コーヒー&ミルク【ヤマザキ】の感想

コーヒー&ミルク【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

コーヒー&ミルク【ヤマザキ】上から見た図

2020年9月発売。新商品。購入価格140円。パンのサイズは約9.5cm×9.5cm。

コーヒークリームと、ミルクホイップクリームを包んだパン。コーヒーあんをトッピング。

食べてみた感想

コーヒー&ミルク【ヤマザキ】断面図

パンは、ふんわり柔らかい。しっとり。軽い生地。

コーヒーあんこは、なめらか。ほろ苦い。コーヒー風味。アズキのあんこっぽいような、濃い味。

コーヒークリームは。ねっとり。ぷるん。羊羹を柔らかくしたような食感。ミルクコーヒー。コーヒープリンみたいな感じ。

ミルクホイップは、とろとろ~。なめらか。細かな泡立て。とろける~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

コーヒー&ミルク【ヤマザキ】横から見た図

3.7点。

おいし~。おいし~ヨ、コレ~。間違いない。

このシリーズが、始まったのは、いつか知らんが・・・私が、初めて知ったのは、ウン十年前。

職場のオジサンが、「大好きだ」とカミングアウト(オジサンが菓子パンを食べるとは、思われてなかった時代)したのが、キッカケ。

昔のオジサンよ、アナタは、正しかった~。

その後、長い間、お気に入りだった「マロン&マロン」。今年になって、「ミルキー&ミルキー」やら「抹茶&抹茶」が、発売。急に人気が、再燃しだした感じ?私が気づかなかっただけかな?

とりあえず、ナンデ、「コーヒー&コーヒー」じゃないの~?

ミルキーや抹茶にも、ホイップは、入ってたのにね。

クリームたっぷり。とろんとしたコーヒークリームと、あふれるミルクホイップ。濃いコーヒーあんこが、アクセント。

ゼーンブ、一緒くたに頬張った時の、この至福。「マロン&マロン」を初めて食べた時の美味しさが、まだ続いてる~。コレもう、「老舗の伝統」と言っても、いいでしょ。

ホイップとあんこを包んだ菓子パンは、昔からある。デモ、2種類のクリームとあんこを組み合わせた菓子パンは、【ヤマザキ】ならでは。

「ザ・菓子パン」とも言うべき、ショートケーキのような菓子パン~。

美味しさ間違いなしの「&」シリーズ。その中でも、「コーヒー&ミルク」は、最高峰。優しいコーヒー風味は、菓子パンの甘さをジャマせず、ミルクコーヒーの美味しさを表現。

クリームまみれのコクと、あんこの濃さが、織りなす、とろける味わい。マジで、と・ろ・け・る~。

でも、ダイジョーブ。ほろ苦いコーヒーが、美味しさとアッサリをプレゼント。ペロリと食べれちゃう~。

熱量393キロカロリー、炭水化物56.0g。

原材料

小麦粉(国内製造)、コーヒーあん、コーヒーフラワーペースト、牛乳クリーム、糖類、マーガリン、卵、パン酵母、脱脂粉乳、食塩、でん粉、ショートニング/ソルビット、加工デンプン、グリシン、カラメル色素、乳化剤、増粘多糖類、保存料(ソルビン酸)、リン酸塩(Na)、酸味料、香料、イーストフード、カゼインNa、セルロース、甘味料(ステビア)、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量393キロカロリー、たんぱく質7.7g、脂質15.3g、炭水化物56.0g、食塩相当量0.7g。表示値は目安。

スポンサーリンク