ブリュレチーズケーキ【ファミリーマート】の感想

ブリュレチーズケーキ【ファミリーマート】パッケージ写真

スポンサーリンク

 

商品説明

2019年1月29日発売。新商品。258円。サイズは約6.5cm×6.5cm。

ブリュレされたスポンジ、レアチーズ、ベイクドチーズの三層構造のデザート。北海道産クリームチーズをブレンド。

ブリュレチーズケーキ【ファミリーマート】上から見た図

ブリュレチーズケーキ【ファミリーマート】横から見た図

ブリュレチーズケーキ【ファミリーマート】中身はこんな感じ

食べてみた感想

こんがりいい色に焼けたスポンジをパクリ~。

すっごくしっとり。クリームみたい。かすかにザラッとスポンジの気泡感。とろり。風味豊かなカスタードみたいな生地。サバランみたいな感じ。

ジャリジャリ~。シュガーが音階を奏でる。心地よい響きはポップミュージック~。さほど甘くない。砂糖の甘みは程よく美味しさいっぱい。

真ん中のレアチーズはアッサリした味わい。きめ細やか。ふわっとムースみたい。ぷるんとゼリーっぽい食感。甘さ控えめ。

底のベイクドチーズはとろとろ。コクたっぷりのプリンみたいな食感。濃厚。クリーミィ。コッテリ。チーズの風味がギュッと凝縮。だが口溶けはスーッ。甘さ控えめ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.8店。

とてもクリーミィなデザート。すっごく美味しい。

2種のチーズケーキは全く異なる味わいと食感を持つ。真逆と言っていい。双方ともに甘さ控えめで、チーズケーキの美味しさを存分に堪能できる。

甘みのアクセントをつけるのがクレームブリュレ風スポンジ。クレームブリュレのようなプリンっぽい風味。食感も楽しいがキャラメリゼは砂糖のとりすぎが心配。どれだけ砂糖が使われているかは不明だが、キャラメリゼにしては控えめな甘さに感じる。繊細な甘みが美味しい。

カロリー、炭水化物ともに低め。

原材料

乳等を主要原料とする食品、砂糖、チーズペースト、チーズ、鶏卵、小麦粉、ナパージュ、加糖卵黄、カラメルソース、牛乳、植物油脂、ゼラチン、加工油脂、食塩/トレハロース、加工デンプン、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、グリシン、乳化剤、ソルビット、pH調整剤、香料、メタリン酸Na、膨脹剤、グリセリン、酸味料、酸化防止剤(V.C)、脂肪酸、カゼインNa。

アレルギー物質

卵・乳成分・小麦・大豆・ゼラチン。

栄養成分表示

熱量309キロカロリー、たんぱく質4.5g、脂質17.9g、炭水化物32.6g、食塩相当量0.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク