餃子パン【第一パン】の感想

餃子パン【第一パン】パッケージ写真

スポンサーリンク

 

商品説明

2019年2月発売。新商品。購入価格95円。パンのサイズは約14cm×9cm。

餃子をイメージしたパン。にんにくペースト・オイスターソース入りの餃子の具を包んだ白パン。

温め推奨(メーカー)。

袋の口を少し開いて電子レンジ加熱。加熱時間の目安は500Wで約30秒。1500Wで約10秒。

今月の【第一パン】は中華の人気メニューを取り入れたパンを3種類発売。

  1. 焼売(しゅうまい)パン
  2. 四川風麻婆春雨パン
  3. 餃子パン

餃子パン【第一パン】上から見た図

餃子パン【第一パン】横から見た図

餃子パン【第一パン】中身はこんな感じ

食べてみた感想

見た目はイタリアのカンツォーネ。巨大餃子みたいなカタチの包みピザ。クリームパンに見えなくもない。間違えないよう注意~。

パンはふわふわ。柔らかい。しっとり。モッチリ。

フィリングはゼリー状に固めてる感じ。ニンニクがすっごく効いてる。ニラもかな?濃厚なニンニク風味と香りがグワーッ。肉とキャベツの餃子味。醤油系のすごく濃い味付け。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

2.6点。

フィリングのドロッとした感じが生のソースみたいで・・・少々キモチワルイ感じ。温めた方がよかったかもしれない。パンはふわふわで美味しい。生で食べたい感じ。

餃子っぽい感じはある。

「焼売パン」も買ってみた~。どちらがよかったかとなると・・・迷う。パンは「餃子パン」の方が美味しい。フィリングは「焼売パン」かなぁ。

「餃子パン」はニンニクが濃すぎ。受け付けない人は受け付けないと思う。

カロリー、炭水化物ともに低め。

原材料

小麦粉、餃子フィリング(キャベツ、胡麻油、小麦粉、長ねぎ、粒状大豆たん白、醤油、豚肉、鶏肉、ニラ、その他)、マーガリン、パン酵母、パネトーネ種、食塩、砂糖、植物性たん白、乳化油脂、卵、発酵風味料/糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、加工デンプン、ソルビトール、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、乳化剤、イーストフード、甘味料(ステビア)、保存料(ポリリジン)、着色料(ラック、カラメル、カロチノイド)、香料、ビタミンC。

アレルギー物質

小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉。

栄養成分表示

エネルギー227キロカロリー、たんぱく質7.3g、脂質6.5g、炭水化物35.1g、食塩相当量1.5g。表示値は目安。

スポンサーリンク