板チョコ蒸し【神戸屋】の感想

2月 12, 2020

板チョコ蒸し【神戸屋】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

板チョコ蒸し【神戸屋】上から見た図

購入価格95円。パンのサイズは約14cm×5.5cm。

板チョコが丸ごと1枚入ったチョコ蒸しパン。

2022年2月、「パキふわ板チョコ蒸し」として、リニューアル新発売。

食べてみた感想

板チョコ蒸し【神戸屋】断面図

蒸しパンは厚みが薄め。でもふわっふわ~。やわらか~い。きめ細やか。しっとり。軽い食感。

ほろ苦い。すっごく濃厚なチョコ風味。

板チョコは底に敷いてある。分厚い~。ガリガリ。迫力の噛みごたえ。ほろ苦さは強いが、割とアッサリめのチョコ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

板チョコ蒸し【神戸屋】横から見た図

3.4点。

【神戸屋】の蒸しパンは、いつもビロードのような食感。とても美味しい。その上、思った以上に板チョコがぶ厚め。

コレは楽しい~。

板チョコクロワッサンとか、板チョコデニッシュに入ってる板チョコより分厚いと思う。ちょっとしたサプライズ。

チョコ&チョコのチョコづくし。

でも、板チョコクロワッサンに負けてない。ちゃんとコントラストもあるヨ~。

蒸しパンは軽くてふわふわ。頼りない食感。ケレドモ濃厚なチョコ風味。チョコに酔うような感じ。

板チョコは分厚く固くボリュームたっぷり。ケレドモ、アッサリチョコ風味。

そんな真逆のチョコがくちの中でとろけ合う。生チョコのようなクリーミィさを感じます~。

とても美味しい。ゴーカなチョコ感に満足感たっぷり。

原材料

チョコレート(国内製造)、液卵白、砂糖調製品(砂糖)、小麦粉、液全卵、食用植物油脂、油脂加工品、ココアパウダー、還元水あめ、乳等を主要原料とする食品、準チョコレート、洋酒、食塩/ソルビット、乳化剤、グリシン、膨張剤、加工デンプン、香料、酢酸Na、糊料(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、保存料(しらこたん白)、グリセリンエステル、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、着色料(カロチン、カラメル)。

アレルギー物質(27品目中)

乳成分・卵・小麦・さけ・大豆。

栄養成分

エネルギー293キロカロリー、たんぱく質4.9g、脂質14.0g、炭水化物37.9g、食塩相当量0.3g。表示値は目安。

スポンサーリンク