2019年ヘルシオ新製品【シャープ】おすすめ機種&徹底比較!!

9月 28, 2019

ヘルシオ【シャープ】

「水で焼く」の元祖【シャープ】の「ヘルシオ」。過熱水蒸気による調理は  減塩、減油、低酸素調理で栄養素キープ。健康を気遣う人達に絶大なる人気を誇る。

2019年度版「ヘルシオ」の最新機種が発表されました~。増税前に購入を検討している方は要チェックですね~。

2019年度発売の新機種は各メーカーとも時短メニューを充実させてきましたね~。

ヤッホー。「ヘルシオ」も新機種全てに「レンジで1品」メニュー搭載。もう「パナソニック」の「ワンボウルパスタ」を羨む必要なし。「ヘルシオ」でもボウルでパスタできちゃうもんね~。

【シャープ】、【東芝】、【日立】、【パナソニック】の大手メーカー4社のオーブンレンジを比較&説明した記事はコチラ。

2019年大手メーカー4社を徹底比較!おすすめオーブンレンジの選び方

ヘルシオ【シャープ】2016年の機種「AX-XW300(30L 2段調理)」の使用感&「AX-XW500(30L 2段調理)」との違いなどのレビュー記事はコチラ。

2018年ヘルシオ【シャープ】を買ってみた感想

 

スポンサーリンク

過熱水蒸気ってナニ?

過熱水蒸気とは水蒸気をさらに加熱した100度以上の気体。

最新のオーブンレンジは過熱水蒸気機能を搭載したモノが多い。ただし一般的な過熱水蒸気オーブンレンジは 過熱水蒸気の他、レンジやヒーターなどによる複数の加熱を組み合わせた調理法が主流。 ヘルシオは基本的に過熱水蒸気だけで調理。ソコが「ウォーターオーブン」 と呼ばれる所以。

ヘルシオの過熱水蒸気は従来のオーブン加熱の約8倍の大きなパワーを持つ。水に強いステンレス庫内と高密閉ドアシールド構造で過熱水蒸気を庫内に充満。

減塩、脱油、低酸素調理(ビタミンCやポリフェノールといった抗酸化物質もキープ)を実現。

過熱水蒸気については下記公式サイトを参考。

ヘルシオと過熱水蒸気オーブンレンジって何が違うの? | ウォーターオーブン ヘルシオ:シャープ

設置スペースを確保しよう。サイズと重量をチェック。

まず考えなくてはいけないのが容量。一応の目安は下記の通りらしい。

  • 20L・・・・・ひとり暮らし
  • 20~25L・・・2人家族
  • 26~29L・・・3~4人家族
  • 30L以上・・・4人以上の家族

価格.com – 電子レンジ・オーブンレンジの選び方を参考。

個人的には「人数で分けるのは大雑把すぎるんじゃないかな?」と思う。オーブンレンジをよく使うかどうかで変わってくるんじゃないのかな?大は小を兼ねる。大きい方がいいに決まってる。

だが設置予定スペースに置けるのか?置けないのか?それが問題だ。

「ヘルシオ」の今年のラインナップは「30L 2段調理」が2種類。「26L 1段調理」が1種類。「18L 1段調理」が1種類。

コレだけ見ると「18L 1段調理」がコンパクトなのかなと思う。そこに盲点がある。

置き方には「左右・後ろピッタリ置き」と「後ろピッタリ置き」がある。そして「左右・後ろピッタリ置き」は上位機種のみ。

下位機種は左右合わせて9~10cm以上のスペースを要する。

横幅は全て49cmなので「18L 1段調理」だけが59cmのスペースが必要となる。「30L 2段調理」の下位機種は58cm。

奥行きは「18L 1段調理」が1番短い。40cm。ハンドル入れて45cm。他の機種はハンドル入れて50cm弱。

上方は10cm以上開ける必要がある。予定設置スペースの上に棚板がある場合は注意が必要。

さらに重要なのは重量だと思う。レンジ台の荷重もチェックしなくてはならない。

  • 「AX-CA600(18L 1段調理)」は約17キロ。
  • 「AX-XJ600(30L 2段調理)」は約20キロ。
  • 「AX-AW600(26L 1段調理)」は21キロ。
  • AX-XW600(30L 2段調理)」は約25キロ。

