コープあらびき牛肉を使ったハンバーグホワイトオニオンソースの感想

個人的にコープの誇りと信じて疑わないコープのおにくのIPPINシリーズ。残念ながらコープこうべの商品ではなく日本生協連の商品。全国で売ってるよ~。

種類豊富なシリーズですが我が家の購入としては肉団子、ビーフシチューに続く第3弾。楽しみだぁ~。肉団子、ビーフシチューの記事はコチラ。

黒酢ソースの大粒中華風肉だんご【コープ】の感想

やわらか牛肉と国産野菜のまろやかビーフシチュー【コープ】の感想

ハンバーグは3種類。他にデミグラスソースと和風オニオンソース。

コープあらびき牛肉を使ったハンバーグホワイトオニオンソース

321円。145g入り。1袋当り381キロカロリー。

袋のまま電子レンジ調理。袋を開封せず500wなら2分50秒加熱。

ボイル調理もオッケー。沸騰したお湯に袋のまま入れる。フタをせず7分加熱。

コープあらびき牛肉を使ったハンバーグホワイトオニオンソース完成

・・・・・・。ソ、ソースが・・・。コレでいいのか?見た目が微妙ッス。

エ?えぇぇぇぇぇ?

めっちゃくちゃ美味しいぃぃぃぃぃぃい!!!

なんだコレ?なんなんだぁコノ美味しさはぁ!!

まず牛肉の旨みに驚く。牛肉のあらびきの一粒一粒と玉ねぎの具材感をハッキリと感じる。

ふっくら柔らかい焼き上がり。旨みたっぷりの肉汁が口の中で溢れ出す~。テレビでよくあるお皿の上じゃないよ~。口の中でだよ~。最高だぁ~。

2層包み製法。肉ダネを2層にして中心部の肉を外側の肉が包み込むように成形。包餡製法ともいうらしい。外側の肉ががんばって肉汁の旨みを内側に閉じ込めた~。

あまりの手作り感。今まさにシェフが手でこねて焼いてくれたようなフレッシュ感。だってだって焦げ目が香ばしいんだよ~~。ソースと一緒に温めるタイプでこんなのスゴすぎ。

フォンドボー、トマトペースト、ポークエキス、チキンエキス、キャロットエキス、オニオンエキスなど調味料も多彩すぎる。ものすごく複雑で味わい深い。

複雑な味が牛肉の旨みを引き立てる。ひと口ひと口肉の旨みを味わわずにはいられない。美味しさと切なさと夢見心地を心ゆくまで楽しむ~。

ソースはタルタル風ソース。玉ねぎのシャキシャキ。レモンの酸味が効いてる。クリーミィでとっても美味しい。だがコレは賛否両論かもしれない。普通にデミグラスソースやケチャップで食べたい人もいるだろう。

女性はホワイトオニオンソースゼッタイ好きだと思う。ただ見た目が少しアレなんで人様に出す場合はデミグラスソースがいいかもしれない。

自作でもこんな美味しいハンバーグ作れないよ~。もう本当にマジでこのおにくのIPPIN肉屋さんのお惣菜シリーズには驚かされっぱなし。

お値段高いがここまでの味を出してくれたら納得するしかない。

メーカーのハンバーグ、日本ハムの極み焼や伊藤ハムの旨包に比べて小さめ。コープのはソース込みの重量。固形量がわからないのでメーカーとの比較は困難だが高めだと思う。

製造は滝沢ハム。関西在住なのでよくわからない。日本ハムや伊藤ハムと同じようなメーカーなんだろうか?それとも高級志向のメーカー?

日本ハムや伊藤ハムの方がスーパーの特価になりやすい。大きさや値段では負けてるが味では大勝利。完膚なきまでに叩きのめしてると言っても過言ではない。

スポンサーリンク