神戸【パティスリー リッチフィールド】RICHTREE 2019の感想

1月 26, 2019

【リッチフィールド】RICHTREE 2019箱

【そごう神戸店】本館9階催会場にて開催中の「チョコレートパラダイス」に出店。2019年2月14日まで。

 

スポンサーリンク

パティスリー リッチフィールド

神戸の西部を中心に展開するスイーツ店。バウムクーヘンが有名。

  • リッチフィールド 西神中央店
  • 神戸市西区樫野台5丁目4-6 
  • TEL 078-996-7775 / FAX 078-996-7776 
  • OPEN am10:00-pm7:00
  • 定休日:不定休

西神中央店には【320 CONCEPTION】というカフェ併設。営業時間はam11:00-pm6:00(Lo.pm5:30)。休みは西神中央店より多いので公式サイトでチェックが必要。

他に名谷店、ブランチ学園都市店、そごう西神店がある。

商品説明

【パティスリー リッチフィールド】RICHTREE 2019上から見た図

5個入り。1836円。1個のサイズは長さ約5cm。幅は大きい方が約4.5cm。小さい方が1.5cm。賞味期限は2019年2月10日(2019年1月23日購入)。

タルトに木苺のジャム、チョコバウムを重ねてチョココーティング。コーティングはミルクとビターの2種類。ミルクが3個、ビターが2個。板チョコをトッピング。

タイトルに2019と銘打ってるからには毎年発売しているというコトかな?

【パティスリー リッチフィールド】RICHTREE 2019横から見た図

【パティスリー リッチフィールド】RICHTREE 2019ミルクの断面図
ミルクチョコ
【パティスリー リッチフィールド】RICHTREE 2019ビターの断面図
ビターチョコ

食べてみた感想

バウムクーヘンはしっとり。ホロッと崩れる。濃厚なチョコ味。ビター。生チョコみたい。クリーミィな口溶け。

タルトは柔らかめ。パイかクラッカーみたいな感じ。ホロホロ崩れる。

チョココーティングも厚め。濃厚。底も含め全面コーティング。チョコが濃厚すぎてタルトやジャムの味はほんのり。ほのかな酸味とコクのあるビスケットがキラリとアクセント。

厚めで固めのチョココーティングがメリリと割れて、中からとろけるクリームのようなチョコバウムクーヘン。この落差がたまらない。

板チョコはミルクチョコ。厚みがあり食べごたえのある食感。美味しい。

バウムクーヘンとタルトとジャムは同じみたい。チョココーティングの違い。ミルクもビターもとにかく濃厚なチョコ味。まさにチョコづくしのバウムクーヘン。

ほとんどチョコのようなバウムクーヘン。バレンタインにふさわしい感じ。めっちゃくちゃ美味しい。足りない。もっと食べた~い。

あれま。着色料に赤40と黄4と黄5など使用。

バレンタインチョコはとっても華やかな世界。目立ってナンボ。着色料を使用しているチョコは多い。だがコレはほぼチョコレート色。使ってるとは想像してなかったなぁ。

チョコレート色以外の色は少ないのでたいした量ではないのかもしれない。ただ気にしてる人は注意した方がいいかも。

原材料

卵、砂糖、小麦粉、生クリーム、バター、アーモンド、ショートニング、カカオバター、カカオマス、ココナッツミルクパウダー、ココアパウダー、全粉乳、脱脂粉乳、木苺、洋酒、塩、リンゴ/加工デンプン、トレハロース、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、炭酸水素ナトリウム、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、香料、着色料(赤40、黄4、5、二酸化チタン)。

スポンサーリンク