アップルクランブルパン【ヤマザキ】の感想

11月 8, 2022

アップルクランブルパン【ヤマザキ】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

アップルクランブルパン【ヤマザキ】上

2022年11月発売。新商品。購入価格116円。パンのサイズは、約10cm×10cm。

世界各地のおいしさをイメージした「セカパン」シリーズ。イギリス発祥の焼き菓子「アップルクランブル」を、イメージ。

シナモン風味のリンゴと、ソボロを組み合わせたパン。粉糖をトッピング。

「セカパン」シリーズは、8種類。

  1. アップルクランブルパン(イギリス)
  2. スコーレブロー(ノルウェー)
  3. マッサマンカレーのパン(タイ)
  4. バター香るクイニーアマン(フランス)
  5. インジョルミパン(韓国)
  6. アメリカンチョコマフィン(アメリカ)
  7. スティックポンデケージョ(ブラジル)
  8. カルボナーラ風ロール(イタリア)

スコーレブロー【ヤマザキ】の感想

バター香るクイニーアマン【ヤマザキ】の感想

アメリカンチョコマフィン【ヤマザキ】の感想

食べてみた感想

アップルクランブルパン【ヤマザキ】断面

パンは、ふんわり柔らかい。ケーキっぽい生地。

表面は、ソボロをトッピング?・・・してますね。してますケド・・・溶け出しちゃったみたいな感じ。薄いケーキ生地で覆ってるような感じになっちゃってます~。

中に入ってるのは・・・リンゴジャム?

甘酸っぱいが、ゼリーっぽく、アッサリとした味・・・つまり、リンゴ感が薄め。リンゴゼリーなのかもしれない。

ほんのり、シナモンが香る。シャキシャキ。トコロドコロ、リンゴも入っている。柔らかく甘い。

・・・あ、ゴメン。原材料見ると、リンゴジャムでした~。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。3.5点以上は至福。4.0以上は天国。

注意事項:私はクリームファン。どんなに美味しくともクリームなしのパンに3.5以上をつけるコトはあまりない。

アップルクランブルパン【ヤマザキ】斜め

3.1点。

甘いですねぇ、リンゴジャムが。

リンゴも甘いんですが・・・リンゴの甘さやら、リンゴジャムの甘さやら、よくワカラナイ。カンペキ、リンゴとリンゴジャムが、一体化しちゃってます~。同じ味。

パンが、意外と多くって・・・存在感デカし。

リンゴジャムの濃い甘みで、でっかいパンをガガガーッと、かっこむ感じ。まるで、日の丸弁当か、ゴハンに明太子を乗っけて、食べるようなイメージ。

おいしいですよねぇ・・・ゴハンのお供と、ゴハンって。このパンも、おいしいんです~。

おいしいんですが・・・「炭水化物」とか、「中性脂肪」とか、「太る」とか、いろんなワードが、アタマを埋め尽くし、ぐちゃぐちゃになって、得体の知れないキョーフへと変わってゆく。

・・・・最近、肉厚なパンを、平常心で食べられませ~ん。

少々、リンゴ味が、スッキリしてますが・・・甘酸っぱく、ガツンと来るリンゴジャム。溶けかかったソボロが、いい感じでコクを出しています~。

クグロフみたいな見た目も、オシャレ。サスガ、外国発祥のお菓子・・・と思ったら、本場のは、グラタンみたいな、素朴な見た目でした~。

イギリスの、おいしいアップルクランブルを、フランス菓子風に盛り付けた感じでしょーか?

熱量295キロカロリー、炭水化物50.7グラム。やはり、炭水化物、高かった~。

原材料

シナモン入りりんごジャム(国内製造)、小麦粉、糖類、マーガリン、卵、植物油脂、パン酵母、でん粉、食塩、ショートニング、デキストリン、脱脂粉乳、油脂加工品、卵粉/加工デンプン、糊料(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、乳化剤、膨脹剤、香料、酸味料、酢酸(Na)、イーストフード、リン酸Ca、甘味料(ステビア)、グリシン、乳酸Ca、V.C、カロテノイド色素、グリセリンエステル。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆・りんご。

栄養成分

熱量295キロカロリー、たんぱく質4.8g、脂質8.1g、炭水化物50.7g、食塩相当量0.5g。表示値は、目安。

スポンサーリンク