北欧風シナモンロール【タカキベーカリー】の感想

北欧風シナモンロール【タカキベーカリー】パッケージ写真

スポンサーリンク

 

商品説明

2018年12月発売。新商品。パンのサイズは約14.5cm×8cm。

カルダモンの効いたオリジナルのシナモンフィリングを巻き込み、焼き上げた北欧風のシナモンロール。トッピングにアイシング。

北欧風シナモンロール【タカキベーカリー】上から見た図

北欧風シナモンロール【タカキベーカリー】横から見た図

北欧風シナモンロール【タカキベーカリー】中身はこんな感じ

食べてみた感想

パンはギッシリとした生地。卵のコクがカステラっぽく、ブリオッシュっぽくもある。フルーツのないフルーツケーキのような、熟成されたような風味豊かな味わい。

シナモンフィリングの独特の風味。砂糖の甘みと重なり合いスパイシーすぎず上品で爽やか。濃厚で深い味わい。ひと瓶100円のシナモンパウダーとは比べるべくもない。

アイシングは全面。パリリッと固め。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.8点。

コレめっちゃくちゃ美味しいィィィィィ!!!

ペリパリと繊細なアイシングが砕け散るとくちの中にシナモンの豊かな風味が広がる。ギッシリと詰まった程よい重量感のあるパンはシナモンの独特の風味に負けず、美味しさを主張。

シナモン風味とパンのギッシリ感は体があったまる感じ。北欧の寒さもコレで吹っ飛ぶ~。

コレほど美味しさをテンコ盛りにしておきながら、甘ったるさはなくしつこくもない。シナモンの力強い風味に砂糖は対抗してない。寄り添う感じ。アイシングもしかり。絶妙のバランス。

激ウマだ。

クリームの持つ至福さとは少しチガウ。とても上品。だがハマる美味しさ。

先月は【第一パン】の「北欧風シナモンロール」を食べた。

フィンランドのシナモンロールは「コルヴァプースティ」と言って「平手打ちされた耳」というイミだそうだ。

【タカキベーカリー】の「北欧風シナモンロール」は平手打ちされてない耳に見える。耳たぶたっぷり。ふくよかな福耳。可愛さとともに福も運んでくれそう。

カロリー、炭水化物ともに意外と低め。

原材料

小麦粉(国内製造)、油脂加工食品(砂糖、植物油脂、デキストリン)、マーガリン、砂糖、液卵、液卵黄、黒糖、パン酵母、はちみつ、シナモンパウダー、食塩、発酵風味料、食酢、カルダモン/トレハロース、乳化剤、香料、V.C、着色料(カロチノイド)、酸化防止剤(V.E)。

はちみつ使用。満1歳未満のお子様が召し上がらないようにご注意くださいとのコト。

アレルギー物質

小麦・卵・乳成分・大豆。

同じ製造ラインで小麦、卵、乳成分、落花生を含む製品を製造。

栄養成分表示

エネルギー309キロカロリー、たんぱく質4.4g、脂質16.7g、炭水化物34.6g、食塩相当量0.4g。表示値は目安。

スポンサーリンク