市販食パンランキング ベスト5

10月 31, 2018

食パンを食べ始めて数十年。食パンにハマってます。このセリフ数十年前の私は想像もできないだろうな。

物心ついた頃から朝は食パン。理由は手抜きオンリー。「どこそこの食パンが~」なんて話題に登ったコトもない。

手近な食パンを何のギモンも持たずに食べ続けた人間がイロイロな食パンに出会う。奇跡の物語の始まり。世界はまだまだ不思議で満ち溢れてる。

スポンサーリンク

 

食パンを探す旅

最初に気づいたコト。スーパーのパン陳列棚は無限大ではない。たとえ新商品でもバイヤーがセレクトしたパンしか並ばない。

アタリマエ。ほぼ無限大と思われるメーカーのサイトでも新商品を全部紹介してない。ナゼなのかはなはだ不明。

つまりスーパーによって取り扱いの食パンがチガウ。ココからスーパーを巡る旅が始まった。

関東と関西の食パンの違い

地域が違えば味覚が違う。食パンもまた然り。

トーストして食べるコトが多い食パン。厚みによって食感が変わるので人それぞれ好みがある。その好みが関東と関西でチガウのだ。

テレビ番組などでよく言われるのが、関東は8枚切り、関西は5枚切りが主流というコト。半信半疑。関西の人間だが5枚切りなんて買ったコトない。中途半端な数じゃん。

諸説あり。

2014年の情報だが、「本仕込」【フジパン】の売上高は関西では5枚切りが45%、6枚切りが36%。関東では5枚切りが6%、6枚切りが58%。

「超熟」【Pasco】は関西は5枚切りが46%。関東は6枚切りが57%で5枚切りは10%。8枚切りは関東で23%。関西では2%。

に、2%?

近所のスーパーに8枚切りが売ってるのはキセキか?そのたった2%も売れ残ってる模様。見切りで半額になりやすい。バウルー用として有り難く購入。

【Pasco】と【フジパン】はともに「粉もん文化の関西はモッチリした食感の5枚切り。煎餅文化の関東はサックリした食感の6枚切りが人気。」と分析。

【神戸屋】の説明は少し異なる。「銀座木村屋のあんぱんから始まった関東は間食として普及したので薄切り。関西は食事として普及したので厚切り。」

都市別の食パン消費金額(総務省調べ)でも上位は神戸市、京都市、奈良市など関西勢が圧倒。主食として食べているというのもうなずける。

食パンの始まりは8枚切りだったそうだ。

「厚切りの方がトーストの美味しさが広がる。」と6枚切りに踏み切ったのが【神戸屋】。後に敷島製パンも1968年、6枚切り食パン「厚ぎり」を発売。全国的に6枚切りが主流になってゆく。

では関西で人気の5枚切りはどのようにして普及したのか?

定かではない。どのメーカーもハッキリとした答はもってないそうだ。だが【神戸屋】の推測はこうだ。

中小のベーカリーが多かった関西。食パンを客の好みに合わせてスライスして売っていたトコから誕生。

ナルホド。お店とお客の人情味溢れるお付き合いから生まれたのか~。いいハナシじゃ~。

関東はサクサク派、関西はふわふわモッチリ派。だがおかしいぞ。

最近知ったトコロによるとハードトーストは関西のモノらしい。

関西人はふわふわ食パン、ハードトースト・・・。なんでも好きじゃん。美味しいモノならなんでも好き。美味しいモノに貪欲なんだろうか?

広島の【タカキベーカリー】は毎月バラエティブレッドを新発売。それはもうオソロシイ勢い。とても名前を憶えられない。毎日違った食パンを食べたい関西人のワガママに全力で応えてるのかもしれない。

関東は伝統を重んじる一筋タイプで関西は新しモノ好きでバラエティに富んだ食事を好むのかな。

違ってたらごめんなさい。ただメーカーサイトで関東向けのパンを見るとヨダレを垂らすんです~。ナゼ関西では売れないと判断したんだろ?うらやまし~よーって。

数字を見るトコロ味覚の地域差は歴然。仕方ないッス。

情報は下記サイトより引用&抜粋。

食パン、関西なぜ厚切り?(謎解きクルーズ)  :日本経済新聞

バラエティブレッド

朝食を豊かに彩るバラエティブレッド。たまには気分を変えたいッ。失恋したら髪を切るなんて古い。食パンを変えよう!!

バラエティブレッドと言えば【タカキベーカリー】。数ではダントツ。他の追随を許さない。

ほうれん草、人参、かぼちゃなどヘルシー的にも魅力のあるラインナップ。

特長としては「自然」。シンプルに素材を組み合わせた感じ。余計なモノを入れず大地の息吹をそのまま伝える食パン。ヘルシーさもダントツ。

数あるバラエティブレッドの中でも私のイチオシは「阿蘇牛乳のミルクブレッド」。

現在ミルク風味のパンが流行中。でも私の中の元祖はコレ。ふわふわしっとり。ジューシーなミルクがジュワ~ッ。【タカキベーカリー】自慢のミニサイズ厚切り食パン。

対抗馬は【ヤマザキ】ゴールドシリーズの「チョコゴールド」。【タカキベーカリー】とは真逆のコンセプト。なりふり構わず美味しさを追求。美味しさのためなら躊躇なし。

食パンどころかバラエティブレッドと呼ぶのさえはばかられる。濃厚すぎるゴージャスなチョコ風味はほぼケーキ。

好みは分かれるだろう。上品で上質。素材を活かした味。毎日食べても飽きがこない。【タカキベーカリー】は本当に美味しい。

だが「チョコゴールド」の魅力には抗いがたい。私の1等賞は「チョコゴールド」!!

