蒜山ジャージー生クリームサンド(ショコラ)の感想

蒜山ジャージー生クリームサンド(ショコラ)パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

蒜山ジャージー生クリームサンド(ショコラ)上から見た図

要冷蔵。購入価格240円。サイズは約9.5cm×9.5cm。

搾りたての蒜山ジャージー生クリームをショコラスポンジでサンドしたスイーツ。

プレーンもあるヨ。

他のスイーツを探してたんだケド、おっかなびっくり、代わりに【ローソン】で見つけました~。

おぉ。蒜山高原じゃァないか~。大好きな牧場スイーツ。ガッツポーズ~。

プレーンはなくて、ショコラだけ。でも、うれしくって即買いで~す。

エ?240円?1コで?

・・・・・・よく見たら、売り場に値段、なかったワ~。

食べてみた感想

蒜山ジャージー生クリームサンド(ショコラ)断面図

すっとんと半分にカット・・・と。

ヒャァァァ。ナニコレ?ナニコレ?ナニコレ~~~?

この断面は一体・・・?

クリームが黄みがかってる~。ひと目でワカル。いつも食べてるクリームとは全然チガウ。食べずともワカル~。

間違いなく240円に値するクリームだぁ~!!!

ケーキ生地はふんわり。しっとり。きめ細やか。ホロリと崩れる。パンケーキっぽい。

濃厚なコクのあるチョコ風味。ほろ苦い。上品なチョコ味。

なんて濃い、濃ゆ~い、濃厚なミルク感。搾りたてミルクの濃厚さをコレでもかとアピールしてくる~。

ふわんふわん。きめ細やか。泡立つような軽さが搾りたて感をアップ~。とろとろ。クリーミィ。舌の上でまったりとろける~。

コク深さがたまらないクリームなのに、スッキリとした味わい。

重いのか?軽いのか?キマってるじゃん。おいし~んだヨ~~~~!!!

甘さ控えめ。控えめな甘さが、ミルクの素材感をダイレクトに感じさせてくれる。

そんな極上のクリームが、惜しげもなく、た~っぷりと詰め込まれているんだヨ。天国じゃ~~~!!!

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

蒜山ジャージー生クリームサンド(ショコラ)横から見た図

4.2点。

イギリス海峡ジャージー島生まれのジャージー牛。「黄金のミルク」とも呼ばれてるそうですヨ。搾乳量が少なく、飼育量も少ない。ホルスタインより希少性がある牛さんと言えそうです。

メーカーの菓子パンやスイーツにも、ジャージー牛を謳ったモノはあるケレド、牧場スイーツは全っ然チガウ~。

牧場の牛さんのトナリでミルク飲んでる気分だヨ~。まさに牧場体験。搾りたてミルクの味にココロ震えちゃう~。

アタリマエだけど、すっごいジャージー。ジャージーそのもの。

わ~ん。おいし~。クリーム好きはほっぺたを押さえろ~。ほっぺた、落っこちるゾ~。

ご当地大好きな私め。素朴な味のモノも多い、ご当地を応援したいキモチから、点数を付けるのを控えるコトもあります。

でも、コレは、そんな気遣いも忖度も全く不要。エッヘンって感じで高得点、つけちゃいました~。

プレーンが大好きな私。今回は【ローソン】のセレクトが大正解かも。ほろ苦いチョコと濃厚ミルクのコントラストがたまりませんもん~。

素材の美味しさを思う存分堪能できる絶品スイーツ。

ですが、蒜山高原はカワイイ牛さんを育ててるだけじゃないみたいですヨ。チョコ生地のチョコ風味は、素朴さとは無縁の上品な味わい。パティシエが作ったに違いないような感じです~。

つまり、メッチャクチャおいし~んですヨ~。クリーム好きなら、牛さんのバターみたいな濃厚クリームをゼヒゼヒお試しあれ~。

エネルギー221キロカロリー、炭水化物25.2g。

原材料

鶏卵(国内製造)、乳製品、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、砂糖、食用なたね油、ココアパウダー、水飴、油脂加工食品(植物油脂、砂糖、ソルビット)/増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、膨張剤、グリシン、乳化剤、カゼインNa、香料、リン酸塩(Na)、pH調整剤、着色料(アナトー、カロテン)。

アレルギー物質

卵・乳成分・小麦・大豆。

栄養成分

エネルギー221キロカロリー、たんぱく質4.3g、脂質11.4g、炭水化物25.2g、食塩相当量0.2g。推定値。

スポンサーリンク