ヤマザキ クリームボックス(キャラメルコーンのキャラメルペースト入りクリーム使用)の感想

ヤマザキ クリームボックス(キャラメルコーンのキャラメルペースト入りクリーム使用パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ヤマザキ クリームボックス(キャラメルコーンのキャラメルペースト入りクリーム使用上から見た図

2020年2月発売。新商品。購入価格127円。パンのサイズは約10cm×10cm。

【東ハト】「キャラメルコーン」とのコラボ。

「キャラメルコーン」のキャラメルペースト入りクリームを使用したクリームボックス。

「クリームボックス」とは福島県郡山市のご当地パン。

食べてみた感想

ヤマザキ クリームボックス(キャラメルコーンのキャラメルペースト入りクリーム使用断面図

パンは柔らかい。すごくしっとり。ネッチョリとした油脂感。舌に絡まる感じ。

底はこんがりと色づいているが、皮は柔らかい。皮もしっとり。白パンっぽい。

クリームはとろりとたぷんたぷん。たっぷり。ミルクキャラメル風味。すっごくミルキーなのに、香ばしさがアト引く。

甘いんだけど、香ばしい焦げ感が、甘ったるさを感じさせない。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ヤマザキ クリームボックス(キャラメルコーンのキャラメルペースト入りクリーム使用横から見た図

3.4点。

「キャラメルコーン」のパッケージ。もうお馴染みすぎる。見るのは何度め?

多分「ミルキー」に次いでコラボが多いのが「キャラメルコーン」じゃないかな?

実は「キャラメルコーン」は苦手。多分キャラメルが苦手なんじゃなくて、コーン部分が苦手だったんだろーなぁ。

こんなにキャラメルが人気になった今、やっと気づいた~。

だってキャラメルが美味しすぎる~。

キャラメルコーンの面影は微塵もない。コレって「キャラメルコーン」とのコラボって言えるんだろーか?

おいし~んだから、どーでもいっか~。

福島県の「クリームボックス」は食パンで作ってる場合が多いみたい。【ヤマザキ】が作るといつも白パンっぽい。「ちょっとベッチョリしっとりしすぎかなぁ」とは思う。

でもいっか。キャラメルクリームがすっごく美味しい。七難だって隠してくれる~。

私は「クリームボックス」の大ファン。プレーン、カフェオレ、ミルキー、キャラメルときたヨ~。お次はどんなクリームが出てくるのか楽しみ~。

熱量258キロカロリー、炭水化物37.4g。ともに低め。

原材料

小麦粉(国内製造)、キャラメルフラワーペースト、糖類、マーガリン、パン酵母、脱脂粉乳、卵、食塩、植物油脂、発酵風味料、粉末油脂/ソルビット、加工デンプン、グリシン、カラメル色素、乳化剤、酢酸Na、香料、pH調整剤、保存料(ソルビン酸K)、増粘剤(キサンタン)、イーストフード、グリセリンエステル、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量258キロカロリー、たんぱく質5.7g、脂質9.5g、炭水化物37.4g、食塩相当量0.7g。表示値は目安。

スポンサーリンク