国産小麦のバターチキンカレーパン【Pasco】の感想

国産小麦のバターチキンカレーパン【Pasco】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

国産小麦のバターチキンカレーパン【Pasco】上から見た図

2019年12月発売。新商品。購入価格116円。パンのサイズは約11cm×10cm。

バターチキンカレーを包んだ焼きカレーパン。トッピングにチーズパウダー。

小麦粉は全て国産小麦使用。そのうち70%が「ゆめちから」(手粉を除く)

食べてみた感想

国産小麦のバターチキンカレーパン【Pasco】断面図

パンはふんわり柔らかい。きめ細やか。しっとり。少しモッチリもある。

カレーはとろりとしたトロミ。スパイシー。トマトの酸味。クリーミィなバターのコク。いかにもバターチキンカレー。

アッサリとしたチキン。割とゴロゴロ出てきた~。大きめのモノもありランダムな大きさ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

国産小麦のバターチキンカレーパン【Pasco】横から見た図

3.2点。

バターチキンカレーがたっぷり。とろりとクリーミィにパンを覆い尽くす。バターチキンカレーフォンデュみたいに。

そうなのだ~。パンより断然多く感じる~。焼きカレーパンのマジック。ゴハンが残ってるのにカレーを食べ終わってしまうコトほど哀しいコトはありませんからね~。

パンも美味しい。ふわふわ。菓子パンのパンみたい。そしてモッチリ。国産小麦のおかげかな?

揚げパンとチガウトコはカレーの主張。焼きパンは柔らかく優しい味わい。揚げパンと違ってパンとしての主張が少なめ。だからこそのカレー、カレー、カレーなのだ~。

そして何気のグッジョブがトッピングのチーズパウダー。チーズがトッピングされてても、そんなに感じないパンってあるよね?

コレは違います~。たっぷり。豊かなチーズの風味がハッキリと来ましたよ~。そしてスパイシーなバターチキンカレーとのマリアージュ感がすごくいい感じ~。

以前は焼きカレーパンより揚げたカレーパンの方が断然美味しかった気がする~。「焼きカレーパンってイマイチだなぁ」と思ってました~。

最近は焼きカレーパンの方が美味しいなぁ。特に袋パンは。

とっても美味しかったです~。

エネルギー212キロカロリー、炭水化物32.5g。焼きカレーパンだからこその、この数値。美味しくてヘルシー。

原材料

カレー(国内製造)、小麦粉、チーズ、砂糖、ショートニング、ファットスプレッド、パン酵母、乳等を主要原料とする食品、食塩、卵/トレハロース、加工デンプン、乳化剤、酢酸Na、調味料(アミノ酸等)、香料、グリシン、イーストフード、増粘剤(キサンタン)、リン酸塩(Na)、pH調整剤、ビタミンC、酸化防止剤(ビタミンE)、着色料(カロチン)。

アレルギー物質(特定原材料及びそれに準ずるもの)

卵・小麦・乳成分・大豆・鶏肉。

栄養成分

エネルギー212キロカロリー、たんぱく質6.7g、脂質6.1g、炭水化物32.5g、食塩相当量1.2g。表示値は目安。

スポンサーリンク