注目は「AX-XJ600(30L 2段調理)」。30L 2段調理なのに26L 1段調理の「AX-AW600(26L 1段調理)」より軽い。

置き場所は悩みのタネ。我が家はキッチンのレンジ台に置くコトができず、アース線を購入してダイニングに置いています。出来上がったらスグにテーブルに出せるので便利です~。

作る時持っていくか、出来上がったら持っていくかの違い。手間は同じだと思う。

まかせて調理

「ヘルシオ」の看板機能。

「まかせて調理」とは火加減も調理時間も「ヘルシオ」におまかせできちゃう機能。常温、冷蔵、冷凍の食材をかまうコトなく一緒に調理できるというスグレモノ。

好みの材料を角皿にのせてアトは「ヘルシオ」におまかせ。「揚げる」、「焼く」、「炒める」、「蒸す」の4つの調理方法を選べる。

付いてない機種もあるので、注意が必要。

製品ラインナップ(2019年新発売)

2019年度新発売の「ヘルシオ」の最新機種は4種類。

  1. AX-XW600(30L 2段調理)
  2. AX-AW600(26L 1段調理)
  3. AX-XJ600(30L 2段調理)
  4. AX-CA600(18L 1段調理)

2018年は「AX-XW500(30L 2段調理)」の下位機種として「AX-XS500(30L 2段調理)」、「AX-AW500(26L 1段調理)」の下位機種として「AX-AS500(26L 1段調理)」を発売。

2019年は「AX-XW600(30L 2段調理)」の下位機種として「AX-XJ600(30L 2段調理)」。「AX-AW600(26L 1段調理)」の下位機種は発売されてない。

「ヘルシオ」初の「過熱水蒸気コントロール機能」を搭載してるのは「AX-XS500(30L 2段調理)」のみ。及び「AX-AS500(26L 1段調理)」が気になる方は2018年度版を要チェック。

AX-XW600(30L 2段調理)

最上位機種。「あぶり豊潤焼き・あぶり焼き」機能があるのはこの機種のみ。

幅490mm、高さ420mm、奥行430(490)mm。奥行490mmはハンドルを含んだ数値。扉を開けると735mm。

左右・後ろピッタリ置き。天面より10cm以上あける。

約25kg。

オーブン・グリル・スチーム・レンジ機能

  • オーブンの最高温度は300度。300度の運転時間は約10分。その後、自動的に250度に。
  • 2段熱風コンベクション
  • 64眼赤外線ムーブ・絶対湿度・温度センサー搭載
  • 発酵温度は30・35・40・45度
  • 蒸し物(100度)/ソフト蒸し(65~95度)
  • レンジ出力は1000W(運転時間は最大3分)・600W・500W・200W相当

64眼赤外線ムーブセンサーとはエリア別見極めができる赤外線センサー。

主な調理機能など

  • 「まかせて調理」
  • 「あぶり豊潤焼き・あぶり焼き」機能(AX-XW600だけの機能
  • 「8~10分100メニュー」(AX-XW600だけの機能
  • 「レンジで1品」メニュー(新機能)
  • 「低温調理・低温蒸し野菜」(新機能)
  • 「好みの温度あたため」
  • 「2品同時あたため」
  • 「サックリ解凍」
  • 「スポットスチーム」(少量蒸しあたため)

「あぶり豊潤焼き」とは高温と低温を絶妙に組み合わせた調理方法。高火力の過熱水蒸気一気に表面を焼いて旨みを閉じ込める。その後低温でじっくり加熱。ローストポークなど。

「あぶり焼き」は高火力の過熱水蒸気を直接噴射。カツオのたたきなど。

新機能「レンジで1品」メニューでは面倒な分量設定が不要。1~4人分まで自動で煮物やパスタメニューが作れる。ボウルにポキッと折ったスパゲッティや具材を入れてチンするだけでパスタができちゃうらしいですよ~。

