京都【喫茶マドラグ】コロナ玉子サンドの感想

4月 30, 2018

【喫茶マドラグ】コロナ玉子サンド

4切れ入り。972円。 コロナという京都の洋食屋さんの人気メニューだったらしい。閉店後【喫茶マドラグ】がレシピと名前を引き継ぐ。

もともとは購入予定なし。だって高すぎ。だって卵だよ?

TV番組の「一番好きなサンドは?」という街角アンケート。1位は玉子サンド。2位はカツサンド。でしょーね。

確かに玉子サンドは美味しい。だがウチでも作りやすい。並んでまで買おーという気はあまりおこらない。

・・・・・・無人だったんだよね。ありゃりゃ。んで購入。

【喫茶マドラグ】コロナ玉子サンド中身

【喫茶マドラグ】コロナ玉子サンド皿盛り

デカッ!!なんてもんじゃない!!なんじゃこの卵のド迫力!!

2枚の食パンで挟んである。片方のパンが異様に小さい。なんで?

取り出し注意!!重い。スベる。危険。どーやって食べんのコレ?

家族はナイフとフォークを使いだす。

だし巻き卵。やはり京都。キレイな黄色。全く白身の片鱗がなく完全にかき混ぜられている。中はとろとろ。柔らかい。ふわふわオムレツみたい。淡い味わいの昆布だし。薄味。甘くない。卵の自然な甘み。ひんやりとしたお店のだし巻き卵。

食パンは8枚切りくらいかな?ふんわり柔らか。しっとり。モッチリ。

パンの片側はマヨネーズ。もう片側はデミグラスソース。とてもうすく塗ってある。デミグラスソースはケチャップのようなトマトの酸味を感じる。シチューやハンバーグソースのような濃厚なタイプじゃなくうすい感じ。

味付けはとてもシンプル。最初から最後までだし巻き卵の迫力に気圧され続けたサンド。1切れに卵1個以上入ってる予感。2切れ食べたら「もう当分卵はいいや。」と思ってしまう。いくらなんでもボリュームありすぎだなぁ。

パンも卵も美味しい。だが和風っぽいだし巻き卵とパンはあまり合ってない。食感はすごく合ってるのだが。デミグラスソースも合ってるとは言い難い。微妙。

ただほとんどだし巻き卵を食べてるような感じなので美味しいっちゃ美味しい。いつの間にかパンはなくなり手づかみでだし巻き卵を食べていた~。パンちっちゃすぎ~。

去年の記事を確認。1年前ぐらいの時点の【喫茶マドラグ】の玉子サンドの作り方。片側のパンにマスタードバター。もう片側はトマトソースとデミグラスソースを混ぜ合わせたものらしい。

う~ん。よくわからん。マヨネーズっぽい風味を感じたのでマヨだと思ったが確かにねっとりクリーミィな感じもした。マスタードはあまりわからなかった~。

マヨっぽい風味のバターなのか、レシピを変更してマヨも入れたのか不明。1年前のコトなのでやはりバターの可能性大です。わからなくてごめんね。

スポンサーリンク

 

コロナ玉子サンドの作り方(分量は不明)

NHK趣味どきお弁当大百科(2017年放送)でコロナ玉子サンド紹介。ただし分量はサスガに企業秘密みたい。

準備する材料・・・卵Mサイズ4個、牛乳、塩、昆布出汁、サラダ油、バター、食パン、マスタード、トマトソース、デミグラスソース。

  1. 卵に牛乳タップリ投入。塩と昆布出汁で味付け。白身がなくなるまでシッカリかき混ぜる。
  2. 卵焼き器じゃなくフツーのフライパン出てきた~。マドラグのマスターはティファール愛用。
  3. サラダ油とバターを熱し、バターが溶けたら卵を一気に全部投入。
  4. グルグルフライパンゆすりながら、かき混ぜる。スクランブルエッグみたいになったら火を止める。
  5. 火からおろして予め温めておいたフタをして2分蒸らす。ココ重要。マドラグズ・ポイント。
  6. フライ返しで折り目を入れながら端から折り畳んでいく。
  7. 片方のパンにはマスタードバター。もう片方のパンにはトマトソースとデミグラスソースを混ぜ合わせたモノを塗る。
  8. オムレツを挟んだら容器をかぶせて2分蒸らす。ココ2つ目マドラグズ・ポイント。卵から出る蒸気でパンもしっとり柔らかく。
  9. 完成。

スポンサーリンク