ショコラプロムナード2019【大丸神戸店】の感想

1月 31, 2019

さくらパンダ ティラミスチョコレート詰合せ【大丸・松坂屋】箱の中身

今年も来てしまったバレンタイン。やめようやめようと思いつつ引き寄せられる。いにしえからチョコに魅せられるのは女性。かかりたいのはチョコの魔法なのか愛の魔法なのか?女性なら誰でもわかってるハズ。

日常的にチョコを食べてるが、やはりバレンタインチョコは特別。チョコの持つ神秘に身を任せあんぐりと頬張る。1年に1度のゼータクじゃ~。やっちまったぁ~。

 

スポンサーリンク

ショコラプロムナード

2019年1月16日(水)より1階メインステージ横特設会場にて開催中。1月23日(水)より9階イベントホールにても開催中。2019年2月14日(木)まで。最終日は18時閉場。

1階メインステージ横特設会場には【クラブハリエ】他が出店。とりあえず9階へGO!!

初日午前11時半ごろ到着。おぉ盛況盛況。だが行列はひとつ。限定販売などのブース。並ぶ。ここまではとってもスムーズ。

お目当ての「窯出しタルト 濃厚ショコラ」、「焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ」、「さくらパンダティラミスチョコレート詰合せ」、「ヴァンサン・ゲルレ」購入。

ショーケースの一番手前で購入。ショーケースの全体が他のお客で見えにくい位置。「窯出しタルト 濃厚ショコラ」は最後の1個(?)をゲット。コレで焦り爆発~。

実は「ヴァンサン・ゲルレ」は迷い中だったハズ。高すぎるのだ。「もっと安いヴァージョンがあれば。」と思っていたが・・・ひとつだけだった~。見本はなし。ビスケット型のチョコに惹かれていたがやめればヨカッタ~。

本格的なチョコ、度肝を抜く色彩のチョコ、日本酒のボンボン、可愛らしいモチーフのチョコなどいくら見て回っても迷ってしまう。そんな時の強い味方が試食。

多くのお店が試食を用意。いくつか試食させてもらった~。すっごく美味しい。ついつい買ってしまう~。

今回もこの期間しか味わえないソフトクリームなども並ぶ。冬にもかかわらずイートインスペースでソフトクリームに舌鼓を打つ女性たちも目立つ。

連れと周るともっと試食できただろうな。すっごく楽しいと思う。そんな時ひときわ華やかな笑い声が響いてくる。

振り向くと【エドワート】。数々の受賞歴のある若きショコラティエの店。ショコラティエが来店してるようだ。

険しくそびえ立つマッターホルンのように背が高い男性。天を仰ぐように見上げると・・・すげーイケメン~~。

英語かな?何を話してるのかわからなかったが・・・。思い出すのは昔の映画。男性が女性にその場で苺を摘みとり食べさせてくれるという印象的なシーン。

イケメンショコラティエが目の前でチョコを作り、優しくくちに放り込んでくれたなら・・・・間違いなくとろける自信がある~。この世に魔法が存在するコトを証明してしまうだろう。コレは誰でも買っちゃうよ~。

最後に【銀座鈴屋】の「渋皮栗しょこら」を試食。栗の甘納豆にチョココーティング。おっきな栗。ホックリとした栗の味だが甘納豆の味付け。4個で1080円。すっごく美味しかった~。ありがとうございま~す。

ショコラアソート5【ヴァンサン・ゲルレ】

ショコラアソート5【ヴァンサン・ゲルレ】箱

ショコラアソート5【ヴァンサン・ゲルレ】の感想

ガレーバー ダークプラリネウォールナッツ【ガレー】

ガレーバー ダークプラリネウォールナッツ【ガレー】パッケージ写真

ガレーバー ダークプラリネウォールナッツ【ガレー】の感想

さくらパンダ ティラミスチョコレート詰合せ【大丸・松坂屋】

さくらパンダ ティラミスチョコレート詰合せ【大丸・松坂屋】箱

さくらパンダ ティラミスチョコレート詰合せ【大丸・松坂屋】の感想

焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ【ベイクドマロウ】

焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ【ベイクドマロウ】箱

焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ【ベイクドマロウ】の感想

窯出しタルト 濃厚ショコラ【SIX COFFEE&CHOCOLATE】

北海道【SIX COFFEE&CHOCOLATE】窯出しタルト 濃厚ショコラ箱

北海道【SIX COFFEE&CHOCOLATE】窯出しタルト 濃厚ショコラの感想

感想

今年は真面目なチョコレートを買お~と思ってたのに・・・フタを開けてみれば、ほとんど限定品じゃないか~。

「焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ」と「窯出しタルト 濃厚ショコラ」は「1回食べてみたいな」ぐらいの軽いキモチ。だが、思いのほか超絶美味しかった~。【大丸神戸店】の限定品侮れぬ~。初日に並んで買っただけの価値はある~。

ルックスに惹かれて買ってしまった【ヴァンサン・ゲルレ】と「さくらパンダ ティラミスチョコレート詰合せ」は双方ともに微妙な結果。

【ヴァンサン・ゲルレ】は想い出づくりみたいなモノだったが、いい想い出とはならず残念。

「さくらパンダ ティラミスチョコレート詰合せ」は多すぎ。一番人気の「ココア」だけにすべきだった~。やはり一番人気には理由がある。

予定になかったが購入してしまった【ガレー】。すっごく美味しくてリーズナブル。一番のオススメ。

それにしても・・・ネットよりやはり紙パンフが見やすい。年だな~。紙パンフを前もってゲットできてれば、もっと予習できたのになと思う。

パンフのトップを飾るのは超ラグジュアリーかつ超高級かつ超レアな「プレミアムショコラ」。人を選ぶショコラではないだろうか?【ヴァンサン・ゲルレ】はココの部類に入る。

お次が「ラグジュアリーショコラ」。超ラグジュアリーかつ超高級だが比較的手に入りやすいというトコかな?

高級なショコラにはフランスのブランドが多いようだ。やはり愛の国だからなのか?カンケーないしどーでもいいか。

パンフを見て気になったのは2つ。鎌倉発祥のアロマ生チョコレート専門店【ca ca o】。「純米酒 雪男」を贅沢に使った生チョコ。箱もカワイイ。2160円。16粒入り。

もうひとつはスイスを代表するチョコレートブランド【レダラッハ】。ミツバチのカタチのチョコが可愛すぎ。結局ルックスかよ~。懲りない私~。2160円。5個入り。

来年はもっと準備して参戦するぞ~。

スポンサーリンク