埋もれるティラミスプリン【ローソン】の感想

埋もれるティラミスプリン【ローソン】上

 

スポンサーリンク

商品説明

2022年6月21日発売。チルドスイーツ。新商品。343円。サイズは、底の直径、約5.5cm、上部の直径、約7.5cm。

カスタードプリン、ホイップ、コーヒーシロップを染み込ませたビスキュイ、マスカルポーネクリームを、重ねたティラミスプリン。

ホイップは、北海道産生クリーム使用。プリンは、おいしいカスタードのためのタマゴ、「プレミアムエッグ」を使用。

食べてみた感想

埋もれるティラミスプリン【ローソン】断面

プリンは、とろとろ。タマゴとミルク。バランスの取れた、優しい味。

ホイップは、ふわふわ。とろとろ。ミルク風味。水のように、アッサリ。とろけるヨ~。

ぶ厚めの、ビスキュイを、ガブッ。

・・・おっ? 乾いてる? 

一瞬、ビスキュイを、感じたが・・・キタ~。ジュワジュワ、キタ~~。ジューシーなコーヒー風味。

ほろ苦いが・・・スッキリとした、コーヒー風味。

あまりにも、スッキリ。コレ、本当に、コーヒーなのか?・・・と、疑ってしまうぐらい。透明感を感じる、澄み渡った、コーヒー風味。

チーズホイップは、たっぷり。ふわふわ。ぷるんぷるん。

とろける~。とろける間、スッキリとしたチーズ風味だが・・・コクが、ふわ~っ。広がってゆく~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

埋もれるティラミスプリン【ローソン】斜め

4.3点。

きゃぁぁぁぁぁ。ビスキュイに、やられちゃいました~~。

ビスキュイ。スポンジでもなく、ビスケットでもなく・・・ビスキュイなんですヨ~。

ビスキュイとは、スポンジだったり、ビスケットだったりするそうですが・・・この、オシャレで上品な味わいは、「ビスキュイ」と呼ぶしかない。断言。

こんなに、ビスキュイなティラミスは、初めてかも。

シャルロットケーキの周りに、くっついてるヤツ。アレより、サクッと、少し、歯ごたえが、あるような気がします。

ビスキュイから、ジューシーなスポンジに、変わってゆく・・・繊細な食感が、たまりませ~ん。

まんまる、お月様のような、チーズホイップと、とろとろプリン。間には、ぶ厚めのビスキュイが、立ちはだかり、通過を許しません。まるで、アクマの門番のように・・・ドチラかを選びなさい、と。

お構いなしに、スプーンを、ザクッ。

底まで、すくい上げて、クチの中へ、ポイッ。秩序立った、美しさを、破壊する。モンスターのような、万能感。

うわ~ん、おいし~、おいし~、おいし~ですゥゥゥ~~~。

このスイーツの、スゴいトコは、ホイップとプリンが、同量っぽいトコロ。つまり・・・ふわとろ、2種類のホイップを、思う存分、楽しめちゃいます~。

クチの中で、クリーミィが、溢れちゃってます~。

プリンは、タマゴとミルクの、バランスがよく・・・タマゴ風味が、濃いワケではない。淡いカスタード風味なのに・・・おぉ。ふわ~っと、ハッキリと、タマゴ風味が、広がってゆく。

隠しようのない、タマゴの存在感。うわっ、おいしいヨ、このタマゴ~。サスガ、「おいしいカスタードのためのタマゴ」というだけはある。

上品で、おとなしめの味の、プリン。その、おとなしさが、ティラミスと、スッゴク、合ってます~。

やはり・・・ビスキュイは、遅れて、とろけてゆく。

存在感、強え~。私こそが、ティラミスの要であると、誇示するかのように。コーヒー風味を、ふわ~っと、道連れにして。

ティラミスと、プリン。想像を超えた、一体感。極上のスイーツでした~。

熱量340キロカロリー、糖質33.2グラム。

原材料

ホイップクリーム(国内製造)、牛乳、卵、砂糖、乳等を主要原料とする食品(植物油脂、無脂肪牛乳、ホエイパウダー、乳たん白、その他)、小麦粉、チーズペースト、卵黄加工品、生クリーム、ココア、インスタントコーヒー、脱脂濃縮乳、乳化油脂、でん粉、ゼラチン、寒天/乳化剤、膨脹剤、pH調整剤、糊料(増粘多糖類)、香料、メタリン酸Na、塩化Mg、調味料(無機塩)、V.C、カロチノイド色素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆・ゼラチン。

栄養成分

熱量340キロカロリー、たんぱく質6.8g、脂質19.9g、炭水化物33.5g、 糖質33.2g、食物繊維0.3g、 食塩相当量0.4g。表示値は、目安。

スポンサーリンク