今川焼き風ケーキ(小倉あん&マーガリン)【ヤマザキ】の感想

今川焼き風ケーキ(小倉あん&マーガリン)【ヤマザキ】パッケージ写真

 

スポンサーリンク

商品説明

2019年2月発売。新商品。購入価格135円。パンのサイズは約8.5×8.5cm。

小倉あんとマーガリンをサンドしたケーキ。今川焼きをイメージ。

今川焼き風ケーキ(小倉あん&マーガリン)【ヤマザキ】上から見た図

今川焼き風ケーキ(小倉あん&マーガリン)【ヤマザキ】横から見た図

今川焼き風ケーキ(小倉あん&マーガリン)【ヤマザキ】中身はこんな感じ

食べてみた感想

今川焼きは卵風味のカステラっぽい生地。ふんわり柔らかい。きめ細やか。しっとり。そしてすごくモッチリ。モッチリが特徴。

あんこはたっぷり。つぶつぶの粒あん。甘いがあんこなのでしょーがない。

マーガリンは少ない。クリーミィ。油っぽさでマーガリンとワカルが、少なすぎて印象は薄い。ほぼあんこにほんのりとした塩気でアクセント。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.0点。

今川焼き・・・

今川焼き。聞いたコトはあるが食べた記憶はない。いろんな種類があるのかと思ってたがチガウらしい。

全国各地にいっぱい名称があるのだ~。

大判焼き。全国各地で呼ばれている。コレも聞いたコトあるぞ。

回転焼き。カナリ長い間フィクションだと思ってた~。コミック「じゃりン子チエ」の中だけで存在するのかと。大阪等では本当にこの呼び方が存在するらしい。

太鼓饅頭、太鼓焼きなども聞いたコトある。見たコトなかったが、コレも今川焼きのカタチなのか~。

そして御座候。この名称が一番馴染み深い。やはり兵庫県民。兵庫県姫路市の和菓子などを作ってる会社「御座候」。ココの看板商品が会社名を冠した「御座候」。

屋台で売ってるのを見たコトはあるが買おーと思ったコトはない。鯛焼きをさしおいて今川焼きを買うイミがワカンナイ感じ。

今川焼きの名称はウィキペディアより引用。他にも全国各地の呼び名が紹介されている。

評価の感想に戻る

今川焼きを食べたコトない私が言うのもナンだが・・・コレは今川焼きそのものじゃァないだろーか?

あんこたっぷり。ほとばしるカステラ感。そして私にとってはイラナイ・モッチリ感。カンペキに和菓子。和菓子は苦手。

何度も言う。今川焼きは買おーと思わない。欲しかったのは「今川焼き”風ケーキ”」。【ヤマザキ】風の”風ケーキ”に期待したんだぞ~。

素朴な郷土菓子っぽい感じ。美味しいと思う。だが郷土菓子を超越した味わいを期待してしまった私が悪いのか・・・?

美味しいコトは間違いない。和菓子好きや今川焼き好きは気に入ると思う。

原材料

つぶあん、ミックス粉(砂糖、小麦粉、粉あめ、でん粉、植物油脂、食塩、脱脂粉乳)、卵、マーガリン、水あめ、乳化油脂、植物油脂/加工デンプン、膨脹剤、乳化剤、酢酸Na、香料、グリシン、グリセリンエステル、酸化防止剤(V.E)、酵素、カロテノイド色素。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分表示

熱量366キロカロリー、たんぱく質5.9g、脂質15.9g、炭水化物49.8g、食塩相当量0.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク