2019年ヘルシオ新製品【シャープ】おすすめ機種&徹底比較!

5月 24, 2019

ヘルシオ【シャープ】

「水で焼く」の元祖【シャープ】の「ヘルシオ」。過熱水蒸気による調理は  減塩、減油、低酸素調理で栄養素キープ。健康を気遣う人達に絶大なる人気を誇る。

今回は「ヘルシオ」の最新機種の違いについて調べていきたいと思います。

【シャープ】、【東芝】、【日立】、【パナソニック】の大手メーカー4社のオーブンレンジを比較&説明した記事はコチラ。

2019年大手メーカー4社を徹底比較!おすすめオーブンレンジの選び方

ヘルシオ【シャープ】2016年の機種「AX-XW300(30L 2段調理)」の使用感&「AX-XW500(30L 2段調理)」との違いなどのレビュー記事はコチラ。

2018年ヘルシオ【シャープ】を買ってみた感想

 

スポンサーリンク

過熱水蒸気ってナニ?

過熱水蒸気とは水蒸気をさらに加熱した100度以上の気体。

最新のオーブンレンジは過熱水蒸気機能を搭載したモノが多い。ただし一般的な過熱水蒸気オーブンレンジは 過熱水蒸気の他、レンジやヒーターなどによる複数の加熱を組み合わせた調理法が主流。 ヘルシオは基本的に過熱水蒸気だけで調理。ソコが「ウォーターオーブン」 と呼ばれる所以。

ヘルシオの過熱水蒸気は従来のオーブン加熱の約8倍の大きなパワーを持つ。水に強いステンレス庫内と高密閉ドアシールド構造で過熱水蒸気を庫内に充満。

減塩、脱油、低酸素調理(ビタミンCやポリフェノールといった抗酸化物質もキープ)を実現。

過熱水蒸気については下記公式サイトを参考。

ヘルシオと過熱水蒸気オーブンレンジって何が違うの? | ウォーターオーブン ヘルシオ:シャープ

設置スペースを確保しよう。サイズと重量をチェック。

まず考えなくてはいけないのが容量。一応の目安は下記の通りらしい。

  • 20L・・・・・ひとり暮らし
  • 20~25L・・・2人家族
  • 26~29L・・・3~4人家族
  • 30L以上・・・4人以上の家族

価格.com – 電子レンジ・オーブンレンジの選び方を参考。

個人的には「人数で分けるのは大雑把すぎるんじゃないかな?」と思う。オーブンレンジをよく使うかどうかで変わってくるんじゃないのかな?大は小を兼ねる。大きい方がいいに決まってる。

だが設置予定スペースに置けるのか?置けないのか?それが問題だ。

「ヘルシオ」のラインナップは「30L 2段調理」が2種類。「26L 1段調理」が2種類。「18L 1段調理」が1種類。

コレだけ見ると「18L 1段調理」がコンパクトなのかなと思う。そこに盲点がある。

実は残り4種類は左右・後ろピッタリ置きが可能。「18L 1段調理」は後ろピッタリ置きだけなのだ~。左右5cm以上、つまり合わせて10cm以上のスペースを要する。左片寄(左2cm右8cmなど)や右片寄も可能。だがトータルのスペース的にはやはり10cm以上必要。

横幅は全て49cmなので「18L 1段調理」だけが59cmのスペースが必要となる。

奥行きは「18L 1段調理」が1番短い。40cm。ハンドル入れて45cm。他の機種はハンドル入れて50cm前後。

上方は10cm以上開ける必要がある。予定設置スペースの上に棚板がある場合は注意が必要。

さらに重要なのは重量だと思う。レンジ台の荷重もチェックしなくてはならない。

重量は容量に比例。「18L 1段調理」は約17キロ。「26L 1段調理」は約21キロ。「30L 2段調理」は24~25キロ。

製品ラインナップ

2018年度発売。「ヘルシオ」の最新機種は5種類。

  1. AX-XW500(30L 2段調理)
  2. AX-AW500(26L 1段調理)
  3. AX-XS500(30L 2段調理)
  4. AX-AS500(26L 1段調理)
  5. AX-CA450(18L 1段調理)

AX-XW500(30L 2段調理)

