スプーンで食べるバームクーヘン【ヤマザキ】の感想

スプーンで食べるバームクーヘン【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

スプーンで食べるバームクーヘン【ヤマザキ】上

2022年10月発売。チルドスイーツ。新商品。購入価格321円。サイズは、底の直径、約5.5cm、上部の直径、約7cm。

スプーンで食べる、バームクーヘンのカップデザート。ホイップクリームと削りチョコを、トッピング。

「スプーンで食べる」シリーズ。3種類ありますヨ。

  1. スプーンで食べるアップルとパイのケーキ
  2. スプーンで食べるチーズケーキ
  3. スプーンで食べるバームクーヘン

食べてみた感想

スプーンで食べるバームクーヘン【ヤマザキ】断面

バームクーヘンは、スッゴク、しっとり。タマゴとミルク。ほんのり洋酒が香る、風味豊かなバームクーヘン。

ホイップクリームは、たっぷり。固めの泡立て。ふわふわで、とろける。濃い味。甘くて、コクがある。

チョコは、ほろ苦いが、ミルクチョコっぽい。ってか、苦い。ホイップが多いので、アクセントになってます~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

スプーンで食べるバームクーヘン【ヤマザキ】斜め

3.3点。

「スプーンで食べる」シリーズの3部作。ゼヒゼヒ食べたかった、ラストの1コ。やっと、見つけました~。

アトの2コは、しょっちゅう、見かけたんですケドね。なんとなく、スーパー側が、コレを避けていた理由って・・・わかるような気がします。

ちょっと・・・ひとつだけ、フンイキ、違いましたね~。

アトの2コは、「サクサク」があって、「とろとろ」。いわゆる、「サクとろ」デザートなんですが・・・コレは、ドコにも、「サクサク」が、見当たりませんヨ~。ガックシ。

「スプーンで食べるアップルとパイのケーキ」は、スポンジとクリームに、アップルとパイのトッピング。「スプーンで食べるチーズケーキ」は、チーズケーキとクリームに、クランブルとレーズンのトッピング。

そうです。コレだけ、トッピングがチョコしかない。1種類なんですヨ~。他のと比べると、少々、単調さを感じてしまいます~。

しかも、ホイップ、多すぎ。とろとろタイプじゃァなくて、少し重たい。存在感がありすぎなんですヨ~。

実は、このバームクーヘン、めっちゃくちゃ、おいしかったです~。

シンプルに、素材感を感じる、おいしいバームクーヘンなんですが・・・ジュワジュワジュワッと、バターがふわ~っ。

まるで、バームクーヘンをフレンチトーストにしたみたい。

フレンチトーストと言っても、バターだけで作ったフレンチトーストという感じ。タマゴとミルクは、バームクーヘンに入ってますし。アッサリ、シンプルな味で、バターの香りが豊潤なんですヨ~。

もう、このバームクーヘンだけで、充分すぎます~。ってか、もっと、「バームクーヘンだけを味わいたい」と思うと・・・ホイップ、余っちゃうんですヨ~。

しもた。コーヒーに浮かべてみれば、よかったなぁ。

私は、もっと軽いタイプのホイップが好みなんですが・・・バームクーヘンが、ホイップにまみれちゃってます。人気の溺れタイプのスイーツでした~。

熱量370キロカロリー、炭水化物27.2グラム。炭水化物、低め。

原材料

ホイップクリーム(国内製造)、砂糖、卵、牛乳、小麦粉、チョコレート、ショートニング、水あめ、生クリーム、脱脂濃縮乳、でん粉、マーガリン、植物油脂、乳化油脂、洋酒、バター、発酵風味料、ゼラチン、寒天/乳化剤、膨脹剤、香料、メタリン酸Na、糊料(増粘多糖類)、pH調整剤、カロテノイド色素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆・ゼラチン。

栄養成分

熱量370キロカロリー、たんぱく質3.3g、脂質27.6g、炭水化物27.2g、食塩相当量0.3g。表示値は、目安。

スポンサーリンク