おやまのけーき【フジパン】の感想

4月 25, 2019

おやまのけーき【フジパン】パッケージ写真

メルヘンチックなパッケージ。カワイイひらがなのタイトルが「日本昔話」ちっく。

山の名前のついたスイーツと言えば、モンブランだのマッターホルン。そびえ立つ険しい山に純白の雪のイメージ。イラストのお山はどー見ても裏山だなぁ。カワイイけど。

 

スポンサーリンク

商品説明

おやまのけーき【フジパン】上から見た図

2019年3月発売。新商品。購入価格116円。ケーキのサイズは約9.5cm×8cm。

スポンジケーキでミルクホイップをサンドしたケーキ。

原材料

ミルクホイップクリーム、卵、小麦粉、砂糖、加工油脂、ホワイトチョコレート、ショートニング、食塩/ソルビトール、乳化剤、膨脹剤、酢酸Na、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類、CMC)、セルロース、香料、メタリン酸Na、グリシン、pH調整剤。

アレルギー物質

卵・乳成分・小麦・大豆。

栄養成分表示

エネルギー270キロカロリー、たんぱく質4.3g、脂質9.0g、炭水化物42.9g、食塩相当量0.55g。表示値は目安。

食べてみた感想

不安定に見えるケド、しっかりとくっついてます~。

おやまのけーき【フジパン】横から見た図

スポンジはふんわり柔らかい。しっとりとしたケーキ。卵風味でホットケーキっぽいコク。きめ細やか。すっごく軽やかな味わい。

ホイップはたっぷり。ミルキー。ねっとり。コクのあるホイップ。程よい甘み。

評価

おやまのけーき【フジパン】断面図

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.5点。

おやま。

スポンジのお山が自然に落ちてきたようなナチュラルな感じ。作った人は天地創造をしてる気分だったに違いない。

神戸っ子は違うイメージを持つ。そう。【元町ケーキ】の「ざくろ」。柔らかいスポンジケーキを手で割ったような素朴なケーキ。

愛媛っ子が思い浮かべるのは、多分【亀井製菓】の「まったーほるん」。

卵たっぷりのスポンジでホイップを包むというスイーツは鉄板。そこかしこの地方に存在するのかもしれない。

アッサリとした味わい。とっても軽い。全体的に甘さ控えめ。とっても美味しい。

切りっぱなしのスポンジのような素朴な盛り付け(実際はキレイにカット)。手作りっぽい。「ママが選んだ」ではなく「ママが作った」という感じ。とっても家庭的。

スポンサーリンク