テレビで紹介!本格的なバウムクーヘン専門店【バウムウントバウム】の感想

9月 15, 2019

ベルク(プレーン)クリアパック 1段バウムウントバウム横から見た図

ベルク(チョコ)クリアパック 1段バウムウントバウム横から見た図

2018年7月オープン。ドイツの伝統を頑なに守るマイスターの作る本場のバウムクーヘン。そう聞けば駆けつけるしかない。

実はこの店、テレビで紹介されたばかり。行っても売り切れなんじゃないかという不安を胸に、とりあえず行ってみた~。

 

スポンサーリンク

店舗情報

【BAUM u. BAUM】はバウムクーヘンの真髄をイミし、後世へ継承されるコトへの希望を込めて名付けたそうだ。

ウントは英語のアンドか。バウムは木というイミ。木と木。木の年輪のように層をなすバウムクーヘンをイメージしたそうだ。年輪が増えるようにミライへつなぐというコトかな?

  • 兵庫県神戸市灘区友田町4-4-18 グランディアミ・アモーレ六甲道1F
  • TEL:078-803-8388
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:水曜日

JR六甲道駅の南、徒歩5分。阪神新在家駅の北、徒歩3分。

新在家駅を北へ。2号線沿い。西へ曲がると程なく着く。

焦げ茶の壁とガラス張りのドア。店内も同じ焦げ茶の壁に囲まれた高級感あふれる佇まい。焦げ茶のカラーはシックで上品。とろりと溶けてきそうなミルクチョコレート色。洋菓子屋さんにピッタリ。

バウムクーヘンの種類は2種類。プレーンとチョコ。サイズは1段、2段、4段。カットバウムクーヘンの詰め合わせもある。

期間限定商品等もある。「プレミアム抹茶バウムクーヘン」、「バウムクーヘン(レモン)」、「バウムクーヘン(黒糖)」など。

クリスマス期間は限定でシュトーレンも出すそうだ。本場のシュトーレン。コレは見逃せない。

平日12時半ごろ訪問。ガラスケースのカットバウムクーヘンを見てしばし迷うがイミなし。予約商品で今は買えないそうだ。購入可能なのは1段のバウムクーヘン。チョコとプレーン。

TV番組で放送された直後。買えるだけでありがたい。色んな種類を購入したければオンラインストアから購入する方がいいかもしれない。ただし、テレビ放送後、注文が殺到。「お届けにお時間をいただく場合がございます」とのこと。

情報は公式サイトを参考。

バウムクーヘン専門店 Baum u. Baum KOBE(バウムウントバウム)

関西テレビ「よーいドン!」で紹介

2019年7月15日関西テレビ「よーいドン!」にて紹介。以前「本日のオススメ」コーナーでも紹介されたそうだ。今回はタレントさんの街歩きでの立ち寄り。

「あそこ行きはった?」地元の人に勧められての来訪。地元民にとっては「六甲に来たら行ってアタリマエの店」のようだ。

シェフは【ユーハイム】出身。ユーハイム時代にドイツへ留学。ドイツの国家資格マイスターを取得。マイスターとは技術を継承し伝統を守る義務をも負う。

定年後、製菓学校の教員を経て、バウムクーヘン専門店をオープン。

ドイツのバウムクーヘンの定義に則って油脂はバターのみ、膨張剤は使わない。今流行ってるバウムクーヘンは膨張剤を使用したモノがほとんど。モチロン【ユーハイム】もバウムクーヘンの定義を厳格に守っている。

ベルク(プレーン)クリアパック 1段

バウムウントバウムベルク(プレーン)クリアパック 1段パッケージ

756円。表面には砂糖と水とラム酒のグラジュール。賞味期限2019年8月31日(2019年7月18日購入)。

原材料・・・卵、砂糖、バター、小麦粉、小麦粉澱粉、マジパン(アーモンド、転化糖)、水飴、ラム酒、香料。

ベルク(プレーン)クリアパック 1段バウムウントバウム上から見た図

バウムウントバウムベルク(プレーン)クリアパック 1段カット

・・・ユーハイム臭。ってかすげーユーハイム~。

ふわ~ッ。ユーハイムの風味が広がる~。すっごく懐かしい風味。アーモンドのほんのり香ばしい風味。アーモンドの風味がそう思わせるのかもしれない。

ふわふわ~。やわらか~い。ひとくちめ、水分は少なめに感じるが、くちの中でしっとりさが広がる感じ。

表面はジャリジャリ。ラム酒の風味が香る。ただしカナリ甘い。バウムクーヘン自体はアッサリとした味わいだが・・・私にはグラジュールが甘すぎ。

次の日。

ふわ~ッとした食感が減った~。なんか生地が落ち着いた感じ。

グラジュールも・・・まさか溶けてる?バッチリ密閉できるクリップでとめておいたんだけどな。ジャリジャリが減って生地に馴染んでるよ~。

その分(?)際立った砂糖感も減った。甘みも当日より落ち着いた感じ。

ベルク(チョコ)クリアパック 1段

ベルク(チョコ)クリアパック 1段バウムウントバウムパッケージ

756円。表面はプレーンと同じくグラジュール。チョコ風味。賞味期限2019年8月30日(2019年7月18日購入)。

原材料・・・卵、砂糖、バター、小麦粉、小麦粉澱粉、マジパン(アーモンド、転化糖)、カカオマス(乳成分、大豆を含む)、ココア、水飴、ラム酒、香料。

ベルク(チョコ)クリアパック 1段バウムウントバウム上から見た図

ベルク(チョコ)クリアパック 1段バウムウントバウムカット

ふわふわ。ねっとりとしたチョコレート風味。ほろ苦い。ガナッシュのような濃厚なカカオ感。

表面はジャリジャリ。焼きチョコ?少しとろりとチョコクリームっぽく感じる。

ラム酒風味。濃厚なチョコ風味とラム酒の相性がバツグン。ラム酒の風味が際立つ。洋酒の入ったチョコボンボンのような風味。

チョコのほろ苦さで砂糖の甘みは軽減。

次の日。

もともとバウムクーヘン自体ねっとり。グラジュールもとろり。甘みもチョコのおかげでさほどでもない。プレーンのような劇的な変化は感じられなかった~。

感想

マイスターの数だけバウムクーヘンの味がある・・・のかな?

風味は昔を思い出すような懐かしい味。ただし食感はふわふわ。今風。流行りの食感。膨張剤使ってないなんてシンジラレナイ。

本場のバウムクーヘンのイメージはズッシリ重量感のあるバウムクーヘン。なんて思い込んでましたよ~。意外。このバウムクーヘンはすっごく軽やか。ただふわふわしっとりは流行りなので人気なんだろうと思う。個人的には少々拍子抜け。

どちらも美味しいが、オススメはチョコ。濃厚なチョコ味もチョコグラジュールもたまらない~。

そして開けた当日はフレッシュな生バウムクーヘンのような味わい。次の日はしっとり落ち着いた味わい。どちらも美味しいが、封を開けたら早めに食べた方がいいと思う。

長年ドイツで修行したシェフが心をこめて焼く伝統的なバウムクーヘン。シンプルな材料で作られてるので安全安心。神戸・六甲道に本場の味を伝えるバウムクーヘン専門店が誕生~。

忘れてた~。ユーハイムのバウムクーヘンと言えばカット面が大きくなるそぎ切りが有名。

TV番組では2段のバウムクーヘンをまっすぐにカット。「断面がBみたいでしょ?」とシェフ。そぎ切りにキョーミはないようだ。2段のバウムクーヘンを買ったら「B」になるようにカットしてみよ~。

スポンサーリンク