大地と緑の黒糖ロール(5)【ヤマザキ】の感想

大地と緑の黒糖ロール(5)【ヤマザキ】パッケージ写真

 

スポンサーリンク

商品説明

2019年2月発売。新商品。5個入り。購入価格108円。パンのサイズは約8.5cm×8.5cm。

黒糖入りロールパン。発酵種ルヴァン使用。国産小麦の小麦粉2%使用(小麦粉に占める割合)。

「大地と緑の」シリーズ。全5種類。

  1. 大地と緑のバターロール
  2. 大地と緑のレーズンバターロール
  3. 大地と緑の黒糖ロール
  4. 大地と緑の十二穀ロール
  5. 大地と緑のロールパン

大地と緑のバターロール(5)【ヤマザキ】

大地と緑のレーズンバターロール(5)【ヤマザキ】の感想

大地と緑の十二穀ロール(5)【ヤマザキ】

大地と緑の黒糖ロール(5)【ヤマザキ】上から見た図

大地と緑の黒糖ロール(5)【ヤマザキ】横から見た図

大地と緑の黒糖ロール(5)【ヤマザキ】中身はこんな感じ

食べてみた感想

まずは生食。

黒糖の独特な甘い香り。

ふんわり柔らかい。皮もしっとり。柔らかい。ギッシリとした生地。気泡が少々大きめ。「大地と緑のバターロール」などはきめ細やかな生地だったがコレは少しチガウ。

しっとり。粘り気がある。黒糖の風味。甘め。素朴な味。

トースト。

皮がサックリ。ふわふわ。柔らかさアップ。軽やか~。しっとりさもアップ。

黒糖の風味が優しくマイルド~。甘みもマイルド。生食では黒糖の風味が強く、いかにもの黒糖パン。素朴さが減りロールパンらしい味になって食べやすい。

「大地と緑の」シリーズは国産小麦使用。他のロールパンは小麦の香ばしい味がしたが・・・あまり感じられない。黒糖に負けてる~。

あれ?

「大地と緑のバターロール」と「大地と緑のレーズンバターロール」は国産小麦の割合は4%。「大地と緑の黒糖ロール」と「大地と緑の十二穀ロール」は2%。

コレぐらいで差がつくかどうかは不明。だが風味の強いパンの国産小麦の割合は減らしてるようだ。

「大地と緑の」シリーズでは「大地と緑のバターロール」が一番美味しいと思う。「大地と緑の十二穀ロール」は12種類もの穀物が入ってヘルシー。

「大地と緑のレーズンバターロール」と「大地と緑の黒糖ロール」は普通っぽい。だが、お値段のリーズナブルさはみな同じ。イロイロ試せる方が変化があって楽しい。

原材料

小麦粉(小麦(国産小麦2%))(国内製造)、三温糖、加工黒糖、黒糖ファットスプレッド、ぶどう糖、パン酵母、卵、食塩、食用精製加工油脂、植物油脂、水あめ、発酵種、粉あめ、植物性たん白/カラメル色素、乳化剤、香料、イーストフード、V.C。

アレルギー物質

乳成分・卵・小麦・大豆。

栄養成分表示(1個当り)

熱量102キロカロリー、たんぱく質2.8g、脂質1.8g、炭水化物18.7g、食塩相当量0.2g。表示値は目安。

スポンサーリンク