コーヒー牛乳コッペ【フジパン】の感想

コーヒー牛乳コッペ【フジパン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

コーヒー牛乳コッペ【フジパン】上から見た図

2020年10月発売。新商品。購入価格127円。パンのサイズは、約22cm×7.5cm。

ミルクコーヒークリームをサンドしたコッペパン。

食べてみた感想

コーヒー牛乳コッペ【フジパン】断面図

パンは、ふわっふわ~。モッチリ。噛みちぎると・・・やっぱり、ふわっふわ~。

しっとり。クリーミィ。ノドゴシのよい生地。ほのかにコーヒー風味。

たっぷりのミルクコーヒークリーム。ホイップ。あわっあわの、泡立ったクリームが、とろとろ~、とろける~。

ミルクたっぷりだが、濃く淹れたカフェオレ風味。ほろ苦い。コーヒー風味が、舌に残る。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 
注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

コーヒー牛乳コッペ【フジパン】横から見た図

3.5点。

ワ~イ。こーゆーの、待ってました~。

コーヒー牛乳。なんとも郷愁を感じる響き。

ツヤツヤの黒光り。炭火焼き珈琲を思わせるコッペパンを、噛みしめると、ほのかに香るコーヒー。

おいしいッ。

クリームは、さらに増すコーヒー風味。コーヒーパンと、コーヒークリームが、ナチュラルにつながる。コーヒーの2段活用。

コーヒー牛乳の懐かしさを感じるものの、泡立つカフェオレ。今風のカフェの味。

おいし~い。アッサリ。コーヒーの香りに誘われて、止まらな~い。

富士的懐古ISM。

【フジパン】が提案する「懐かしくて、新しいおいしさ」。コッペパンにピッタリのコトバ。

昔の給食のコッペパンと、今のコッペパン。本当に同じパンなんだろーか?

コッペパンに、懐かしさは、ツユほども感じないが、いつ食べてもおいしい。クリームを挟んだだけのシンプルなパン。

デカイのに、ペロリ~ン。あっという間に完食~。

エネルギー349キロカロリー、炭水化物56.4g。

原材料

小麦粉(国内製造)、カフェオレホイップクリーム、砂糖、卵、マーガリン、乳等を主要原料とする食品、パン酵母、ぶどう糖、加工油脂、食塩、ココアパウダー、インスタントコーヒー/グリシン、乳化剤、香料、カラメル色素、酢酸Na、カゼインNa、イーストフード、セルロース、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、酸味料、V.C。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

卵・乳成分・小麦・大豆。

栄養成分

エネルギー349キロカロリー、たんぱく質7.6g、脂質10.3g、炭水化物56.4g、食塩相当量0.78g。表示値は目安。

スポンサーリンク