ヴィクトリアケーキ【ヤマザキ】の感想

ヴィクトリアケーキ【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ヴィクトリアケーキ【ヤマザキ】上

2022年1月発売。新商品。購入価格116円。サイズは、約8.5cm×8.5cm。

苺ジャムと、ホイップをサンドした、ヴィクトリアケーキ。

国で、大人気。アフタヌーンティーには、欠かせない存在。その名の通り、ヴィクトリア女王に、ちなみ、「ヴィクトリアサンドイッチ」とも呼ばれる。

食べてみた感想

ヴィクトリアケーキ【ヤマザキ】断面

ケーキは、ホロホロ崩れる。しっとり。とろける食感。タマゴとミルクの風味。

少しコクがある・・・あ、アト味が香ばしい。アト味は、アーモンドケーキっぽいナ。結構、しっかり入ってるかも。

ホイップは、ねっとり。コクがある。ぬるっとして、少し、シツコメ。常温のロールケーキなんかに、よくあるタイプ。

苺ジャムは・・・・スッパーイ。

とろ~り。ゼリーっぽい。甘酸っぱい。フルーティと言うより・・・タダタダ、酸味が強く、甘い。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ヴィクトリアケーキ【ヤマザキ】斜め

3.0点。

「ヴィクトリア女王のお気に入りだった」と言われる、このケーキ・・・・素朴ですねぇ。

めっちゃ、素朴。アーンド、懐かしい味。

スポンジは、家庭で作ったような、雑っぽい仕上がり(ワザとだろーケド)。ホイップも、郷愁を感じさせるし、苺ジャムは、ホボホボ、昭和。

一貫していますね~。

素朴さや、懐かしさに対する、並々ならぬ、こだわり。なんなら、「19世紀の味にしちゃいたい」という、強い意志を感じます~。

基本は、ラズベリージャムを挟むそうです。

よかった~、イチゴジャムで・・・って、こんなに、スッパかったら、同じじゃんか~~~。

いや、同じじゃないです。やはり、イチゴは、ケーキの王様。華やかさが違いますね。ホイップも入って・・・ショートケーキを挟んだ、ケーキみたいな感じ。

この組み合わせが、キライな日本人は、あんまりいないと思う。おいしかったです。

オママゴトしたくなるような・・・とても、可愛らしいケーキ。カジュアルに食べられる、ショートケーキという感じ。ケーキとジャム、合いますね~。

熱量444キロカロリー、炭水化物47.1グラム。ともに、高め。

原材料

マーガリン(国内製造)、砂糖、小麦粉、卵、苺ジャム、水あめ、乳化油脂、バター、アーモンドパウダー、粉糖、乳等を主要原料とする食品、洋酒、加糖練乳、食塩/乳化剤、膨脹剤、ソルビット、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)、V.C、着色料(カラメル、カロテノイド)。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・アーモンド・大豆。

栄養成分

熱量444キロカロリー、たんぱく質4.4g、脂質26.4g、炭水化物47.1g、食塩相当量0.3g。表示値は、目安。

スポンサーリンク