ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】の感想

ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】パッケージ

 

スポンサーリンク

商品説明

140g。購入価格213円。

トマトと、ピリ辛チリパウダーのタコライスソース。

「ごちレピライス」とは、カンタンなライスメニュー。挽き肉と玉ねぎを炒めて、ルゥで煮るだけ。2種類。

  1. ごちレピライス(キーマカレー)
  2. ごちレピライス(タコライスソース)

作り方

準備する材料(4皿分)・・・牛豚挽き肉300g、玉ねぎ(みじん切り)300g、サラダ油大さじ1、水100ml、ごちレピライス(タコライスソース)1/2箱(70g)。

  1. 大きめのフライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める(中火~強火・目安4分)。
  2. 挽き肉を加えて、火が通るまで炒める(中火~強火・目安3分)。
  3. 水を投入。沸騰したら火を止める。
  4. ルゥを投入。溶かす。
  5. 再び火にかけ、かき混ぜながら加熱(中火・約2分)。
  6. ゴハンの上によそって、好みのトッピング。

食べてみた感想

トマトとレタスのタコライス

完成~。パッケージの写真を参考に、レタスの千切りと、トマトの角切りをトッピングしてみた~。

ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】完成図

おぉ、タコス~。トマト味。クミンの香り。

アトから、辛みが来る~。

程よくスパイシー。程よく辛い。子供には、ちょっと辛いだろーな。

ほんのりとしたコク。結構、シンプルな味。

トッピングは・・・イマイチ。ってか、トマトが冷たい。レタスも、なくていいかも。

フルーツ・タコライス

ゴールドキウイ・スライスを、1/4にカット。バナナスライスも、1/4にカット。それぞれをトッピング。

ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】トロピカル

トロピカル~。

タコライスの辛みと、ゴールドキウイの甘みや酸味が、合う~。トマトやレタスより、ず~っと、グッド。ただし、バランスが大事。

アト半分。1/8ぐらいの大きさの方が、よかったかも。カレーにトッピングするレーズンのような大きさ。その方が、程よいトロピカル。

ただし、人を選ぶ。家族は、顔をそむけながら、食べている。

ピザにパイナップルのトッピングが、「おいしい」と感じる人だけに、オススメ。

同じトロピカルフルーツでも、バナナは、イマイチ。スッキリとした酸味が重要なのかも。

タコスミート・パスタ

準備する材料(2人分)・・・パスタ160g(2人分)、トマト1コ(角切り)、タコライスソース2皿分。

  1. フライパンにタコライスソースを投入。
  2. タコライスソースをぐるりと周りに寄せて、真ん中を開ける。
  3. トマトを投入(タコライスソースは、油が多いので、油はナシ)。
  4. しばらく炒める。水分を飛ばすのは、時間がかかりすぎなので、テキトーなトコで、タコライスソースと混ぜ合わせる。
  5. ゆでたパスタを投入。混ぜ合わせる。

パスタは、フェットチーネを使用しました~。

ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】パスタ

ミートソースっぽ~い。ピリッと辛い、スパイシーなミートソース。

トマトと合う。トマトがとろ~っ。クミンの香りが、鼻に抜ける。

お肉の多い、ゼータクなミートソース。

チリチーズドッグ

準備する材料・・・ホットドッグ用ロールパン、長いソーセージ、ピザ用チーズ、タコライスソース適宜。

ロールパンは、「超熟」、ソーセージは、「アルトバイエルン・ロングタイプ」を、使用しました~。

ロールパンに、ソーセージ、タコライスソース、チーズを詰めて、トースト。

ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】チリチーズドッグ

パリッ。ソーセージが甘~い。タコライスソースはピリ辛。とろ~り。とろけるチーズ。

おいし~。やっぱり、チリチーズドッグは、おいし~。

【ローソン】の「グーードッグ タコスミート&チーズ」をイメージ。デモ、やっぱ、ドッグパンがチガウ~。

「超熟」には、申し訳ないが、ふわふわすぎる。ボリュームたっぷりの、食べごたえ肉肉フィリングを包むには、フニャフニャ。なんとも頼りなさすぎるのだ~。

【ローソン】のような、少しフランスパン要素が入った、パリッとしたパンを探していたが、見つからず。残念。

ナン・チリチーズドッグ

市販のナンに、ソーセージと、タコライスソースと、チーズをトッピングしてみました。

ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】ナンチリチーズ小ッグ

ドッグパンがなければ、ナンを食べればいいじゃない・・・というコトで、昔食べた【モス】の「ナンカレードッグ」をイメージ。

ロールパンより、たっぷり、乗っちゃう~。

倍、おいし~。ナンのモッチリも、おいし~。大成功~。コッチのが、オススメ。

タコス豆腐

準備する材料(2人分)・・・豆腐1丁(角切り)、タコライスソース2皿分、青ネギ適宜。

フライパンで、タコライスソースを温め、茹でて水切りした豆腐を投入。からめながら、ネギも投入。温まったら完成。

ごちレピライス(タコライスソース)【ハウス食品】タコス豆腐

ピリ辛ドーフ。

コレは、コレで、おいしい。だが、豆腐は、もっと小さくした方が、ソースが絡まったと思う。

生姜を炒めて入れようかと思ったが・・・「あんまり、麻婆豆腐に寄せてもなぁ」と思って、タコライスソースの味だけで作ってみた~。

やっぱり、「麻婆豆腐って、スッゴクおいしんだなぁ」って思った。生姜を入れて、寄せた方がよかったかも。

麻婆豆腐に飽きたら、タコス豆腐もいいかな? デモ、ちょっと飽きる味。小鉢程度の量にした方がいいと思う。

感想

もう、この特徴は、「カンタン」でしょ。

スッゴク、カンタン。玉ねぎと、挽き肉を炒めるだけ。煮込み時間は、あんまり、いらない。

しかも、メーカーも、たくさん作って、冷凍するコトを推奨。超便利。

家族が、突然「おナカすいた~」と騒いでも、慌てない。もうダイジョーブ。冷凍したタコライスソースを使えば、手間のかかるチリチーズドッグが、あっという間に、にできちゃう。

他に、玉ねぎと挽き肉を使った料理と言えば、【ハウス】の「ドリアミート」。デミグラス味で、カレーのような、かける系。

「タコライスソース」は、どちらかと言えば、肉味噌系。汁気が少ない。なので、スッゴク、使い勝手が、いいのだ~。

茹でたブロッコリー、カボチャ、ジャガイモなどにかけたり、ラザーニア、ドリアに使ったり。いくらでも、応用が広がってゆく。

しかも冷凍したヤツを使えば、さらにカンタン。忙しい人にも、ヒマな人にも、重宝すると思う。

味は、割とフツー。自分でも作れそうな味。プロっぽい深みとゆーか、そーゆーのは、あんまりない。

特に、タコライスは、シンプルすぎて、オススメできない。「ごちレピライス」というような、ゴチソウ感は、あんまり、感じられない。

トッピングも、メーカー推奨のトマトなどの、冷たい野菜はイマイチだと思う。カボチャやアスパラなんかのソテーを乗せた方がいいと思う。

ってか、ゴチソウにするなら、エビフライやソーセージなんかを、どど~んと乗せなきゃダメだと思う。

野菜だけだと、結構ショボくて、ツマラナイ。

パスタやパンの方が、合うと思う。やはり1番合うのは、「ナン・チリチーズドッグ」。コレだけのために、常備しとくのも、アリだと思う。

スポンサーリンク