キャラメルとバナナのバウムクーヘン【ローソン】の感想

キャラメルとバナナのバウムクーヘン【ローソン】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

キャラメルとバナナのバウムクーヘン【ローソン】上から見た図

2019年4月23日発売。新商品。160円。大きさは約8.5cm×8.5cm。

賞味期限は2019年5月30日(4月23日購入)。

キャラメルとバナナの2層のバウムクーヘン。

原材料

卵、砂糖、小麦粉、マーガリン、ショートニング、水飴、乳等を主要原料とする食品、油脂加工食品、はちみつ、キャラメルソース、キャラメル風味パウダー、バナナピューレ加工品(バナナピューレ、果糖ぶどう糖液糖)/加工澱粉、乳化剤、膨張剤、香料、着色料(カロチノイド、カラメル、)、酒精、酸味料、増粘剤(キサンタンガム)、pH調整剤。

アレルギー物質

卵・小麦・乳成分・大豆・バナナ。

栄養成分表示

熱量226キロカロリー、たんぱく質3.8g、脂質11.6g、炭水化物26.7g、食塩相当量0.22g。

食べてみた感想

キャラメルとバナナのバウムクーヘン【ローソン】横から見た図

袋を開けた途端、キャラメルの甘い香り~。シアワセを運んできたよ~。

ふわふわ~。やわらか~い。と思ったらキャラメルパートだけだった~。

キャラメル風味のバウムは1枚1枚の層が厚め。ふわふわのケーキっぽい食感。イマドキのバウムクーヘンっぽい。バウムクーヘンらしい層は感じられない。

香ばしい。ほのかなほろ苦み。甘い。

バナナのバウムクーヘンはキャラメルに比べると少々固め。薄い層がギッシリと連なる。層の食感を楽しめる正統派バウムクーヘン。

バナナのフルーティーな風味。ただしやはり甘め。

しっとり感は少なめ。バウムクーヘンとしては普通。

評価

5段階評価。「普通」の場合は2.5点。

3.2点。

甘すぎ~。キャラメルとバナナ。大人気フレーバーのマリアージュ。だが甘甘コンビのダブル大甘っぷりは少々キツイ。

ふわりとしたキャラメルバウムに歯が当り、遅れてバナナバウムに到達。バナナの遅れ、時間差がモッチリ感を生み出す。オモシロい食感だと思う。

層の厚みで変化をもたらす2層の食感。一緒にくちに入れると味だけでなく食感もダブルで楽しめる。計算されたスイーツ。キャラメルもバナナも風味は濃いめ。美味しい。甘さだけが少々しんどい。

熱量226キロカロリー、炭水化物26.7g。ともに低め。小腹スイーツにはピッタリ。

やっぱりバウムクーヘンって高いなぁ。味だけで比較すれば「ブランの焼ドーナツ」より高いのは納得できない。手間のかかるスイーツだから仕方ないのかな?

スポンサーリンク