とろっとワンプレート ハッシュドポークで名古屋ハヤシ風パエリア

とろっとワンプレート ハッシュドポーク エスビーのパッケージ写真

2018年3月新発売。ワンプレートというカフェゴハン風にときめいて購入。半分使用したアト放置。急速に興味を失い4ヶ月経過。

「とろっとワンプレートハッシュドポーク」の商品説明を含むレビュー記事はコチラ。アレンジ料理ハッシュドポーク・パスタも作ってみたよ~。

とろっとワンプレートハッシュドポーク【エスビー】の感想

賞味期限は12ヶ月(開封前)。そろそろ作らねば~。

同じモノ作るのも芸がない。今度は混ぜ込んじゃえ~。というコトでパエリアに決定。パエリアにトマトはつきもの。バッチリな気がする~。ネットで調べてると「名古屋ハヤシ」に到達~。

うわ~。初耳~。新しい名古屋メシか?コレは見逃せない~。

ひえ~。美味しそう。サスガ名古屋の人はワカッテラッシャル~。名古屋メシ大好き。「コレだ~ッ。」ってコトで名古屋ハヤシ”風”パエリアに決定。

スポンサーリンク

 

名古屋ハヤシとは?

初めて聞いた~。よくはわからん~。

見たトコ、赤味噌を加えたハヤシライスにゴハンも混ぜてリゾット風にしたモノみたい。トッピングはお約束の卵黄。

「名古屋ハヤシ倶楽部」なるサイトあり。名古屋ハヤシを提供する店など様々な情報を発信。「名古屋ハヤシ8ヶ条」と「名古屋ハヤシの食べ方」は下記サイトより引用。

名古屋ハヤシ倶楽部 | ハヤシライスで名古屋を元気にしよう!

名古屋ハヤシ8ヶ条

8ヶ条を満たせばアレンジは自由。お店の数だけ名古屋ハヤシはありそう。

  1. 赤味噌を使う。
  2. ハヤシソースを使う。
  3. 卵を使う。
  4. 食材とソースをまぜて提供する。
  5. 提供後にかける調味料で違いを出す。
  6. 東海3県の食材が88%入ってる(例:東海産米、卵でほぼ80%)。
  7. 東海3県に来てもらいたいと考えている。
  8. 新しい名古屋メシを広める情熱がある。

へぇ~。名古屋メシなのに東海3県なんだ~。トコロで東海3県ってドコ?

愛知県、岐阜県、三重県のコトらしい。

ただ名古屋ハヤシ倶楽部参加店(20店舗)は名古屋ばかりのようだ。まだまだ認知度はコレからというコトかな?

名古屋ハヤシの食べ方

好きに食べたいという人もいらっしゃるだろーケド。

新しい料理はやはりシェフに食べ方を教わりたい。ご当地となれば尚更。地域に根ざしたこだわりの風習や食べ方があるに違いない。

  1. まずは、そのままコクを楽しむ。
  2. 卵と混ぜて、まろやかに。
  3. 各店舗のオリジナル調味料をプラス。

やはり~。ラーメン店のような厳格なお作法があるようだ。

名古屋ハヤシ風パエリア

準備する材料(2人分)

豚バラ肉ブロック120g(冷凍庫にあったから)、玉ねぎ1個弱(1個使おーと思ってたけどサラダに少々使用。減った。)、にんにく1かけら、ピーマン2個、米1合。

ワンプレートハッシュドポーク1/4箱、オリーブオイル適宜、醤油小さじ2、赤味噌小さじ1、塩こしょう少々、コンソメ1/2袋、水210ml強。

冷蔵庫にあったもんで作りました~。

レシピ

  1. 豚バラ肉は拍子切り。
  2. 玉ねぎは粗みじん切り、にんにくもみじん切り、ピーマンは細切り。
  3. フライパンでオリーブオイルを熱し、豚バラ肉を弱火で炒める。
  4. にんにく、玉ねぎ、ピーマン投入。軽く炒めて塩こしょう。
  5. しんなりしたら米(洗わず)1合投入。米に油を吸わせてから水とコンソメ投入。
  6. 火を止める。
  7. ルゥ、醤油、赤味噌投入。米を潰さないように気をつけながらルゥと赤味噌を溶かす。
  8. 火をつけ強火。沸騰したら弱火にしてフタ。20分煮る。
  9. ゴハンの底をひっくり返して混ぜる。フタなしのまま強めの中火で1分。
  10. 火を止めてフタをして10分待つ。

とろっとワンプレート ハッシュドポークで名古屋ハヤシ風パエリア完成

盛り付け

お皿に盛り付け目玉焼きをトッピング。

完成~。

とろっとワンプレート ハッシュドポークで名古屋ハヤシ風パエリアお皿に盛り付け

茶色い~。茶色いお弁当が流行ってるらしいケド。イマイチな写真でゴメンナサイ。

テレビ東京の「TVチャンピオン極カップ麺アレンジ料理王」を見た。

ゴハンと魚介をプラスして海鮮塩そばめしを作成。そばめし自体は斬新とも思わなかったが、カップ麺のカップに入れてお皿にひっくり返した~。

めっちゃオシャレな見た目になって感動。やっぱ勝利してた~。

同じように大きめのカフェオレカップに入れて、ひっくり返してみた~。すっごくキレイになって感動!!

・・・なのに。なのにこんな写真のデキでショックゥ~。もっとキレイにデキたんですゥ~。

食べてみた感想

・・・・・・ん?

劇的に変わった~。

コレがハッシュドポーク?トマト成分ドコいった~。

コクのある風味。そばめしのようなソースっぽい味わい。

ものすごく濃厚。味噌のコクもほんのり感じる。

少し油っぽい。豚バラ肉のせいかな?

でもすっごく美味しい!!

コッテリとした名古屋メシであるコトは間違いない。

まとめ

すっごく美味しい。思った以上の大成功。自画自賛もエ~加減にせ~。

全くチガウ料理になったのにはオドロキを隠せない。

まずちゃんと名古屋ハヤシになってるのか確認。作成してからネットを見たので「名古屋ハヤシ8ヶ条」は知らなかったんですゥ~。

ほぼ合格。

アトがけ調味料と東海産の食材がダメ。

東海産の食材はほぼムリ。売ってない。ただ赤味噌はカクキュー。コレだけで勘弁してもらいたい。

アトがけ調味料は知らなかったのでとても残念~。

ハヤシなんで生クリームやサワークリームをかけたいトコだがハードルが高い。フライドオニオンやパルメザンチーズもよさげ。だがやはりウチにない。

パセリとか角切りトマトとかマヨネーズくらいかな?パセリとマヨはゼヒかけたかったなぁ。

修正点としては2点。

少し濃厚すぎる感じ。ゴハンや具材を増やすべきかな?トマトとか?あるいは醤油をへらすか?

ただコッテリとした名古屋メシじゃなくなったら元も子もない。男性や子供はこのままでいいと思う。女性はコッテリすぎかも。

少し油っぽい。豚バラ肉をやめるか?ヤダ~。キッチンペーパーで余分な油を拭くべきだったな。

持て余していたルゥを使ってのアレンジ料理は想像以上に楽しかった~。

食べる時はドキドキ。不安で結構なサスペンス。なので美味しかった喜びはひとしお。

なによりおウチで名古屋ハヤシ~。すっごく得した気分~。よかったら作ってみてくださいね~。

名古屋メシで夏を乗り切ろー!!!

スポンサーリンク