ミカドコーヒー 軽井沢 モカプリン【北海道乳業】の感想

ミカドコーヒー 軽井沢 モカプリン【北海道乳業】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

2019年5月27日発売。90g。メーカー希望小売価格151円。

【ミカドコーヒー】監修。タイアップ企画は今年で14年め。リニューアル新発売。

・・・初めて見た~。どこに隠れてたんだ~?まいいや。発売期間は3ヶ月(取り扱い店舗により発売期間は異なる)。

北海道の生乳とコーヒーを贅沢に使用したプリン。オリジナルの焙煎とブレンドで仕上げたコーヒー豆のエキスを使用。

【ミカドコーヒー】とは昭和23年創業の老舗珈琲店。軽井沢、東京などに店舗がある。

食べてみた感想

ミカドコーヒー 軽井沢 モカプリン【北海道乳業】中身の様子

とろっとろ~。なめらか。クリーミィ。一瞬の口溶け。

酸味がありコクのあるコーヒーの味が舌に染み渡る。ミルキーさもハッキリと感じられる。

ほろ苦い・・・のか?

いや。苦みはあまり感じられないような。深~い。奥深いコーヒーの風味が苦くない第2のほろ苦みと混じり合う。濃厚だがスッキリとした味。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.5点。

むむむ~。うなってしまう。

ひとくちでココロを奪われる。いや、舌を奪われる。酸味とコクに程よい甘みのあるコーヒーは昭和の喫茶店を思わせる。こだわりのマスターが丁寧に淹れてくれたコーヒー。

とても本格的。サスガ老舗。

コーヒーと甘みのバランスがとてもいい。ミルクの美味しさも感じられる。とても贅沢なカフェオレのようなスイーツ。

すっごく美味しい!!!14年続いた理由もナットク~!!!

エネルギー85キロカロリー、炭水化物11.5g。ともに低め。

原材料

生乳(北海道産)、砂糖、乳製品、コーヒーエキス、乳糖、インスタントコーヒー、寒天、ゼラチン、植物油脂、デキストリン/香料、pH調整剤、乳化剤。

アレルギー物質

乳・ゼラチン。

大豆を含む製品と同一ラインで製造。

栄養成分表示

エネルギー85キロカロリー、たんぱく質3.0g、脂質3.0g、炭水化物11.5g、食塩相当量0.16g。

使用原材料の栄養成分値より算出。

スポンサーリンク