで、コシとモッチリさを実現。

あご節、真昆布、いりこ、しいたけなどを入れて火にかけ、鯖節、うるめ節、宗田節等と最後に本節を入れた白だしを使用。みりんは三河みりん。キビ糖も使用。

原材料・・・生うどん(小麦粉、食塩、醸造酢)、釜玉だし醤油(薄口醤油、みりん、真昆布、本節、いりこ、さば節、宗田節、あご節、うるめ節、干ししいたけ)。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 釜玉うどん 完成図

うわ~。コレ、ウメェー。

このうどん~。つるんつるんと入っていってモッチモチ~。ぷるんぷるんの弾力~。くちに入る前も踊ってるが、くちの中でも踊ってるヨ~。

もう、コレ、うどん好きの関西人をうならせる味だヨ~。

しかも、この釜玉ダシ醤油。

おいし~!!!

釜玉うどんってこんなに美味しかったのか~?

なんちゅー香り高いダシだぁ~。

公式説明によると・・・「どんだけダシ入れるんだヨ」ってぐらいのダシの数々。

ワカル。ワカルヨ~。ホンモノの味。スッキリ上品。なんちゅー複雑で奥深い味わい。ダシ好きの関西人をうならせるヨ~。

キレのある醤油とほんのりとした甘み。

なんちゅー素材感。素材のひとつひとつがクッキリと感じられるような味。上質さしか感じられない素材の数々。

ぶっというどんに絡む絡む~。パスタだってこんなに絡まんだろ~と思っちゃう。

しかも天美卵の温泉卵。もうとろっとろ~。割った途端、ダ~ッ。ダムの決壊のように流れ出すヨ~。黄身が濃い~。

ダシ醤油と温泉卵がうどんに絡んでゆく。まるで和風カルボナーラ。コレが、家庭で食べられちゃうんスか~。こんな美味しいカルボナーラ食べたコトない~。

大山豚ロースハム スライス

大江ノ郷自然牧場 大山豚ロースハムスライスパッケージ

商品説明

200g(8~10枚)入り。少し厚切り。約2.5mm。1728円。賞味期限2020年6月9日(2020年5月15日到着)。

大山豚のロース肉を使用したロースハム。食品添加物一切不使用。

香味野菜を入れた特製塩漬け液に2週間以上浸けこみ、じっくり熟成。その後、時間をかけてじっくり燻製・加熱。

塩は沖縄県産のシママース、砂糖は喜界島粗糖、玉ねぎは国産、ミネラル水を使用。

「布巻き大山豚ロースハム」が、IFFAドイツ食肉協会主催国際コンテスト2019で「銀賞」を受賞。「大山豚ロースハム」は、「布巻き大山豚ロースハム」と同じ原材料を使用した商品。

原材料・・・豚肉(鳥取県産)、食塩。砂糖。玉ねぎ、にんにく、生姜。

特定原材料等・・・豚肉等。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量283キロカロリー、たんぱく質17.7g、脂質21.8g、炭水化物0.7g、食塩相当量1.7g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 大山豚ロースハムスライス 皿盛り

ロースハム。コレをロースハムと呼ばずしてナニをロースハムと呼ばん?

ウットリするほど豚肉のロースそのままのカ・タ・チ。割と厚め。ローストビーフみたいな厚みだと思う。

お・い・し~~~~~!!!!

マジか?マジですか~?コレってホントにロースハムなんですか~?

思えば長い人生。こんな美味しいロースハム食べたコトない。

アッサリしてるのにジューシー。程よい塩加減。肉の旨みが・・・肉の旨みが~・・・。

ウマい。ウマいよ、コレ~。

焼き豚みたい。いや、ローストポークか~。

なんちゅー絶妙な焼き加減。ぷりんぷりんでピンク色~。やわらか~い。

いや~。最初にあんなコト言ったケド。コレをハムと呼んでいいのか~?それとも私はハムというモノを知らなかったのか~?