新機能「低温調理・低温蒸し野菜」はたっぷりの水蒸気で食材に適した温度(70~90度)で加熱。食感を残した野菜、ハムなど自動でできちゃいます。

「ソフト蒸し」もありますが、コチラは手動調理。よりカンタンな自動メニューができてウレシイですね~。

「まかせて調理」では下段で惣菜を温めるなど2段同時調理も可能。

「好みの温度あたため」では-10℃、20℃~90℃まで、5℃単位で仕上がり温度を調節。

解凍には「全解凍」と「サックリ解凍」。「サックリ解凍」分量と温度を見分けてほどよく解凍する。

使いやすさ

  • 音声操作・音声対話機能付き。
  • 除菌機能(食器コース・キッチン用品コース)
  • 表示部は大型タッチパネルカラー液晶。
  • クックブックメニュー数/自動メニュー数は378/382。

付属品

  • ワイド角皿(409×300mm)2枚
  • 調理網はハーフサイズのが2枚。フッ素加工で使いやすい。
  • クックブック
  • 取扱説明書

AX-AW600(26L 1段調理)

上位機種。

幅490mm、高さ385mm、奥行435(495)mm。奥行495mmはハンドルを含んだ数値。扉を開けると705mm。

左右・後ろピッタリ置き。天面より10cm以上あける。

約21kg。

オーブン・グリル・スチーム・レンジ機能

  • オーブン温度は100~250度
  • 64眼赤外線ムーブ・絶対湿度・温度センサー搭載。
  • 発酵温度は35・40・45度
  • 蒸し物(100度)/ソフト蒸し(65~95度)
  • レンジ出力は1000W(運転時間は最大3分)・600W・500W・200W相当

主な調理機能など

  • 「まかせて調理」
  • 「レンジで1品」メニュー(新機能)
  • 「低温調理・低温蒸し野菜」(新機能)
  • 「好みの温度あたため」
  • 「2品同時あたため」
  • 「サックリ解凍」
  • 「スポットスチーム」(少量蒸しあたため)

使いやすさ

  • 音声操作・音声対話機能付き
  • 除菌機能(食器コース・キッチン用品コース)
  • 表示部は大型タッチパネルカラー液晶
  • クックブックメニュー数/自動メニュー数は207/202

付属品

  • ワイド角皿(409×300mm)1枚
  • 調理網は角皿サイズが1枚
  • クックブック
  • 取扱説明書

AX-XJ600(30L 2段調理)

幅490mm、高さ400mm、奥行435(495)mm。奥行495mmはハンドルを含んだ数値。扉を開けると725mm。

後ろピッタリ置き。左7cm以上、右2cm以上、天面より10cm以上あける。

約20kg。

オーブン・グリル・スチーム・レンジ機能

  • オーブン温度は100~250度
  • 2段熱風コンベクション
  • 赤外線・絶対湿度・温度センサー搭載
  • スチーム発酵(35・40・45℃)・発酵(30℃)
  • スチーム+レンジ(あたためのみ)
  • レンジ出力は1000W(運転時間は最大3分)・600W・500W・200W相当

主な調理機能など

  • 新機能「おくだけグリル」
  • 新機能「レンジで1品」メニュー
  • 「サックリ解凍」
  • 「好みの温度あたため」

使いやすさ

  • 大型ホワイトバックライト液晶
  • クックブックメニュー数/自動メニュー数は91/86

付属品

  • ワイド角皿(420×290mm)1枚
  • 調理網は角皿サイズが1枚
  • メニュー集
  • 取扱説明書

「おくだけグリル」は好みの食材を組み合わせて角皿の上に置くだけ。カンタンにグリル調理ができる。

火加減も加熱時間も「ヘルシオ」におまかせ。ただし「まかせて調理」のように分量や食材の保存温度の違いの見極めはできない。

この機種だけ「自動トースト」がない。手動で焼く必要がある。「蒸し物」もない。代わりに「スチーム+レンジ(あたためのみ)」。

2段調理で軽量の機種を探してる人にオススメ。ただしスペックは低め。

 