チョコゴールド【ヤマザキ】の感想

阿蘇牛乳のミルクブレッド【タカキベーカリー】の感想

デニッシュ食パン

普通の食パンと一緒に語ってはイケナイ食パン。美味しさの双璧のもう片方はデニッシュ食パン。

説明不要。マジでどれを食べても間違いのない美味しさ。

大きく分けると【ヤマザキ】、【タカキベーカリー】、【神戸屋】。

【ヤマザキ】はパッケージに「いつでもおいしく」と書かれたシリーズから数種類出てる。去年の春時点では関西限定とのコトだったが、コンビニでも似たようなのが買える。コンビニのデニッシュ食パンの製造はだいたい【ヤマザキ】だから。

【タカキベーカリー】は「スイートデニッシュブレッド」。【神戸屋】は「朝からさっくり食パン」。

【ヤマザキ】はふわふわ。ジュワ~ッと油脂たっぷり。頼りない程の柔らかさ。

【タカキベーカリー】は王道。しっかりとした層が重なる伝統的なデンマークのデニッシュ。中間に位置するのが【神戸屋】。

やはり好みは分かれるだろーが、断然【タカキベーカリー】を推す~。1等賞は「スイートデニッシュブレッド」でキマリ~。

関東で販売されてるのは「デニッシュブレッドスイート」。色がチガウ~。食べてみたい~。

スイートデニッシュブレッド【タカキベーカリー】の感想

朝からさっくり食パン【神戸屋】の感想

【ファミマ】と【ローソン】のデニッシュ食パンの食べ比べの感想

市販食パンベスト5

2018年10月更新したランキングを発表します。

1位 イギリスパン【タカキベーカリー】

イギリスパン【タカキベーカリー】パッケージ写真

食パン専門店が乱立する食パン戦国時代。巷にあふれる生クリーム系のふわふわ食パン。食パンはリッチへさらにリッチへと変貌を遂げる。

だがこの食パンを食べたら考えが変わるだろう。目からウロコ。本当に美味しい食パンとはこーゆー味だったと思い出させてくれる。原点回帰。

特別な材料は使用しないが厳選された材料を使用。街の焼き立てパン屋さんも真っ青。丁寧に焼き上げた職人技が光る逸品

王者【ヤマザキ】も食パンだけは譲るしかない。食パンの王者は【タカキベーカリー】。

【タカキベーカリー】には他にも美味しい食パンがいっぱい。

  • 石窯山型トースト・・・荒々しい小麦の迫力。サクサクで中はトロトロのキレのある食感。関東の人はコッチの方がお好みかもしれない。
  • 長時間発酵ブレッド・・厚切り。ふわふわ。特別な材料は使用してないのに風味の豊かさに驚かされる。
  • 朝の食パン・・・・・・シンプル。小麦の上品な味わいが楽しめる。【フジパン】の「本仕込」に似た味わい。

イギリスパン【タカキベーカリー】の感想

石窯山型トースト【タカキベーカリー】の感想

長時間発酵ブレッド【タカキベーカリー】の感想

朝の食パン【タカキベーカリー】の感想

2位 セブンプレミアムゴールド 金の食パン 厚切り2枚入【セブンイレブン】

セブンプレミアムゴールド 金の食パン 厚切り2枚入

生クリーム系のふわふわしっとり食パン。食パン専門店のようなリッチな味わいをややスッキリと食べやすくした食パン。

コンビニて手軽に買えるのがウレシイ。

セブンプレミアムゴールド 金の食パン 厚切り2枚入の感想

3位 ダブルソフトゴールド【ヤマザキ】

ヤマザキダブルソフトゴールド

誰もが認めるふわふわの元祖。ふわふわ好きを永遠に夢中にさせる逸品。バターのリッチなコクが特長。

【ヤマザキ】ダブルソフトゴールドの感想

4位 神戸ホテル食パン【神戸屋】

神戸屋神戸ホテル食パン

バターの風味豊かな食パン。ホテル食パンが苦手だった私のホテル食パンの概念を変えた逸品。

神戸ホテル食パン【神戸屋】の感想

5位 本仕込【フジパン】

フジパン本仕込

最後にようやく大手メーカーの普通の食パン登場。

メーカーを代表する食パンはドレもコレも美味しい。それぞれ特色を出していて順位をつけるのはムズかしい。

だが【フジパン】の「本仕込」だけはアタマひとつ抜けている。理由はズバリ小麦。

小麦の上品な味わいこそが美味しさの決め手。今回選ばなかった他メーカーの食パンのミニ説明も付け加えておく。

  • ロイヤルブレッドプレミアム【ヤマザキ】・シンプルだが豊かな風味。上質。
  • 超芳醇【ヤマザキ】・・・・・・・・・・・水分たっぷり。超しっとり食感。
  • 匠の逸品 もちふわ食パン【神戸屋】・・・・・・・・ふわふわ。【ヤマザキ】の「ダブルソフト」に似てる。
  • 超熟【Pasco】・・・・・・・・・・・・・シンプル・イズ・ベスト。

本仕込【フジパン】の感想

ロイヤルブレッドとプレミアム【ヤマザキ】の食べ比べと感想

超芳醇【ヤマザキ】の感想

匠の逸品 もちふわ食パン【神戸屋】の感想

超熟山型と超熟国産小麦【パスコ】の食べ比べと感想

スポンサーリンク