最上位機種。「こだわり火加減メニュー(あぶり豊潤焼きメニューを含む)」と「スピード焼き・蒸し100メニュー」があるのはこの機種のみ。

「あぶり豊潤焼き」とは高温と低温を絶妙に組み合わせた調理方法。塊肉の表面を高火力で一気に焼いて旨みを閉じ込める。その後低温でじっくり加熱。難しい火加減を自動で調節。ローストビーフ、ローストポークなど。サイズの違うお肉も自動でおまかせ。ただし幅9cm以下、厚み6cm以下のもの。

まかせて調理では下段で同時加熱(惣菜あたため・炒飯)。2品同時あたため。スポットスチーム(少量蒸しあたため)。

最高温度が300度。300度の運転時間は約10分。その後、自動的に250度に。熱風コンベクション。

赤外線ムーブ・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部は大型タッチパネルカラー液晶。音声操作・音声対話機能付き。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は466(431)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)2枚。調理網はハーブサイズのが2枚。フッ素加工で使いやすい。熱くなった角皿を持つためのミトン付き。

AX-AW500(26L 1段調理)

上位機種。

2品同時あたため。スポットスチーム(少量蒸しあたため)。オーブン温度は100~250度。

赤外線ムーブ・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部は大型タッチパネルカラー液晶。音声操作・音声対話機能付き。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は264(227)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)1枚。調理網はハーブサイズのが2枚。フッ素加工で使いやすい。ミトン付き。

AX-XS500(30L 2段調理)

まかせて調理では下段で同時加熱(惣菜あたため)。

最高温度が300度。240度・250度・300度の運転時間は約5分。その後、自動的に230度に。熱風コンベクション。

赤外線・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部は大型ホワイトバックライト液晶。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は175(87)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)2枚。調理網は角皿サイズが1枚。ミトンなし。

AX-AS500(26L 1段調理)

オーブン温度は100~250度。

赤外線・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部はホワイトバックライト液晶(でか文字)クックブックメニュー数(自動メニュー数)は182(144)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)1枚。調理網は角皿サイズが1枚。ミトンなし。

AX-CA450(18L 1段調理)

容量が小さいだけでなくスペックも低い。

他の機種にはあるレンジ機能の「好みの温度あたため」やスチーム機能の「ソフト蒸し(70~95度)」がない。

「まかせて調理」もなく代わりに「カンタン焼き・蒸し」がある。違いは下記の通り。

「まかせて調理」は、食材の温度や分量によって加熱方式や時間を自動で調整し、更に「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つの加熱から選択できます。

一方、「カンタン焼き・蒸し」は、食材の温度や分量を見分けることができないので、ある程度決められた材料や分量で、ほぼ固定のタイムで調理します。また、「焼き」と「蒸し」の2つの加熱からしか選択できません。冷凍ものもできません。

オーブン温度は100~250度。

レンジでの解凍は全解凍のみ。他の機種にはあるサックリ解凍がない。違いは下記の通り。

サックリ解凍は、包丁がやっと入る状態まで解凍します。
使う分だけ切り分けて、残りを再冷凍するときやさしみとして用いるときの解凍にお使いください。

全解凍は、すぐに調理できる状態に解凍します。
ハンバーグやすき焼き、焼き魚などをするときの解凍にお使いください。

サックリ解凍と全解凍の違いは? Q&A情報(文書番号:139959):シャープ

絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部はホワイトバックライト液晶。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は160(115)。

他の機種にはある除菌機能(食器コース・キッチン用品コース)なし。

付属品は角皿(313×313mm)1枚。この機種だけ角皿が小さめ。他の機種は角皿のサイズは同じ。調理網は角皿サイズが1枚。ミトンなし。

情報は公式パンフレットを参考。詳細な違いは公式サイトの表で確認お願いします。

製品ラインアップ(2018年度モデル) | ウォーターオーブン ヘルシオ:シャープ

まとめ

「ヘルシオ」はタイトル通り、ヘルシーさが魅力。

特に上位機種は魅力的な機能が満載。目移りしちゃう。でもオーブンレンジは大型のモノが多いんです。

予算と設置スペースをにらみながらの厳しい検討になると思います。でも便利な機能はほしい。悩ましいです~。

おすすめはやはり「AX-XW500(30L 2段調理)」。熱風コンベクションの2段オーブンレンジ。高機能&音声操作・音声対話機能付き。

音声操作・音声対話機能がいらないなら、「AX-XS500(30L 2段調理)」も安くておすすめです(機能は多少劣ります)。

スポンサーリンク