ビスケットサンドケーキ【ヤマザキ】の感想

ビスケットサンドケーキ【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

ビスケットサンドケーキ【ヤマザキ】上から見た図

2020年7月発売。新商品。購入価格140円。ケーキのサイズは約13cm×5cm。

ビスケット生地とパールシュガーをトッピングしたサンドケーキ。ほんのり塩味。

食べてみた感想

ビスケットサンドケーキ【ヤマザキ】断面図

サクサク、ジャリジャリ、パールシュガー。トッピングとかいう量じゃないぞ?

パールシュガーの層がある・・・・。コワイ。白いアクマ。甘い。

ビスケット生地は厚みが、薄め。ってか、ガーン。パールシュガーより薄い層。

柔らかい。細かいソボロをくっつけたような感じ。バターかマーガリンのような、ビスケットらしいコク。こんがり香ばしい。

ケーキはふんわり。きめ細やか。フレッシュ感が少なめ。

クリームは柔らかい。バタークリームっぽいコク。バニラクリームかな?

ビスケットサンドなんかに、よくあるようなクリームを、柔らかくしたような感じ。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。
 

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

ビスケットサンドケーキ【ヤマザキ】横から見た図

2.5点。

まずはスポンジ。ハッキリ言って・・・ショボめ。保存の効くケーキのクオリティ。あまりにも均一的なきめ細やかも、少々イラッ。いかにも工場生産という感じ。

クリームはスポンジ程じゃない。「ショボめ」に片足だけ突っ込んでる感じ。

唯一美味しいと言えるビスケット生地は、少なめ。柔らかすぎ。スポンジと食感が、かぶってる。パールシュガーのザクザクが間に入ってるが・・・あんまりウレシクない。

「ビスケットサンドケーキ」・・・思ってたイメージとチガウ。

クオリティは低めだが、テーブルにあれば食べる。バラエティに富んだ、飽きない味ではある。コーヒーや紅茶のお供にはなると思う。

熱量491キロカロリー、炭水化物50.9g。ともに高め。

原材料

液全卵(国内製造)、上白糖、小麦粉、グラニュー糖、ミックス粉(小麦粉、グラニュー糖、でん粉、ショートニング、植物油脂)、ファットスプレッド、マーガリン、水あめ、パールシュガー、液卵白、液卵黄、乳化油脂、植物油脂、粗糖、砂糖混合異性化液糖、食塩、バター/乳化剤、加工デンプン、膨脹剤、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、香料、調味料(無機塩)、酸化防止剤(V.E)、カロテノイド色素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分

熱量491キロカロリー、たんぱく質4.8g、脂質29.8g、炭水化物50.9g、食塩相当量0.3g。表示値は目安。

スポンサーリンク