Uchi Café Spécialité 優ほろダックワーズ【ローソン】の感想

Uchi Café Spécialité 優ほろダックワーズ【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

Uchi Café Spécialité 優ほろダックワーズ【ローソン】上

2021年11月30日発売。要冷蔵。新商品。270円。サイズは、約7cm×7.4cm。

チーズホイップをサンドした、ダックワーズ。ダックワーズ生地は、カリフォルニア産アーモンドプードルと、クリームと、和三盆を使用。ホイップは、北海道産生クリームと、北海道産マスカルポーネを使用。

食べてみた感想

Uchi Café Spécialité 優ほろダックワーズ【ローソン】断面

サクッ。

繊細な歯ざわりから、ホロホロッ。くちの中で、こぼれるように崩れた生地は、ふわふわ。食感が、とても軽く、アーモンドケーキみたいな感じ。

うわ~ん、スッゴク、香ばし~~。

表面は、砂糖・・・だけじゃない。アーモンドと、メレンゲと、砂糖。

表面が、ダックワーズみたいな感じ?

底も同じ。薄いダックワーズを、アーモンドケーキに、トッピングしてるみたいな感じ・・・ように感じちゃいましたが・・・今、調べると、違ったみたいです~。

ダックワーズとは、「外はサックリ、中はしっとりとしたケーキ」だそうです。昔、食べたダックワーズが、サクサク、メレンゲクッキーみたいな感じだったので、勘違いしてました~。ゴメンナサイ。

白い砂糖は、キャラメリゼのような煮詰めた感はないのに、しっかりと、ダックワーズと一体化してる。

砂糖のサクッと、メレンゲのサクッ。とっても繊細な「サクッ」が、ココには、ある。

カナリ、甘い。しかし、アーモンドの香ばしさが、甘みと相まって、甘く香ばしい。甘みも、また、おいし~い。

チーズホイップは、たっぷり。ぶ厚い。

うわぁぁぁぁ。おいし~~~。

み、ミルクゥゥゥ~~~。

固めの泡立てのようだが、モロモロッと、自然に泡立ったみたい。舌の上で、とろけてゆく~。

まるで、チーズアイスみたい。スッキリとしたミルク味なのに、コク深さが、たまりませ~ん。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

Uchi Café Spécialité 優ほろダックワーズ【ローソン】斜め

4.3点。

わかってましたヨ。

コレは、マリトッツォ。ダックワーズのマリトッツォなんですね~。

なんてコトなんでしょう?

ふわふわのホイップを、くちいっぱいに味わう・・・マリトッツォの楽しみ方、そのモノなのに・・・カンペキに、マリトッツォを超えてるじゃァないですか~。

考えてみたら、今までは、ブリオッシュとは言え、パンだったり、どら焼きだったり・・・気楽に食べられる、お手軽感もあったんですね~。

デモ、コレは、チガウ~。ダックワーズですヨ~?

親指と人差し指で、そっと、つまんで、くちに運ぶ。上品でデリケートな洋菓子なんです~。レベルアップ感が、ハンパないんです~。

そして、アタリマエのハナシですが・・・チーズホイップなんです~。最終兵器~。

スッゴク、濃いんです。ミルクが濃い。ココは牧場か~?

スッゴク濃いし、コク深さが、くちいっぱいに、広がってしまう~。こんなにも、ミルクミルク、チーズチーズしているクセに、シツコサなんて、ミジンもありゃしない。全く重たくない。

そんな至福のホイップを、超絶、軽いダックワーズが挟む。世界でいちばん繊細なスイーツ。

また、アーモンドの香ばしさと、ふわとろチーズホイップが、メッチャクチャ、合うじゃァないですか~。

スッゴク、スッゴク、スッゴク、おいしかったです~。

熱量257キロカロリー、糖質24.0グラム。ともに、低め。

原材料

生クリーム(国内製造)、卵白、グラニュー糖、粉糖(グラニュー糖、ぶどう糖、食用精製加工油脂、でん粉)、和三盆、アーモンドパウダー、小麦粉、ナチュラルチーズ、乳化油脂、でん粉、ゼラチン、寒天/加工デンプン、乳化剤、膨脹剤、安定剤(増粘多糖類)、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・アーモンド・大豆・ゼラチン。

栄養成分

熱量257キロカロリー、たんぱく質3.7g、脂質15.9g、炭水化物25.7g、 糖質24.0g、食物繊維1.7g、 食塩相当量0.1g。表示値は、目安。

スポンサーリンク