AX-CA600(18L 1段調理)

幅490mm、高さ345mm、奥行400(450)mm。奥行450mmはハンドルを含んだ数値。扉を開けると645mm。

後ろピッタリ置き。左右5cm以上、天面より10cm以上あける。左片寄せ:左2cm/右8cm以上、右片寄せ:左8cm/右2cm以上も可能。

約17kg。

オーブン・グリル・スチーム・レンジ機能

  • オーブン温度は100~250度
  • 絶対湿度・温度センサー搭載
  • スチーム発酵(35・40・45℃)
  • 蒸し物(100・90℃)
  • レンジ出力は1000W(運転時間は最大3分)・600W・500W・200W相当

主な調理機能など

  • 新機能「レンジで1品」メニュー
  • 「カンタン焼き・蒸し」
  • 「全解凍(レンジ+スチーム加熱)」のみ。「サックリ解凍」なし。
  • 「冷凍食品あたため」のみ。「好みの温度あたため」なし。

使いやすさ

  • ホワイトバックライト液晶
  • クックブックメニュー数/自動メニュー数は44(60)/44(20)

()内はダウンロードして追加で見れるメニュー数

付属品

  • 角皿(313mm × 313mm)1枚
  • 調理網は角皿サイズが1枚
  • 取扱説明書(メニュー集)

奥行き40cm。コンパクト設計。

他の機種のカラーはレッド系とホワイト系。AX-CA600(18L 1段調理)だけがホワイト系のみ。

2019年発売の機種と2018年発売の機種の違いは?

AX-XW600(2019年発売) と AX-XW500(2018年発売)の違い

主な違いは下記の通り。

  • AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」の進化で、食材と手段に応じたおすすめ調理方法をアドバイス
  • たっぷりの蒸気で、野菜の触感を残して調理する「低温蒸し青野菜」機能
  • 「あぶり豊潤焼き」に新メニュー追加
  • 「レンジで1品」機能による時短調理
  • 外観及び画面デザインの変更

AX-XW600(2019年発売) と AX-XW500(2018年発売)の違いは何ですか? Q&A情報(文書番号:180452):シャープ

他にも違いがあります。

  • 「ソフト蒸し」の温度が70~95度から65~95度に変更。
  • クックブックメニュー数(自動メニュー数)が466(431)から378(382)へ変更。
  • 付属品からミトンが消えた。

AX-AW600(2019年発売) と AX-AW500(2018年発売)の違い

主な違いは下記の通り。

  • AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」の進化で、食材と手段に応じたおすすめ調理方法をアドバイス
  • たっぷりの蒸気で、野菜の触感を残して調理する「低温蒸し青野菜」機能
  • 「レンジで1品」機能による時短調理
  • 外観及び画面デザインの変更

AX-AW600(2019年発売) と AX-AW500(2018年発売)の違いは何ですか? Q&A情報(文書番号:180453):シャープ

他にも違いがあります。

  • 「ソフト蒸し」の温度が70~95度から65~95度に変更。
  • クックブックメニュー数(自動メニュー数)が264(227)から207(202)へ変更。
  • 付属品からミトンが消えた。ハーフ調理網2枚が角皿サイズの調理網1枚に変更。フッ素加工の記載も消えた。

製品ラインナップ(2018年発売)

2018年度発売。「ヘルシオ」の機種は5種類。

  1. AX-XW500(30L 2段調理)
  2. AX-AW500(26L 1段調理)
  3. AX-XS500(30L 2段調理)
  4. AX-AS500(26L 1段調理)
  5. AX-CA450(18L 1段調理)

AX-XW500(30L 2段調理)

