牛乳と卵のカスタードクリームパン【ヤマザキ】の感想

牛乳と卵のカスタードクリームパン【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

牛乳と卵のカスタードクリームパン【ヤマザキ】上

2022年10月発売。新商品。購入価格138円。パンのサイズは、約9.5cm×9cm。

牛乳カスタードクリームと、卵風味カスタードクリーム、2種類のカスタードを包んだ、クリームパン。北海道産牛乳使用。

食べてみた感想

牛乳と卵のカスタードクリームパン【ヤマザキ】断面

パンは、ふわふわ。柔らかい。スッゴク、しっとりしてて・・・表面の皮も、水分を含んでいる。フニャッと崩れる。

クリーミィな生地。ほんのり甘い。

焼く前に入れてあったカスタードは、真ん中にはない。グルっとドーナツ状に配置。

ねっとり。タマゴ風味が淡め。一瞬、淡めのカスタードのように感じたが・・・ミルクを煮詰めたような、練乳っぽいカスタード。

焼いたアトから入れたカスタードは、真ん中。とろ~り。タマゴ風味のカスタード。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

牛乳と卵のカスタードクリームパン【ヤマザキ】斜め

3.1点。

おぉ。今月は、クリームパンが来てますねぇ。

今のクリームパンの楽しいトコロは、それぞれが、全然、違うトコロ。「カスタード」と、ひとくちに言っても、奥が深いなぁ。

パンも違いますね。つまり・・・全部チガウ、と。

ブランニューなクリームパンを、初めて食べるかのように、新鮮なキモチで味わえちゃう。いい時代になったモンです。

しかも、2種類のクリームが、アタリマエの時代になってきました~。

牛乳カスタードと、タマゴ風味カスタード・・・というのを食べたのは、初めて。

「牛乳カスタード」というのは、その通りなんですが、「タマゴ風味カスタード」というのは・・・要するに、フツーのカスタード。

特に、タマゴ風味が濃くもなかったとゆーか、牛乳カスタードに比べると、「濃い」という感じ。

両方とも、スゴくコクがある。牛乳風味とタマゴ風味だが・・・ソコは、やっぱり、同じカスタード。双子のカスタードという感じです。

アト入れカスタードは、とろりとしてますが、流れるホドではなく・・・2ツのカスタードが合体。ぷるんぷるんが、効いています。

・・・ん?

奥の方へ行くと・・・パンが、せり上がってくる。こ、コレは?

・・・く、クリームが、期待してたホド、多くない。いくらクリーミィなパン生地でも、クリームパンとして、コレは・・・寂しすぎるぞ~。

パンが、なんか暗い感じ。なので、全体的に小粒感がある。おいしいクリームパンだったが・・・パンの多いトコは、地味な印象。

やはり・・・もっと、クリームを、プリーズ~。

熱量271キロカロリー、炭水化物36.5グラム。熱量、低め。

原材料

牛乳カスタードフラワーペースト(牛乳、砂糖、植物油脂、麦芽糖、水あめ、加糖卵黄、全粉乳、卵、生クリーム、でん粉、乳たん白、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、卵粉、小麦粉、食塩、卵黄油)(国内製造)、小麦粉、カスタードフラワーペースト、糖類、卵、マーガリン、植物油脂、パン酵母、でん粉、食塩、デキストリン、脱脂粉乳、油脂加工品、卵粉/加工デンプン、グリシン、膨脹剤、乳化剤、香料、糊料(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、酢酸(Na)、保存料(ソルビン酸K)、イーストフード、酸味料、乳酸Ca、V.C、グリセリンエステル、カロテノイド色素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量271キロカロリー、たんぱく質6.2g、脂質11.1g、炭水化物36.5g、食塩相当量0.5g。表示値は、目安。

スポンサーリンク