もっち ぎょうざ味【ヤマザキ】の感想

もっち ぎょうざ味【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

もっち ぎょうざ味【ヤマザキ】上から見た図

2020年9月発売。新商品。購入価格127円。パンのサイズは、約15.5cm×4cm。

餃子フィリングを包んだ蒸しパン。

食べてみた感想

もっち ぎょうざ味【ヤマザキ】断面図

パンは、モッチリ。歯切れよく、ちぎれる。柔らかい。モチモチ。豚まんみたいな生地。

餃子フィリングは、ギョーザ味。アタリマエのコトを、言っております~。

ヒリヒリ。辛い。スパイシー。生姜の味が、来るワ~。

具材は、多めだと思う。豚肉の肉感もあるし、野菜のシャキシャキ感もある。

野菜は、水くわい、キャベツ、ニンニク、生姜、玉ねぎ。・・・フシギ。このシャキシャキって、タケノコみたいな感じナンだよね。

水くわい?里芋みたいな感じかと思ったら、カリカリしてるらしい。コレかな?

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

もっち ぎょうざ味【ヤマザキ】横から見た図

3.2点。

ギョーザを包むヒダが、美しい。見かけは、魅惑的なジャンボギョーザ。こんなギョーザがあったら、いいなぁ~~。

思ってたより、具材感がある。生姜のスパイシーさが香る、ギョーザっぽい味。ガツンと来る、濃いめの味付け。満足感は高いと思う。

私は、豚まんが、好きだ。一年中、好きだ~。

パン生地は、豚まんらしさを表現。再現率が高い。いつもなら、「豚まんっぽい生地と、豚まん生地は、違うんだなぁ」と、ぶーたれるトコロ。

ドンドン進化している。蒸しパンらしい上品さがあり、相当においしいと思う。

サッパリとした蒸しパンと、濃いめの味付けのギョーザ味。おいしい。見た目も含めて、とてもよくできた惣菜パンだと思う。

しかも、豚まんより、ず~っとず~っと、お手軽。スーパーで、サッと買えて、袋だら出してパクッ

熱量207キロカロリー、炭水化物32.5g。

原材料

餃子フィリング(豚肉、水くわい、乾燥キャベツ、植物性たん白、醤油、おろしにんにく、パン粉、しょうが、乾燥たまねぎ、ラー油、砂糖、食酢、濃縮チキンスープ、食塩、ガーリックパウダー、こしょう)(国内製造)、小麦粉、砂糖、米粉、マーガリン、ぶどう糖、パン酵母、加糖脱脂粉乳、卵、発酵種、植物性たん白、食塩/加工デンプン、ソルビット、酢酸Na、調味料(アミノ酸)、乳化剤、グリシン、糊料(アルギン酸エステル)、イーストフード、環状オリゴ糖、グリセリンエステル、焼成Ca、V.C、カロテノイド色素、香料。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆・とり肉・豚肉。

栄養成分

熱量207キロカロリー、たんぱく質7.2g、脂質5.3g、炭水化物32.5g、食塩相当量1.3g。表示値は目安。

スポンサーリンク