最上位機種。「こだわり火加減メニュー(あぶり豊潤焼きメニューを含む)」と「スピード焼き・蒸し100メニュー」があるのはこの機種のみ。

まかせて調理では下段で同時加熱(惣菜あたため・炒飯)。2品同時あたため。スポットスチーム(少量蒸しあたため)。

最高温度が300度。300度の運転時間は約10分。その後、自動的に250度に。熱風コンベクション。

64眼赤外線ムーブ・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部は大型タッチパネルカラー液晶。音声操作・音声対話機能付き。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は466(431)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)2枚。調理網はハーブサイズのが2枚。フッ素加工で使いやすい。熱くなった角皿を持つためのミトン付き。

AX-AW500(26L 1段調理)

上位機種。

2品同時あたため。スポットスチーム(少量蒸しあたため)。オーブン温度は100~250度。

64眼赤外線ムーブ・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部は大型タッチパネルカラー液晶。音声操作・音声対話機能付き。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は264(227)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)1枚。調理網はハーブサイズのが2枚。フッ素加工で使いやすい。ミトン付き。

AX-XS500(30L 2段調理)

「ヘルシオ」で初めての「過熱水蒸気コントロール機能」搭載。

過熱水蒸気量を手動で0~3段階まで調節。調理の途中でも操作可能。「0」は過熱水蒸気加熱の途中で過熱水蒸気をやめたい時に使用。

まかせて調理では下段で同時加熱(惣菜あたため)。

最高温度が300度。240度・250度・300度の運転時間は約5分。その後、自動的に230度に。熱風コンベクション。

赤外線・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部は大型ホワイトバックライト液晶。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は175(87)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)2枚。調理網は角皿サイズが1枚。ミトンなし。

AX-AS500(26L 1段調理)

オーブン温度は100~250度。

赤外線・絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部はホワイトバックライト液晶(でか文字)クックブックメニュー数(自動メニュー数)は182(144)。

付属品はワイド角皿(409×300mm)1枚。調理網は角皿サイズが1枚。ミトンなし。

AX-CA450(18L 1段調理)

容量が小さいだけでなくスペックも低い。

他の機種にはあるレンジ機能の「好みの温度あたため」やスチーム機能の「ソフト蒸し(70~95度)」がない。

「まかせて調理」もなく代わりに「カンタン焼き・蒸し」がある。違いは下記の通り。

「まかせて調理」は、食材の温度や分量によって加熱方式や時間を自動で調整し、更に「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つの加熱から選択できます。

一方、「カンタン焼き・蒸し」は、食材の温度や分量を見分けることができないので、ある程度決められた材料や分量で、ほぼ固定のタイムで調理します。また、「焼き」と「蒸し」の2つの加熱からしか選択できません。冷凍ものもできません。

オーブン温度は100~250度。

レンジでの解凍は全解凍のみ。他の機種にはあるサックリ解凍がない。違いは下記の通り。

サックリ解凍は、包丁がやっと入る状態まで解凍します。
使う分だけ切り分けて、残りを再冷凍するときやさしみとして用いるときの解凍にお使いください。

全解凍は、すぐに調理できる状態に解凍します。
ハンバーグやすき焼き、焼き魚などをするときの解凍にお使いください。

サックリ解凍と全解凍の違いは? Q&A情報(文書番号:139959):シャープ

絶対湿度・温度センサー搭載。

表示部はホワイトバックライト液晶。クックブックメニュー数(自動メニュー数)は160(115)。

他の機種にはある除菌機能(食器コース・キッチン用品コース)なし。

付属品は角皿(313×313mm)1枚。この機種だけ角皿が小さめ。他の機種は角皿のサイズは同じ。調理網は角皿サイズが1枚。ミトンなし。

情報は公式パンフレットを参考。詳細な違いは公式サイトの表で確認お願いします。

製品ラインアップ(2018年度モデル) | ウォーターオーブン ヘルシオ:シャープ

2段調理と1段調理。どちらを選ぶ?