このショーゲキのゼータクな味わいは、一生に一度は味わいたいッ。味わえてよかった~。

もうオードブル。パーティー料理だヨ~。

料理にも使いたい予定だったが、トンデモナイですワ~。そのままがいい。美味しくて美味しくて・・・止まらない~。ヘタなローストビーフには、完膚なきまでに勝ってる~。

大山豚、バンザ~イ。

金賞ソーセージ3種セット

IFFAドイツ食肉協会主催国際コンテスト2019で「金賞」を受賞。

伝統と権威のあるコンテスト。金賞は満点のみに与えられる勲章だそうです。

保存料・発色剤、結着剤、合成着色料もゼロ。化学調味料や食品添加物を一切不使用。

今、気づいた。説明書にソーセージの調理方法が載ってたヨ~。パッケージに何も書いてなかったので、テキトーにやってしもた~。

ソーセージの調理方法・・・フライパンで、浸るぐらいのお湯で、1~2分茹でる(弱火)。お湯を捨て、油を引かずに、グリルして焼き目を付ける。

金賞を受賞した3種類のソーセージをセットにした商品。2052円。

ニュールンベルガー

大江ノ郷自然牧場 ニュールンベルガー パッケージ

商品説明

135g(5本)入り。賞味期限2020年5月26日(2020年5月15日到着)。賞味期間は発送日含む10日間。

スパイスやハーブが効いた柔らかいソーセージ。

原材料・・・豚肉(鳥取県産)、玉ねぎ、食塩、香辛料、レモンパウダー。

特定原材料等・・・オレンジ・豚肉。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量218キロカロリー、たんぱく質14.9g、脂質19.6g、炭水化物0.1g、食塩相当量1.7g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 ニュールンベルガー 完成図

油を引かず、フライパンで加熱。

皮は薄め。パリパリではない。焼いちゃったからかな?

柔らかい。とろけるような食感。そんなにジューシーでもないのかと思ったが、アトからジュワ~ッ。肉の旨みが追っかけてくる感じ。脂分が少なめなのかな?

ほのかなレモン風味。フレッシュで風味豊か。とっても美味しい。

大山豚ハーブソーセージ

大江ノ郷自然牧場 大山豚ハーブソーセージパッケージ

135g(5本)入り。賞味期限2020年5月26日(2020年5月15日到着)。賞味期間は発送日含む10日間。

ハーブとレモンが香る粗挽きタイプの大山豚ソーセージ。

原材料・・・豚肉(鳥取県産)、食塩、玉ねぎ、香辛料、レモンパウダー。

特定原材料等・・・オレンジ・豚肉。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量221キロカロリー、たんぱく質15.1g、脂質19.9g、炭水化物0.1g、食塩相当量1.5g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場大山豚ハーブソーセージ 完成図

お湯でボイル加熱。

皮、パリパリ~。やわらか~い。油脂がジュワ~ッ。ジューシー。閉じ込められた肉の旨みが弾ける~。

ハーブは、特にナニが入ってるのかワカラナイ。風味はある感じ。ほんのりスパイシー。「ニュールンベルガー」の方が、ハーブ感があるような気がする。

すっごく美味しい。

大山豚粗挽きソーセージ

大江ノ郷自然牧場 大山豚粗挽きソーセージ パッケージ

135g(5本)入り。賞味期限2020年5月26日(2020年5月15日到着)。賞味期間は発送日含む10日間。

定番の粗挽きソーセージ。

原材料・・・豚肉(鳥取県産)、食塩、玉ねぎ、香辛料。

特定原材料等・・・豚肉。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量222キロカロリー、たんぱく質15.2g、脂質19.9g、炭水化物0.2g、食塩相当量1.5g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 大山豚粗挽きソーセージ 完成図

お湯でボイル加熱。

パリッとしてる。柔らかい。ジュワ~ッと油脂感。食べる程に肉の旨みが、ジューシー。

塩と肉の旨み。肉の中で、塩がとろけるような感じ。肉と塩が引き立て合ってる。

すっごく美味しい。肉本来のチカラを感じる。

大山豚ベーコン(2パックセット)

大江ノ郷自然牧場大山豚ベーコンパッケージ

商品説明

2パック(100g×2)。1296円。賞味期限2020年6月10日(2020年5月15日到着)。

大山豚の豚バラ肉を使用したベーコン。化学調味料や食品添加物は一切不使用。

平釜でじっくりと煮詰めたシママース、喜界島のきび粗糖を使用。2週間以上長期熟成。

IFFAドイツ食肉協会主催国際コンテスト2019で「銀賞」を受賞。

原材料・・・豚肉(鳥取県産)、食塩、砂糖、玉ねぎ、にんにく、生姜。

特定原材料等・・・豚肉。

栄養成分(100g当り)・・・ 熱量419キロカロリー、たんぱく質12.9g、脂質38.5g、炭水化物0.5g、食塩相当量1.7g。推定値。

食べてみた感想

大江ノ郷自然牧場 大山豚ベーコン完成図

厚みがあって、長~い。このまま焼くには、大きなフライパンが必要。

おいし~~~!!!

肉の締まった旨みを噛みしめる~。すっごくジューシー。

ワイルドな野性味溢れる味。なんちゅー風味豊か。ホントに塩と砂糖の他は、香味野菜だけなのか?

焼いたスペアリブみたい。すっごい料理感。塩と砂糖だけでこんなにも美味しいのか~?

