神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】の感想

7月 23, 2018

阪急花隈で初降り~。元町商店街の1つ下の通り。あんまりお店なんかない通り。不安~。思った通り迷子。グルっと周ってやっと到着。小さなお店。完全に通り過ぎてた~。ポツンと場違いな感じのパン屋さん。

大きな木のドアが印象的。木目がくっきり自然を思わせる。南フランス的。フランス行ったコトないけど。

ドアの左右はガラス張り。ガラスの方に自動ドアの表示。最初どこがドアかわからず戸惑い。オロオロ。大きなドアが威圧感。入りにくい。でもオバサンは突入~。

店内はこじんまりしてるがとても見やすい。外からもガラス越しにパンが見えるように配置。タグにはパンの名前と値段と説明。すごく選びやすい。

2017年6月11日。5時過ぎ訪問。

一口サイズのマドレーヌっぽいお菓子もある。包装されてるし日持ちするっぽい。前日もパン買ったので躊躇の末断念。後悔~。

もっと後悔はシナモンブレッド。シナモンロールっぽい食パン?グルグルシナモン味&グレーズはほんの少し。シナモンロールよりアッサリっぽい。クォーターサイズで180円。

夕方だったので後日、午前中に再訪。再訪の記事はコチラ。

神戸元町【ブーランジェリー・ラ・リュンヌ】再訪の感想

スポンサーリンク

 

ピリ辛ソーセージのパン

正確な名前忘れた~。ごめんなさい。

ブーランジェリーラ・リュンヌピリ辛ソーセージのパン

180円。

ブーランジェリーラ・リュンヌピリ辛ソーセージ中身

真っ白なのでフワフワの白パンと思いきや・・・意外にも固め。すごくモッチリ。ピザっぽい。ものすごく噛みごたえのあるパン。すごく美味しい。

ピリ辛ソーセージのスライスとグリーンオリーブ。ポツンと少量。トッピングにチーズ。

オリーブは目が覚める程酸っぱい。パンとのバランスはとてもよく美味しいアクセント。もう一つのアクセントはピリ辛ソーセージ。ニクい演出。

シンプルな見た目以上に意外な程美味しい。

あんブール

ブーランジェリーラ・リュンヌあんブール

ブーランジェリーラ・リュンヌあんブール中身

フランスパンにあんことバターとクルミをサンド。

あんこは粒あん。甘さ控えめでめっちゃ美味しい。

そしてバター。発酵バター。コクがあってクリーミィ。クリームのよう。めっちゃくちゃ美味しい。

クルミは大粒をそのままガリッ。食感も楽しいがナッティーな美味しさを添えている。すごく美味しいクルミ。

フランスパンはパリパリしてないタイプ。噛みごたえがありモッチリ。美味しい。

挟んだフィリングが美味しすぎ!!生涯最高のあんバター!!

マロンデニッシュ

ブーランジェリーラ・リュンヌマロンデニッシュ

ブーランジェリーラ・リュンヌマロンデニッシュ中身

デニッシュ生地サックサクゥ~。カリッとした表面の焦げ具合最高!!クッキーみたい。油っぽくない。めっちゃ美味しい。

栗の渋皮煮は控えめな程よい甘さ。美味しい。

栗の下に敷いてあるアーモンドクリームはかなりうすい。トッピングのアーモンドスライスとのバランスはよくシンプル。たっぷりのクリームや甘ったるさに邪魔されずにデニッシュの美味しさを充分味わえる。

幾つでもイケそう。美味しいよ~。

キッシュロレーヌ

ブーランジェリーラ・リュンヌキッシュロレーヌ

460円。高ッ。でも期待マックス。買わずにいられない。数種類ある。

ブーランジェリーラ・リュンヌキッシュロレーヌ中身

めっちゃくちゃ美味しい。

フィリングはチキンと人参ブロッコリー少々。厚切りのチキンと厚切りの人参がもうギュウギュウ詰め。

人参はスゴく柔らか。味付けはシンプル。野菜本来の美味しさをきちんと表現。量が多く「野菜を食べた~。」っていうヘルシー気分になれる。

チキンの味付けもシンプルながらブラックペッパーでピリッ。スゴく美味しい。お肉の満足感も大。

チーズクリーム美味しすぎ!!とろとろの柔らかさ。チーズの濃厚なコクとたっぷりの卵。クリーミィ。もうウットリ。夢見心地。しかも意外とアッサリでしつこくない。堪らない美味しさ!!

最後にサックサクのタルト生地。もう美味しすぎ。こんな美味しいキッシュロレーヌ初めて!!

スポンサーリンク