迷うトコです。大きさが違いますが、個人的にはさほどでもないようにも思えます。

横幅は同じ。奥行きもほぼ同じぐらい。高さは2段調理の方が3.5cm高いです。重さは1段調理が21キロ、2段調理が25キロ。

レンジ台の荷重は5キロ単位が多いので、どちらも荷重25キロ以上必要。ただギリギリはコワイので2段調理は30キロ以上あった方がいいと思う。

AX-XW600(30L 2段調理)とAX-AW600(26L 1段調理)の主な違い

  • オーブンの最高温度300度(AX-AW600(26L 1段調理)は250度)
  • 2段熱風コンベクション
  • 発酵温度に30度がある(AX-AW600(26L 1段調理)の発酵温度は35・40・45度)
  • 「あぶり豊潤焼き・あぶり焼き」機能
  • 8~10分100メニュー
  • 「まかせて調理」では下段で同時加熱(惣菜あたため・炒飯)可能
  • 調理網はフッ素加工のハーフサイズが2枚。(AX-AW600(26L 1段調理)はトレーサイズが1枚(フッ素加工なし)
  • クックブックメニュー数(自動メニュー数)378(382)。(AX-AW600(26L 1段調理)は207(202)。

オーブンの最高温度とか発酵温度は料理の得意な人でないと必要ないような気もする。私は未だに使ってない。ってかほぼ自動調理やメニューにある調理しか作ってない。

我が家の機種には「あぶり豊潤焼き・あぶり焼き」機能がない。この間、焼豚を作ったが美味しかったので、「なかったらなかったでもまぁ・・・」という感じ?

「8~10分100メニュー」は我が家の機種では「スピード100メニュー」という名前なんだが、多分機能は同じだと思う。2コしか作ってない。

調理網は2枚と言わず、4枚ぐらいほしい。

「ヘルシオ」を購入して約9ヶ月。料理が得意でないと自動調理やメニューに頼るコトになると思う。だが何百とあるメニューのウチ作ったコトあるのは数えるほど。ココでもまた「なかったらなかったでもまぁ・・・」という感じ?

実際に2段調理したのは少ない。多分たったの2回。

惣菜あたため。上段でサックリあたためで下段でしっとりあたため。

もうひとつは上段でオカズを焼いて下段でゴハンを炊いたと思う。下段でゴハンを炊くためには深さが浅めの容器が必要。ウチのボウルじゃ1カップしか炊けなかったので、しなくなったんだと思う。

今は大きめのボウルで多めに炊いて小分けにして冷凍している。ってか1段調理のオーブンとの高さの違いが3.5cmって・・・2段調理にした時の1段の高さが低すぎると思う。

私にとって1番重要だったのが熱風コンベクション。

テレビで紹介されたパン屋さんも熱風コンベクションオーブン使用。熱風で風を送りながら表面を乾燥させながら焼く。表面はサクッ、中はジューシーだそうです。

「ホームベーカリーでしかパンを焼いたコトない私が何言ってんだ?」って感じですが、外国の料理研究家も使っててアコガレだったんですよ~。

やろうやろうと意気込んでたハズなのに、あんまり作ってないコトにガクゼン。同じモノばっか作ってた~。

なかったらなかったで1段調理でもいいと思う。だって「ヘルシオ」の1番の長所はウォーターオーブン。減塩、減油、低酸素調理で栄養素キープ。ココは1段調理でも2段調理でも同じですからね。

ただ「8~10分100メニュー」や「あぶり豊潤焼き・あぶり焼き」機能があるとテンション上がるのも確か。夢が広がっちゃう。

予算に余裕があるなら、2段調理がオススメです。

まとめ

「ヘルシオ」はタイトル通り、ヘルシーさが魅力。

特に上位機種は魅力的な機能が満載。目移りしちゃう。でもオーブンレンジは大型のモノが多いんです。

予算と設置スペースをにらみながらの厳しい検討になると思います。でも便利な機能はほしい。悩ましいです~。

おすすめはやはり「AX-XW600(30L 2段調理)」。熱風コンベクションの2段オーブンレンジ。高機能&音声操作・音声対話機能付き。

2段じゃなくていいなら「AX-AW600(26L 1段調理)」もリーズナブルでおすすめです(機能は多少劣ります)。

スポンサーリンク