焼きサンドたまご【Pasco】の感想

焼きサンドたまご【Pasco】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

焼きサンドたまご【Pasco】上から見た図

2020年5月発売。西日本限定。リニューアル新商品。2コ入り。購入価格108円。1コのサイズは約9.5cm×5.5cm×1.5cm。

たまごサラダをサンドしたトーストサンド。

リニューアルポイントはたまごサラダを増量。同シリーズとして「焼きサンドツナ」も新発売。

食べてみた感想

焼きサンドたまご【Pasco】断面図

まずはそのまま。

パンはモッチリ。ふんわり柔らかい。ミミは固め。さらにモッチリ。

たまごサラダはとろ~り。とろとろ~。大きめの白身がコロコロ。食感のアクセント。

ほんのりマヨネーズ。しつこくない。塩味はしっかり。

トースト。

サクサクのカリカリ~。香ばし~。ミミもサクサク。ビスケットのように砕け散る。

たまごサラダは、さらにとろとろ~。温かくなっても違和感なし。おいしい。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

焼きサンドたまご【Pasco】横から見た図

3.2点。

たまごサラダは増量したらしいが、多くはない。

最近のたまごサンドは、たっぷり挟んでるのが多い。そんなイメージからか、少々物足りない感じもしたケド。袋パンとしてはフツーだと思う。

そのまま食べても美味しい。だけど、トーストすると、別人のように変わる~。

たまごサラダの味は同じ。ドチラでもおいしい。だが、食感が全然チガウ。

既にトーストしてある食パンが、トーストされて、さらにカリカリに~。カリカリからのとろとろ~。この食感の落差がたまらない~。

たまごサンドって、ふわふわの柔らかい食パンで、ふわふわ卵を挟んでるイメージ。たまごサンドのトーストサンドって、初めてかも。

コレは、うまいワ~。

あんまり美味しくて・・・量的にも、物足りなさを感じなくなるから、フシギ。

マヨが控えめなので、淡い味と感じる人もいるかもしれない。しかし、風味付け程度の控えめなマヨ風味が、絶妙だと思う。シンプルでアッサリ。

たまごサンドは日本人のココロのふるさと。日本人の良心。たまごサンドを好きな人にワルイ人はいなさそう。優しいキモチになれちゃうから~。

エネルギー336キロカロリー、炭水化物38.1g。

原材料

タマゴサラダ(国内製造)、小麦粉、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、酢酸Na、グリシン、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、着色料(カロチノイド)。

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)

卵・小麦・乳成分・大豆。

栄養成分

エネルギー336キロカロリー、たんぱく質9.4g、脂質16.2g、炭水化物38.1g、食塩相当量2.0g。表示値は目安。

スポンサーリンク