トロペジェンヌ【ヤマザキ】の感想

トロペジェンヌ【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

トロペジェンヌ【ヤマザキ】上

2022年6月発売。新商品。購入価格149円。パンのサイズは、約10cm×9.5cm。

カスタードホイップをサンドした、ブリオッシュ。カスタードホイップは、北海道産バター使用。

「トロペジェンヌ」とは、南フランスの港町「サントロペ」発祥の、お菓子。

関西スーパーで、見つけました~。

一部のスーパーでは、5月25日より、先行発売しているそうですヨ。

食べてみた感想

トロペジェンヌ【ヤマザキ】断面

パンは・・・ふわっふわ。スッゴク、やわらか~い。

タマゴと、バター。モッチリとして、ジュワ~ッ。バターの油脂感が、ジューシー。ケーキみたい。甘め。

トッピングに、パールシュガー。固まってるような感じ。多いなぁ。

しっとり。まるで、ドーナツみたい。油で、少し、溶けたみたいな食感。

カスタードホイップは・・・た~っぷり。固めの泡立て。

バニラが香る~。ミルクの油の中で、タマゴが泳いでるような感じ。コクがある。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

トロペジェンヌ【ヤマザキ】斜め

2.9点。

クリームが、多すぎる。

ブリオッシュに挟まれた・・・たっぷりのカスタードホイップ。コレでは、まるで、マリトッツォの、2番煎じみたい。

ブリオッシュが、ふわふわすぎる。

こんな、ふわふわって、初めてかも。まるで、スポンジ。カップケーキ・スイーツみたいな感じ。

ホイップとブリオッシュの、食感のコントラスト。だって・・・ホイップより、ブリオッシュの方が、柔らかいんですヨ~。

ってか、ブリオッシュの、異次元の「ふわふわ」のせいで・・・・ホイップの固さが、際立ってしまっている。

コレは・・・イカン。

たっぷりのクリームが、ツライ・・・私の人生の中で、こんなコトがあって、いいんだろーか?

昔のショートケーキみたいな、コッテリ系。油っぽくて、シツコイ。ミルクやタマゴの、素材感も、イマイチ。

・・・そこへ、ズドーン。砂糖の爆弾が、落ちてきました~。甘ったるい、トッピングです~。

まぁ、デモ、「トロペジェンヌ」って、こーゆー、甘い、お菓子なんでしょうね。おフランスですからね。クレーム・ブリュレとか、そーゆー感じ。

個人的には、マリトッツォ・ブーム、続いてほしかったなぁ。

イタリアのスイーツは、とろとろ、アッサリなイメージ。ティラミスとか。やはり、ジェラート文化から、来てるんでしょーか?

熱量333キロカロリー、炭水化物41.6グラム。

原材料

カスタードホイップクリーム(国内製造)、小麦粉、糖類、マーガリン、全卵、パン酵母、バター、脱脂粉乳、食塩、牛乳、発酵風味料、植物油脂、食用精製加工油脂、でん粉、ナチュラルチーズ、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、卵黄、還元水あめ/グリシン、乳化剤、酢酸(Na)、セルロース、香料、増粘多糖類、カゼインNa、リン酸塩(Na)、酸味料、イーストフード、カロテノイド色素、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量333キロカロリー、たんぱく質5.8g、脂質15.9g、炭水化物41.6g、食塩相当量0.4g。表示値は、目安。

スポンサーリンク