ベーコンエッグも作ってみた~。

スッゲー。ベーコンから出た油で目玉焼きがジュージュー。カリッカリ~。まるでギョーザの羽みたいにクリスピーに仕上がった~。

旨みも広がる~。これぞフライドエッグ。ベーコンエッグのカガミ。

感想

ウチにとっては結構なお買い物。清水の舞台から飛び降りる感じ。でも、飛び降りてよかった~。

もう・・・あまりにも、あまりにも、全てがおいしすぎる。

こんな大大大満足な気分は、いつ以来?

牧場スイーツ、牧場パン、ハム、ソーセージ、ベーコン、コッコの温泉卵、釜玉うどん。鳥取の幸と牧場の幸をコレでもかというぐらい味わったヨ~。

でも、もっと買えばよかったナ~。名残惜しいヨ~。

大江ノ郷タルト

初めて食べた【大江ノ郷自然牧場】のスイーツがコレ。大丸神戸店で。忘れられず、もう一度購入。

タマゴのチカラ。スイーツにとってのタマゴのチカラの偉大さに打ちのめされた逸品。

「天美卵」はスイーツのために生まれてきたんじゃないだろーか?

タマゴが味を左右するスイーツの代表格と言えば、バウムクーヘン。以前食べた「八頭ばうむ~いち輪~」もおいしかったヨ。

食パン

素材が光る光る~、素材が香る香る~。素材の持つ美味しさをそのままパンにしたような食パン。

そして「天美卵」を使用した「デニッシュブレッド」。

組み合わせがムズくて、セレクトに迷っちゃいます~。

買いたかったのは「プレーン食パン」と「デニッシュブレッド」。「プレーン食パン」の1本売りは冷凍しかない。渋々「チーズ食パン」とのセットを購入。

だがしかし・・・買わせてくれて、ありがとー。

割と小さめ。冷凍もできる。パン好きなら全クリもアリだと思う。それぐらいのクオリティ。

だが、美味しさの代償。無添加食パンの保存方法はメンドー。

なぬ?カビの発生を防ぐため、冷蔵庫保存。

むむむっ。食パンを冷蔵庫保存させるとは・・・固くなっちゃうじゃァないか~?

渋々、冷蔵庫にIN。

焼く前に霧吹きで水をシュッ・・・してない。ウォーターオーブンなんで、ソコは省略。

うわ~。到着当日と同じ美味しさ~。ってアタリマエ。クール便で来てたじゃん。失礼~。

ラスト1枚ずつは冷凍保存。1枚ずつラップに包み、チャック付きポリ袋にIN・・・なんてコトはモチロンやってない。

入ってた袋のまま、密閉クリップで止めて、冷凍庫へGO。いつものコトだヨ~。

ウチのオーブンは冷凍トーストできるんだが、少々苦手。なんで、あらかじめ出しとく。解凍してからトースト。

うわ~ん。おいし~。冷凍してないトーストと変わらないヨ~。

冷凍した食パンも販売されてるが、自分で冷凍しても、ほぼ味は変わらない。安心してたっぷり買えるヨ~。ただし、冷凍保存後、7~10日以内。

釜玉うどん

モウモウモウモウおいし~~~~!!!

叫ぶコトしかできない~。

おウチで、こんなにカンタンに、こんなにおいし~モノが食べられちゃうなんて~。

神様、ありがとー。いや、【大江ノ郷自然牧場】さん、ありがとー!!!

1コ100円以上する「天美卵」。シンプルに卵かけご飯が1番。「天のしずく」という卵かけご飯用醤油も出てますヨ。

「釜玉うどん」。食べてる時は和風カルボナーラだと思ったが・・・よくよく考えたら、究極の卵かけご飯のうどんバージョンじゃァないか~。

「天美卵」の美味しさをシンプルに味わう料理として、たどり着いたのが「釜玉うどん」だそうだ。さもありなん。

ハム・ソーセージ・ベーコン

ビックリするぐらい美味しいデス。おったまげー。

ソーセージは旨みがジュワ~。肉や塩等、素材の美味しさがダイレクトに感じられる。ただ【大江ノ郷自然牧場】さんによると、「ジューシーなソーセージを求めてる人には少々物足りないかもしれないが、自然本来の味を楽しんでほしい。」とのコトですヨ~。

それぞれ美味しい。でもオススメとして、ゼッタイにハズせないのが「大山豚ロースハムスライス」。

「大山豚ベーコン」もそうだけど、もはや朝食のオカズではない。カンペキにディナー。

 

完食に1週間もかからなかったケド・・・夢のような日々。毎日がリゾートのブレックファーストみたいだった~。

離れていても、確かに、鳥取県の幸を噛みしめ味わい、鳥取県の自然やコッコたちに想いを馳せるコトができた~。

まるで、シアワセを届ける、春のサンタクロース。【大江ノ郷自然牧場】の皆さんとコッコたち、本当にありがとうございました。

いつまでも、コッコたちが、元気に駆け回ってくれたらいいなと、願っております。

スポンサーリンク