バックハウスイリエ【そごう神戸店】の感想

1月 2, 2019

所用で三宮へ。時は大晦日の前日。どこもかしこも人、人、人の大賑わい。せっかくだからお菓子を調達したい。だが・・・。

2018年12月1日、関西初上陸の【ジ・アレイ】。台湾発ティ―スタンド。やっと神戸にも台湾カフェ~。

お目当ては「ベイクドバーマフィン」と「スチームドマフィン」。そごう神戸のウイング館まで行ったのに行列~。ギッシリ~。1時間待ち~。

そごうのデパ地下も随分売り場が変わってた~。阪急化に向けてまっしぐら?

ココでも行列、行列&行列~。新店が軒を連ねる。【ガトーフェスタハラダ】、【五感】、【ファウンドリー】。ナゼか【フロインドリーブ】も行列に参加。年末商戦凄まじい。

2018年10月31日にオープンしたハズの【バックハウスイリエ】。見つかりにくいと思ったら、ピロシキのお隣り。【聖庵】のあったトコでした。

こじんまりとしたスペース。パンの種類は多くない。人気ナンバーワンはやはり「クリームパン」。2位は「ぜんざいあんぱん」、3位は「朝挽き特濃ピーナッツコッペ」。

「クリームパン」は決めてたケド「朝挽き特濃ピーナッツコッペ」が売り切れだったのは残念。時間は午後2時。年末だったからかもしれない。

 

スポンサーリンク

バックハウスイリエ

看板商品「クリームパン」が百貨店の催事で大人気。

【Henri Charpentier】で有名な【シュゼットグループ】のブランドとして現在関西で4店舗展開。

  • 園田本店 
    兵庫県尼崎市東園田町2-48-2
    TEL:06-6494-6353
  • 大丸梅田店
    大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店 B1F 東側
    TEL:06-6343-1231
  • 阪神にしのみや店
    兵庫県西宮市田中町1-26 阪神百貨店 阪神・にしのみや1F
    TEL:0798-36-0080
  • 神戸そごう店
    兵庫県神戸市中央区小野柄通8-1-8 そごう神戸店本館B1F
    TEL:078-200-7870

クリームパン

バックハウスイリエ【そごう神戸店】上から見た図

189円。

バックハウスイリエ【そごう神戸店】横から見た図

バックハウスイリエ【そごう神戸店】中身はこんな感じ

クリームたっぷり。

表面の皮はツヤツヤ。こんがり。トッピングにスライスアーモンド。

パンはしっとり柔らかい。底のパンは皮のように薄い。クリームが染み込んですごくしっとり。とろっと柔らかい。

クリームはとろとろ。ふるふる柔らかい。黄身の赤っぽい感じが感じられる。濃い卵の味かなと思えば、濃いミルクの味もふわ~っ。プリンみたいな味。

素朴で美味しい。定番クリームパンという感じ。

シナモンロール

バックハウスイリエ【そごう神戸店】上から見た図

216円。

バックハウスイリエ【そごう神戸店】横から見た図

バックハウスイリエ【そごう神戸店】中身はこんな感じ

デカイ。ギッシリとした生地。固め。しっとり。油っぽい。

シナモンはスパイシー。エキゾチックな濃い風味。噛みしめるとスパイシーな旨みがふわ~っと広がる。

トッピングはクリームのようなアイシング。甘い。少しほろ苦い。コーヒー?キャラメル?ナッツか。香ばしくてとても美味しい。

アイシングがないトコは割とシンプル。シナモン風味が強く甘みは控えめに感じる。表面はサクッとこんがり焼き上げている。

シンプルだが美味しい。

食パン(技もっちり)

バックハウスイリエ【そごう神戸店】食パン(技もっちり)ローフ

378円。

原材料・・・小麦粉、砂糖、バター、パン酵母、食塩、脱脂粉乳、モルトフラワー、アセロラパウダー、α-アミラーゼ、ヘミセルラーゼ、増粘剤(グァーガム)、ビタミンC。

同じ製造工場で落花生を使用した製品を製造。

バックハウスイリエ【そごう神戸店】食パン(技もっちり)スライス

まずは生食。

小麦の香りがとても香ばしい。

しっとり。ふわふわ柔らかい。噛みアトがぱふんと潰れる。ねっとり。クリーミィな粘り気。

トースト。

サクサク。香ばしさがグッと増す~。小麦の旨みたっぷり。中はふわふわ。しっとり。ぷるんとした感じがクリーミィ。

ミミもサクサク。香ばしく砕ける。

小麦の風味を楽しみながらぷるん。定番のオーソドックスな食パンながらぷるん。とっても美味しいが、やりすぎてないぷるん。食べ飽きない感じ。

感想

素朴でシンプル。地元に愛される街のパン屋さん。

奇をてらったパンではなく定番が並ぶ。昔ながらの安心感が世代を超えて受け入れられる。定番だからこそ品質にこだわり丁寧に焼いている感じ。

品数は少なめだったが、誰もが大好きなパン。高級ブランドが立ち並ぶデパ地下のほっとできるスペースじゃないだろうか。

スポンサーリンク