和三盆のプリン【ローソン】の感想

7月 14, 2020

和三盆のプリン【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

2020年7月14日発売。新商品。要冷蔵。270円。サイズは直径約6cm。高さは約3.5cm。

和三盆糖を使用したプリン。「きよらグルメ仕立て卵」の卵黄のみを使用。「きよらグルメ仕立て卵」とは、富士山麓の深海水で育った赤鶏の卵。

食べてみた感想

和三盆のプリン【ローソン】上から見た図

スプーンを入れてみる。

ぷるん。とろとろ~、ダケドぷるん。少々弾力のある昔ながらのプリン。きめ細やか。舌の上でとろりととろける~。

タマゴが濃い。濃密。ハッキリと卵黄とワカル。濃い濃いタマゴ感。

甘い。イチバンに舌に感じたのが、甘み。上品で優しい。まろやかな甘み。コレが和三盆の味なのか~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

和三盆のプリン【ローソン】横から見た図

3.5点。

カラメルすらも排除したシンプルなプリン。サイズは小ぶり。270円のお値段は高い。でもオバサンのバーゲンで鍛え抜かれたカン、発動。コレはゼッタイに「買い」だと。

「和三盆のプリン」・・・まさか砂糖が主役のスイーツがあるなんて?

あったワ~。和三盆は、ソレだけで、和菓子を表現している。なんとゆー上品な味。舌の上で、ザラザラと和三盆をダイレクトに味わってるような感じ。

そして「きよらグルメ仕立て卵」。なんとゆーキラキラネーム。ニワトリさんは、七夕のごとく、1年に1度の恋で、このタマゴを生んだんではないか?そーゆー妄想も生まれてしまう~。

「きよらグルメ仕立て卵」の卵黄と、和三盆。この2ツに尽きる。2ツの双璧がくちの中で舞う。クッキリハッキリとした素材感。

スッゴク和風。カステラみたいな・・・ってか、カステラそのもの。ホボホボカステラなプリン。

庶民的だったり、土産物的だったり、流行りのチャラいフワフワカステラ的では、断じてない。上質で上品。和菓子屋さんがひとつひとつ丁寧に手作りしたような、本格的で誠実なカステラ。

素晴らしい味わい。素材だけで食べる、大人のためのプリン。ただし、私は見かけは立派なオバサンだが、味覚はコドモ。

美味しいとは思うが、「きゃー、おいし~」ってゆー、「きゃー」が出てこない。上品さに圧倒されてしまう。気軽に食べる感じではない。居住まいを正さなきゃ。

ブタに真珠すぎてゴメン。でも、この素材感は、とっても楽しかったヨ~。

熱量181キロカロリー、糖質19.3g。

原材料

牛乳、卵、和三盆糖、グラニュー糖。

アレルギー物質

卵・乳成分。

同じ製造工場で小麦を含む製品を製造。

栄養成分

熱量181キロカロリー、たんぱく質5.9g、脂質8.8g、炭水化物19.7g、 糖質19.3g、食物繊維0.4g、 食塩相当量0.11g。推定値。

スポンサーリンク